カテゴリ:勝沼地区・ワインツーリズム( 155 )

ワインツーリズムやまなし 2018・秋 「道案内」

ワインツーリズムやまなし2018・秋が11月17日(土) 甲州市(勝沼・塩山)・笛吹市(一宮)で開催されました。

甲州市勝沼町には、スカイブルーのワインホルダーを首から下げた沢山の参加者さんが歩いていました。秋晴れの穏やかな気候となり、美味しいワインと紅葉したぶどう畑を楽しんでいました。

c0229312_16170989.jpg
勝沼町の祝小学校前のJAで行われる「みち案内」。

ワイナリーやバス停の案内から、地元の細かい情報が集まります。
c0229312_16054988.jpg

地元の名物おじさん「秋山1号、2号さん」が毎年、ワインツーリズムに参加して下さった方をおもてなしします。

c0229312_16124483.jpg

地元勝沼の「ブロックワイン」の一升ワインを湯のみ&土瓶の急須に入れて振る舞っています。

この飲み方が、昔からの勝沼らしい飲み方だそうです。

c0229312_16140453.jpg


結婚式・法事・寄り合いには、「葡萄酒」が飲まれていたそうです。
山梨県の人には見慣れた「一升ワイン」ですが、都内のお客さんはとっても驚きます。

c0229312_16155886.jpg
さらに、焼き立ての石焼き芋を振る舞っていました。

「甲州ワインには、焼き芋がとっても合う!!
 チーズも良いけど、焼き芋と飲んでみて!!」



明日11月18日(日)は、 山梨市(牧丘・山梨市)・笛吹市(石和・御坂・八代)・甲府市・甲斐市韮崎市(穂坂、上ノ山)が開催されます。












by makipan-t | 2018-11-17 16:21 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

勝沼「ひっぱさる」 食の会

「ひっぱさる」と言う甲州弁を知っていますか?

「ご縁がある。遠縁にあたる」と意味だそうです。私は初めて聞きました。

c0229312_16360649.jpg
甲州市・勝沼町を中心として、食に関わる職業や興味がある方が集まり、この地域らしい料理や伝統食を持ち寄りました。この会を「ひっぱさる」とネーミングして、今後も情報交換をして行く事にしました。まだ具体的な活動は決まっていませんが、せっかくの文化を絶やさずに広げて行けたらと思います。

c0229312_16383359.jpg
*八幡芋のきぬかつぎ 甲州味噌のせ

食事会のスタートは秋らしい、1品。甘みのある甲州味噌とネットリした八幡芋がご馳走です。

c0229312_16401900.jpg
*菊芋のきんぴら
*食用菊「もってのほか」の甘酢
*柿・りんご・きゅうりのおろし甘酢和え
*ラタトゥイユ

c0229312_16413303.jpg
*椎茸ご飯と番茶

c0229312_16415849.jpg
*春菊の厚焼き玉子

たっぷり入った春菊の香りと味が、鮮烈!!茎の部分の歯ごたえが良いアクセントに。

c0229312_16430211.jpg
*大根とトマトの甘酢 パクチー添え

パクチーをお好みで乗せて食べると、全く違い味わいに。

c0229312_16435129.jpg
*自家栽培イチジクのコンポート

レンジで作ったとは思えない、ふっくら美味しい。

c0229312_16444036.jpg
*大根のやさい

ここの言葉で大根の煮物の事を「やさい」と呼ぶそうです。薄く切った大根と人参の水分だけで煮た、滋味深い味。

c0229312_16462433.jpg
*はやとうりとツナのサラダ
*はやとうりのパリパリ漬物

c0229312_16465647.jpg
*お稲荷さん

ふっくら・しっとりの油揚げが絶品!!上品なサイズも食べやすい。

c0229312_16474498.jpg
*お麩の肉じゃが


食べ切れない程の料理が並んだ、初開催となった「ひっぱさる」。
カフェを営んでいる方、和菓子屋さんの2代目、シニアワインソムリエ、ぶどう農家などなど、、勉強させて頂く事ばかりの、素晴らしい方々の集まりでした。東京から嫁に来た私にとっては、食文化や年中行事など知らない事を沢山教えて頂きました。

ありがとうございます。第二回目の開催が楽しみです。













by makipan-t | 2018-11-08 16:55 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

枯露柿 皮むき&干す

c0229312_17374795.jpg
先日収穫した甲州百目の皮むき・燻蒸・干す作業をしています。


c0229312_17390473.jpg
収穫した柿は、数日置いておきます。
置いておく事で、甘みが増し、皮もむきやすくなると言われています。

c0229312_17402298.jpg

軍手をはめて、黒い部分や皮が残らない様に丁寧にむきます。

c0229312_17423215.jpg
黒い部分や、皮が残ると完成した枯露柿にそのまま残ってしまい、綺麗な製品になりません。
この皮をむく作業は、重要です。

c0229312_17440218.jpg
むいた柿はコンテナに並べ、簡易ビニールハウスを作り、硫黄燻蒸します。

硫黄で燻す事、約30分。
殺菌と美しいオレンジ色にする為に行います。

c0229312_17454722.jpg
燻蒸した柿のヘタ部分に、紐をくくり付けます。
両端に2個付けますが、大きさを同じ柿をセットにしないと、干した時にバランスが悪くなってしまいます。

c0229312_17472921.jpg
日当たりと、風通りの良い場所に特設した干場に、等間隔に干していきます。
風が抜けて、乾燥しやすい様にバランスを取りながら並べます。

c0229312_17485833.jpg
この状態で約1ヶ月・・・
じっくり乾燥させて、甘みを増していきます。

c0229312_17495841.jpg
枯露柿が干してある風景は、とっても美しい・・・

山梨県甲州の秋の風物詩です。











by makipan-t | 2018-10-29 17:52 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

露枯柿の甲州百目 収穫作業

c0229312_17282227.jpg
枯露柿になる、渋柿「甲州百目」を甲州市塩山の畑に収穫に行きました。
とても大きな樹なので、脚立や高枝切狭を使いながらの収穫になります。これが、なかなか疲れます・・・。

c0229312_17291150.jpg
イチゴみたいな形をしている甲州百目は、1つ1つが大きくて400gぐらいあります。大きな柿は500g以上にもなり、高枝切狭で挟むと、ずっしり重みが。

百匁=約375グラムが名前の由来とか。


c0229312_17333165.jpg

渋柿ですが、熟した柿を収穫しないと枯露柿にした時の、柔らかい口当たりや甘みがでません。

でも、グズグズに過熟になってしまうと、干しても腐ってしまいます。


c0229312_17350477.jpg

干す時に紐をかける部分を残して、枝を短く切り落とします。
固いので、ニッパー必須の作業です。

c0229312_17361954.jpg

1つのコンテナに70~80個収穫します。
2人ではないと運べない重量になります。この後は、皮をむく作業になります。










by makipan-t | 2018-10-26 17:37 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

第65回 かつぬまぶどう祭り


c0229312_15003107.jpg
10月とは思えないほど暑い夏日になった2018年10月6日の、かつぬまぶどう祭り(←甲州市観光協会のHPへ)

今年も本当に沢山のお客さんが押し寄せてました。

c0229312_15042478.jpg
イベント村の舞台では、吉本興業の山梨住みます芸人の「ピッカリ高木といしいそうたろう」が司会進行をしていました。
勝沼中学校の吹奏楽部の素敵な音楽に、聞き惚れてしまいました。


c0229312_15085379.jpg
勝沼中学校の選抜メンバーによる「ソーラン節」

中3の娘も、居残り練習して頑張ってました。

c0229312_15084425.jpg
「勝沼ソーラン」はスタートして、まだ2年目。
これから進化&伝統なって行く事が楽しみです。

c0229312_15142354.jpg

法被の後ろ姿の「勝中魂」がカッコイイ!!

c0229312_15414563.jpg
夕方5時からは、勝沼中学の女子と1年男子による、地域の聖火隊が走ります。
聖火は大善寺で護摩法要によって分けてもらった火です。


c0229312_15404117.jpg

各地域を巡った聖火は、6時にぶどう祭りが行われる会場に集合します。

c0229312_15441661.jpg

お祭り会場で、中央の聖火台に点火したのち、勝沼中学校の2・3年生男子に聖火がリレーされます。

そこから柏尾山まで30分以上かけ走り、聖火を持って山に登り鳥居焼きに点火。


c0229312_15460511.jpg

ぶどう祭りは、夜19時に鳥居焼きに点火となりクライマックスを迎えます。












by makipan-t | 2018-10-06 15:16 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

平成30年・鳥居焼き 護摩木積み

c0229312_16140306.jpg


10月の第一土曜日に行われる「ぶどう祭り」で行われる、盆の送り火"鳥居焼き”。
古くから柏尾山の中腹に鳥居が設けられ、地元・勝沼中学の生徒が松明を持って山を登り点火します。

c0229312_16324666.jpg
この護摩木積みの作業に指示を出すのは、この白い法被を着た実行委員の方々。
鳥居焼きに赤い鳳凰。そして、大善寺の御住職に書いて頂いた「薬師如来」の文字がカッコイイ!!


c0229312_16193875.jpg
毎年、勝沼中学校の3年生と2年生男子と住民ボランティアなどが、この護摩木積みに参加します。
朝7時に現地・鳥居山に集合です!!

息も上がってしまう急な斜面に作られた、階段を登って行きます。



c0229312_16174920.jpg
スキーのジャンプ台みたいに傾斜に、薪をバケツリレーで運んで行くために、一列に並びます。

c0229312_16372073.jpg
作業の流れを見ながら、生徒や住民ボランティアを配置して行きます。
この法被の方々の指示がないと、作業に滞りが発生に時間もかかり、また落石・ケガをしてしまう事もあります。

c0229312_16145614.jpg


朱色の台に薪を2つ置いて行きます。配られたプリントを見ながら、薪の積み方を覚えます。
c0229312_16224374.jpg
無病息災・増益・先祖供養の願いを込めて、薪を積みます。
たぶん中学生は、無心で積んでると思いますが・・・(笑)

c0229312_16235074.jpg
雨除けのビニールカバーをかけて完成です。

142ヵ所ある護摩木を積む作業は、約2時間半かかります。


c0229312_16262193.jpg
甲府盆地が一望できる高所にある、鳥居の形。
鳥居の形は現世と来世の境にある門を現すそうです。山に入る時、作業が無事に終わる事を山の神に一礼して願います。
また、無事に終え山を下りる時にも、感謝の気持ちを込めて山に一礼します。

この護摩木積みの様子は、山梨日日新聞社が取材に来たり、NHKやUTYのニュースの時間に放映されます。











by makipan-t | 2018-09-16 16:44 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

ワイン醸造 ベリーA収穫作業

c0229312_17110009.jpg
2018年9月4~5日に非常に強い勢力のまま上陸した台風21号は、大阪を中心に全国で大きな爪痕を残しました。

山梨県内でも4日の夕方には激しい風と雨が遅いました。シャインマスカットやベリーAなど軸が細い品種を中心に、房が落下したり、揺さぶられて傷付いたりしました。

c0229312_17160852.jpg
我が家では大きな被害はありませんでしたが、地面に落ちて崩れてしまった房を集めて処分したり、めくれ上がってしまった傘を直したり、一部破損した棚の針金を修復したりしました。


c0229312_17181953.jpg
そんな中、地元勝沼のワイナリーさんに卸すベリーAを収穫しています。

ワイン醸造だからとおろそかにはしないで、1房1房確認して、傷んだ粒をハサミで切り落としながら作業しています。


c0229312_17203802.jpg
今年のベリーAはしっかり糖度も上がり、なかなか良い出来栄えです。ワイン醸造用のベリーAの収穫は9月中旬まで続きます。

11月3日に解禁される「山梨ヌーボー」のベリーA新酒を楽しみです。











by makipan-t | 2018-09-06 17:12 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

酷暑8月 第162回勝沼朝市

c0229312_20105986.jpg
朝から気温上昇を感じる勝沼朝市
早朝の出店者受付の手伝いをさせて頂きました。写真の可愛いアヒルは、出店者さんからのプレゼントです(笑)

c0229312_20134227.jpg
出店者さんの一覧表に、チェックを入れていきますが・・・8月はお休みの方が多くて驚きました。
この暑さで体調を崩す、高齢者の出店者さんも多いそうです。(常連の出店者さんは、75歳以上の方が多く、退職後の趣味である木工品や農産物を販売してるそうです)

c0229312_20175570.jpg
朝8時の朝市開始前から、行列を作っていたのが、シャインマスカットを販売しているお店でした。

c0229312_20192449.jpg
地元勝沼のぶどう農家さんが、新鮮なシャインマスカットをな並べていました。まだ路地のシャインマスカットは出ていない時期なので、大人気でした。

c0229312_20214502.jpg
大粒で果汁たっぷりの、甘いシャインマスカットを頂きましたが・・・美味しい~!!自分でも生産していますが(笑)、初物はやっぱり有難い!!

例年だと8月の勝沼朝市には、桃農家さんが多く出店しますが、今年は異例の猛暑の為、桃の出荷がもう終わってしまったそうです。もう、秋のぶどうが出てるからスゴイですねぇ~。
c0229312_20233115.jpg
毎月、勝沼朝市の運営スタッフに差し入れをくれる「納屋小屋」さん。
紫芋のマフィンです!!スゴイ綺麗な色!!
しっとりしたマフィンと、上に乗ってるシナモンクッキーがとっても美味しいです。


9月の第一日曜日の勝沼朝市も暑そうなので、十分な対策をして遊びに来て下さい。










by makipan-t | 2018-08-05 15:10 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

巨峰の色が変わり始めました!!

ブドウの作業が忙しい峠も過ぎて、ひと段落しました。今年は春が暖かだったので、1週間程度生育が早いまま推移しています。

c0229312_14241711.jpg
巨峰の房の色が紫色に変わり始めています。
6月末からポツポツと色が出始めて、最近一気に色が進みました。

c0229312_14230914.jpg
この色が変わり始めている時に、粒が水分を吸い込んでグングン大きな粒になります。
粒に透明感が出て、柔らかな弾力がアップします。

c0229312_14225926.jpg
1房の中に緑~紫色に変化する、複雑な色が魅力的です。

完熟して収穫できるのは、8月上旬~中旬になる予定です。これから心配なのは台風などの天候になりますが、無事に出荷になる様に祈るばかりです。





by makipan-t | 2018-07-11 14:32 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

第161回 かつぬま朝市・・・2018.7.1

観測史上初の6月中の梅雨明けとなり、朝から容赦ない陽ざしが降り注ぐ勝沼朝市
これは、体調不良の方がでないか心配になる程の暑さです(汗)

c0229312_13151629.jpg
ボランティアスタッフは早朝の会場準備メンバーや、終了後のごみ拾い、車の誘導係、観光案内スタッフなど大勢おり、私も11月まではお手伝いさせてもらっています。

出店者さんから、ボランティアスタッフに嬉しい差し入れを頂きました。冷えた缶コーヒーやポカリスエット、塩飴、菓子などに加え、氷でキンキンに冷えた富士山天然水をもらい、みなさんの優しい心使いに感動です。

c0229312_13152451.jpg
毎月、手作りの焼き菓子を刺し入れして下さる出店者さんもいます。今月は、自家栽培のルバーブマフィン。
甘酸っぱいルバーブがたっぷり混ぜてあり、とっても美味しい!!

c0229312_13153354.jpg
7月の勝沼朝市では旬の桃を販売する方が多く、どのお店もお客さんで賑わってました。

真っ赤に完熟したトマトがキラキラしており、沢山買いました。冷やして昼食に食べましたが、甘くて美味しかった。

c0229312_13154171.jpg
一度食べたらクセになる濃厚な味わいの「十割り豆腐
リピート買いしてる、家族も大好きなお豆腐。

c0229312_13154916.jpg
朝市に出店しているお豆腐屋さんで、こちらもおススメなのが内田豆腐店
お刺身湯葉・厚揚げ・おからなど大豆製品が色々あり、そのどれもが美味しいですよ。

次回の8月の勝沼朝市も高温が予想させますので、暑さ対策をして起こし下さい。









by makipan-t | 2018-07-01 13:39 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)