「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラムネ

口に入れるとサッ~って溶けて儚い味わいのラムネ。NHKの「グレーテルのかまど」でも紹介された駄菓子。
まだ保育園児がいる我が家では現役のおやつですが、家でも簡単に作れます。

c0229312_15334114.jpg
作りやすい分量
*粉糖          大さじ6c0229312_15354744.jpg
*コーンスターチ    大さじ6
*重曹          小さじ1
*クエン酸       小さじ1
*レモン汁       小さじ1
*水         

①レモン汁以外をボールに入れ、泡だて器で混ぜる。ダマをなくして均一にする為。
②レモン汁を1滴ずつ入れて、しっかりもむ。
c0229312_15391152.jpgc0229312_15393494.jpg

③やっと握れるぐらいの固さになるように、水も少しずつ入れる。
水を入れすぎると、オーブンで焼いた時に溶けちゃうし、日持ちしなくなるので注意!!
c0229312_15424859.jpgc0229312_15425823.jpg
④ペットボトルのふたにラップを敷いて、ラムネをぎゅーって入れたり、手で形を作る。
小さなタッパーにぎゅっぎゅっ敷き込んで、型で抜いてもOKです。

c0229312_15451927.jpg⑤このまま食べても美味しいけど、100度のオーブンで30分位乾燥焼きすると市販のラムネらしくなります。


クックパット ラムネ」から作りました!!詳しく紹介されているので、作りたい方はチェックしてくださいね!!
by makipan-t | 2012-08-29 15:47 | こどもお菓子作り | Comments(0)

金精軒 コーナーポケット(韮崎市中田町)

c0229312_13472369.jpg
「信玄餅」は山梨を代表する銘菓で、お土産にしても大変喜ばれる大定番ですよね。
でも、金精軒の生信玄餅はまだ食べた事が無く、「どんな感じに生なのか?」と大変気になっていました。
c0229312_1455393.jpg

生信玄餅のこだわり(商品のラベルより・・・)
  ①食味ランキングで5年連続1位に輝く「梨北米」100%のもち米を使用している。
  ②国産大豆を自家焙煎して石臼で挽いた自家製のきな粉なので香り豊か。
  ③名峰・甲斐駒ヶ岳の伏流水で仕込んでいる。
  ④お米の味を生かす為に、砂糖を従来品の半分のみ使用。
  ⑤お餅の本来の味を楽しんでもらう為に、保存料無添加で、日もちしないので「生」と付けた

c0229312_13495869.jpgc0229312_1350932.jpg


1口食べると、ふんわりと滑らかで柔らかいお餅と、香がすごいするきな粉が大変美味しい!!砂糖半分って感じがしない程甘いし、サラッとした黒蜜の味がしっかり伝わって上品。ゆっくりと味わいたい和菓子です。(4個で500円なので、お値段も高級です~)

c0229312_1443451.jpgc0229312_1445335.jpg
c0229312_1450100.jpg夏の暑い陽射しの下で食べて子供に大人気だったのが「どらあいす」
写真右上・クリームチーズは信州産のクリームチーズの酸味とコクが美味しい。凍ったまま食べても柔らかいどら焼きの皮も軽くてGOOD.
写真右下・キャラメルはしっかりとミルクキャラメルの甘さがして、味が濃い感じ。こちらも美味しい。通常は15分~1時間冷蔵庫で解凍するそうですが、凍ったまま食べてもアイス感がしっかりして美味しかったです。


金精軒・韮崎店
韮崎市中田町小田川154
0120-37-0869
9:00~17:30
火曜定休日
http://www.kinseiken.co.jp

c0229312_14174276.jpg同じ敷地内にあるのが、パン屋「コーナーポケット」。八ケ岳の牛乳や、美味しい水などを使った手作りパン屋さんで、フランスパンからサンドイッチなど種類も豊富。

夏だったのでカレーパンフェアーを行っていました。トマトカレーパン、辛口カレーパンなど・・・買った中ではカレーピザが美味しかったです。もっちりとした薄めの生地にスパイシーなカレーとベーコンチーズが乗っていて、ビールに最高でした(1枚250円)切り分けて、おつまみに・・・。
c0229312_14203450.jpg


c0229312_1428972.jpg中でも種類豊富な「八ケ岳ブレット」
1番人気は八ケ岳メープルパン・840円(これって何処のお店の食べても美味しいですよね~)
2位は黒糖クルミパン・840円、
3位はいなかのカンパーニュ・420円だそうです。全国発送もしていて、お取り寄せとしても人気だとか・・。

「オレンジチョコブレット」を買いましたが、甘酸っぱいマーマレードの様なオレンジシートと、たっぷりのチョコシートをマーブルで焼き上げた焼き菓子の様なパンでした。軽くトーストすると香りがして美味しかったですよ。

Corner Pocket コーナーポケット
〒407-0261
韮崎市中田町小田川154
0551-25-2366
www.rokuyousha.co.jp
by makipan-t | 2012-08-27 14:15 | 食べ歩き・・パン | Comments(2)

くじらくも(北杜市明野町)

c0229312_5241320.jpg
c0229312_524284.jpgショップカードとカーナビでお店の前までたどり着いたけど・・・・周りの風景に馴染み過ぎていて、何処がお店だか分からない(笑)小さな古い看板が、ここが「cafeくじらぐも」だと教えてくれています。

山梨県で自然派cafeとして全国誌に沢山登場している
「くじらくも」 は、築100年の古民家を改装した店で、まだ現役で活躍中の古い道具やたくさんの絵本・本が「どうぞ、ゆっくりして行って下さいね・・・」って言ってくれてるみたいです。


c0229312_530869.jpgc0229312_5302064.jpg
小上がり、テーブル席、そしてお天気の良い日は外のテーブルも最高です。
とっても暑い日に行ったので、冷たいお水が何よりご馳走。メニューは黒板にも書いてあります。

c0229312_535790.jpgc0229312_5352189.jpg

c0229312_5355193.jpg
とうもろこしパンとおかずいろいろ、飲み物つき(850円)
しっかりとハードな天然酵母のパン、トマト、お豆腐、ズッキーニとナスのマリネ、きゅうりのサラダ、じゃがいも、ピーマンとじゃこの煮物、厚揚げ入りラタトゥユ、とうもろこし・・・どれも素朴な味、柔らかい味、野菜そのままの味です。とっても体に無理をさせないお料理ばかりで、疲れた夏に元気をくれる感じ。


c0229312_5435357.jpg
玄米ごはんと夏野菜のカレー、飲み物つき(1000円)
お肉を使っていないのに、とってもコクとスパイスの香りがするカレー。家庭で作る市販のルーを使ったカレーとは全く異なる味でビックリです。とってもサラッと軽い感じだけど、野菜たっぷりで、玄米ごはんにも良く合う。
c0229312_5492699.jpg
コーヒー、紅茶、ハーブティー、野草茶から選べます。たっぷりと入っているから、食後時間を忘れてのんびりしちゃう・・・。トトロに出てきそうな家や風景と、お店の方の温かい感じに沢山のお客さんが来ていました。


c0229312_5541759.jpg
cafeくじらぐも
〒408-0204
北杜市明野町上手3144
0551-25-4053
11:00~18:00
定休日 4~11月 水・木
     12~3月  火・水・木
http://cafe-kujiragumo.com/

庭には4頭のヤギ、店内にはウサギのマロンちゃんがいて子供に大人気でした。
by makipan-t | 2012-08-26 05:31 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(0)

ベルアルバ2010 (山梨ワイン)

c0229312_5372071.jpg
勝沼産マスカットベリーAを使用したロゼワイン。
いちごやラズベリーみたいな甘い香がして、フレッシュな感じのイメージを壊さない味です。でも、キリッとした酸味もあり、甘さが残らない辛口。地元のベリーAから、こんなに美味しいロゼが生まれるのは、ぶどう農家として嬉しい限りです。

赤ワインを作る工程の途中、ブドウを砕いてタンクで発酵途中の果汁を、低温でゆっくりと発酵させて丁寧に作られている味がします。

「ベルアルバ」とはイタリア語で美しい夜明けの意味。イメージにピッタリのラベルはイラストレーター玉置真理さんのデザインです。1本1547円。

山梨ワイン
〒400-1313
甲州市勝沼町下岩崎835
0553-44-0111
by makipan-t | 2012-08-21 05:48 | ワイン | Comments(2)

お漬け物ケーキ・甲州小梅 モンセルヴァン(竜王店)

c0229312_6514928.jpg
お菓子工房モンセルヴァンは、県内に竜王店・白根店・甲西店・アルプス通り塩部店と4店舗を構えるお菓子屋さんで炭を混ぜた真っ黒いロールケーキなど沢山の種類で有名店。
竜王店は廃軌道にある木に囲まれた昔ながらのケーキ屋さんって感じのお店です。
c0229312_6512640.jpg

私のお目当ては新発売した「お漬け物ケーキ」。山梨県特産のお漬け物を甘いバターケーキにたっぷりと混ぜて焼き上げた物らしいけど・・・
c0229312_652592.jpg
ケーキの底にはたっぷりの甲州小梅でカワイイピンク色です。
c0229312_742648.jpg

しっとりとしたバターケーキは、甘くコクがあり、甲州小梅も細かく刻まれているので食べていても「ここに梅があった!!酸っぱい~~」って感じではなく、全体的に馴染んでいる。でも、塩や酸味ももちろんあるので、夏でもサッパリと軽く食べれて、日本茶にも合う味です。「ケーク・サレ」みたいに塩味の惣菜ケーキではなく、ちゃんと甘いケーキですよ。お漬け物は「清里赤カブ漬け」「鳴沢菜漬け」などもあり、店舗によって試食させてくれるので、味見して選べます。

モンセルヴァン竜王店
甲斐市篠原1417-4
055ー279-1322
9:00~19:30
年内無休

by makipan-t | 2012-08-19 07:15 | 食べ歩き・・お菓子・ケーキ | Comments(0)

自家製ピザソース

c0229312_13544960.jpg
真夏の太陽をたっぷり浴びて、真っ赤に木で完熟したトマトが畑で沢山取れます。

薄くスライスしてキンキンに冷やしてサラダや、カレーにたっぷり入れても使い切れない程収穫出来るので、トマトソースやピザソースを作って保存してます。
c0229312_13575324.jpg

①トマト煮を作る。
湯むきして皮・ヘタを取ったトマトをフライパンや鍋で煮ていきます。トマトの水分が沢山出てくるので、アクを取りながら煮込みます。固めのソースが好みので1時間ぐらい煮て、しっかり水分を飛ばして濃いソースにしていきます。

②ミキサーにかける。
しっかり煮込んでからミキサー(フードプロセッサー)にかけると、種も細かくなって舌に残りません。
c0229312_1421998.jpg
でも、とっても滑らかにはならないので、気になる方は種を取り除いてから煮込んでください

③玉ネギ・ニンニクなどを炒める。
トマト煮800g(缶詰ならトマトのジュース煮のカットタイプ2個)に対して・・・玉ねぎ1個・ニンニク2ケをみじん切りにしてオリーブオイル大さじ3でゆっくりと炒める。トマト・コンソメキューブ2個を入れ、バジルの葉っぱ20枚のみじん切り(ドライバジルなら小さじ1)、ドライオレガノ小さじ1・コショウも加えて煮込みます。
c0229312_14135473.jpg
ピザはもちろん、オムレツ・パスタにしても美味しいです。

c0229312_14152890.jpg
夏野菜と卵ののトマトグラタン

ナス・ズッキーニ・ピーマン・トウモロコシ・枝豆などお好みの夏野菜をオリーブオイルで炒めて、ピザソースをたっぷりと加えて、ゆで卵・ベーコン・チーズを乗せてレンジでチンして完成!!
フランスパンに乗せて食べると最高ですよ。
by makipan-t | 2012-08-17 14:13 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

エリソンダンジュール(勝沼町)

c0229312_16424936.jpg
勝沼駅よりも山の方に登って行き、森の入り口に静かに佇むレストラン。窓一面から広がる森林の緑と、小川のせせらぎが心地よいフレンチレストラン「エリソンダンジュール」。騒がしく、忙しい日常生活がフッと切り取られたような時間があります。
c0229312_16471530.jpgc0229312_16484100.jpg
以前は塩山市内でお店を構えていましたが、勝沼に移転。私の旦那さんと高校の同級生の夫婦で切り盛りをしているレストランで、最高のサービスをする為に、全テーブルを埋めないそうです。ゆったり広々として、気持ちが良いです。
今日は、勝沼醸造の「クラレーザー」・・・。

c0229312_16534490.jpg前菜・・・
・イワシのマリネ 玉ねぎソース
・自家栽培の枝豆
・甲州モロコシとチーズのサブレ

柔らかくクセのないイワシが食べやすく、酢もまろやかなので甲州ワインと喧嘩しません。チーズ味が効いたサブレはバターの風味も豊かで、美味しい。
c0229312_16573251.jpg
c0229312_16575711.jpgオードブル(4品の中からチョイス)・・・
・フランス産ホロホロ鶏のアンクルート 
        ポルト酒ソース

テーブルに運ばれて来た時に、香ばしいパイの香りがふわっ~と広がって期待が高まります。柔らかいホロホロ鶏とカリッとしたかぼちゃの種の食感がアクセント。オードブルとは思えないボリュームで、ポルト酒のソースもコクがあるのに、パイと合わせても重くならいし、個性的な味ではなく、万人が美味しいと感じる1皿です。

c0229312_1751274.jpg
オードブル(+1000円メニュー)・・・・
・フォアグラのポワレ、チェリーソース

カッリとポワレされた表面の香ばしい味の次には、とろけるフォアグラが口の中で消えて行く・・・。チェリーの甘酸っぱいソースが、油っぽ感じを流してくれるので、直ぐにもう1口食べたくなってしまう。シェフはフランスで修業経験もある一流の腕を持つ方なので、食材・味・盛り付けと感動してしまう美味しさです。勝沼の森の中でこんな本格的なフレンチを甲州ワインと味わえるなんて・・・!!

c0229312_17115313.jpg
メインディッシュ(6品からチョイス)・・・・
・大阪中央市場 文亀直送 旬の魚料理 いさきのポワレ サフランとトマトのスープ仕立て

カリッカリッの皮と、ふわっふわっの柔らかい白身。トマトの濃縮された旨みとサフランの芳醇な香り。下のヤングコーンのコリッとした食感や、やわらかいナスのジューシィーな感じ。
この1皿に沢山の楽しみが盛り込まれています。スープをパンに付けて、最後の1滴も残したくないです。

c0229312_17193920.jpg
・仔羊背肉のブラックオリーブ風味のロースト トマトファルシー添え 粒マスタードソース
柔らかい・・・・。仔羊はクセもないし、柔らかく食べやすい事は知っていますが、この料理は驚く程柔らかい。ブラックオリーブを周囲にまとわせてローストしていますが、八丁味噌のようなコクと味わいで、和食を彷彿とささるので甲州ワインと、これまた合う。トマトの中には大麦などが詰められていて軽い味なので、濃厚なお肉とバランスが良いです。

c0229312_1727152.jpg
・ワゴンサービスのデザート お好きな物を、お好きなだけ
・黒富士農園の卵を使用したプリン  ・オレンジとチーズのケーキ
・チェリーのタルト             ・ブルーベリーのムース
・コニャックを効かせたアイス       ・ココナッツアイスクリーム
・白桃のシャーベット 

全種類を少しずつ頂きました。シェフの奥様が作られるデザートを、ワゴンで運ばれ、ホールから切り分けて下さる時のワクワク感。どのデザートも本当に美味しいので、3~11月のガーデンカフェ(14:00~17:00)も期待できそう。

c0229312_17355262.jpg
・エスプレッソ 
   チョコレートケーキと白ワインのケーキ


“塩山産赤ワインを効かせたチョコレートケーキ”はあまりの美味しさにお土産を買ってしまいました(自家製jジャムや焼き菓子も販売しています)ラジオでDJジローさんも「本当は人に教えたくないお店」に、ココの名前を挙げていたのを実感する名店でした。都内の方はもちろん、地元の人にも感動を与えてくれるフレンチです。


Herisson dun jour エリソンダンジュール
甲州市勝沼町中原5288-3(勝沼ゴルフコースを目指して来て下さい)
0553-39-8830
不定休

ランチ       11:30~14:30   ¥1800~4200
ディナー     17:30~22:00   ¥3800~10000
ガーデンカフェ 14:00~17:00   雨天・12~2月休業

来店時は予約をして下さいね。当日でも・・・
「エリソンダンジュール」←詳しい道順、季節のメニューなど・・・チェックしてみて下さい。
by makipan-t | 2012-08-14 16:52 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(2)

ハナマルキ工場で初味噌作り!!

c0229312_17301267.jpg「♪お味噌ならハナマルキ~♪」のCNソングが有名なハナマルキ伊那工場で親子味噌つくり教室
に参加しました。

なんと、この教室も「ハナマルキ×オギノ」の懸賞に当たったんです!!
こんなに懸賞に当たるのも生まれて初めて!!この夏で一生分の運を使い切っちゃうかも・・・(笑)それでも大変嬉しい~~~。

c0229312_17321223.jpgc0229312_17324161.jpg
先ずは味噌マイスターによる「みそ勉強会」「工場見学」を経て、ハナマルキ特製親子エプロン・髪キャップ・ビニール手袋でスタンバイOK!!
c0229312_17355993.jpgc0229312_17364367.jpg
袋に塩270g+麹560gを入れて、塩の塊がなくなるまで上下にふる。
柔らかく煮た大豆を、ミンチにします。ハンドルを回すと、モンブランみたいに、ムニュ~って出て気持ちイイッ。大豆だけで食べても、甘くて美味しいお豆でした。やっぱり素材の味は大事。
c0229312_17395341.jpg
つぶした大豆を1440gに計量して、袋に入れて混ぜます。

c0229312_17422552.jpg
ここで十分に麹を馴染ませるように捏ねるのが大切。さらに、酵母+乳酸菌+塩水を混ぜた「種水」も加えて発酵をうながします。
c0229312_17442564.jpg
冷房のかかった室内でも、娘が汗をかいてしまう程頑張って捏ねました。
ここでしっかりと捏ねる事が、美味しいお味噌になる為には大切だそうです。パン生地を捏ねる時と同じで「美味しくな~れっ~」って愛情を込めて作ると、味が変わるそうですよ。
c0229312_17383383.jpgc0229312_1740238.jpg


まだ麹のお米もポリポリと固いし、塩のキツイ味が強くて食べれた物ではありません。色も白をしていますが、熟成が進むと赤に変わっていきます空気を抜くようにして、容器にピッタリと詰めて、重石をのせて完成です!!

ここから3か月間はハナマルキの工場で保管して頂き、秋のお味噌汁が美味しく感じる頃に、自家に郵送されて来ます。初めての手作り味噌の味を、ワクワクしながら娘と待ってます。


c0229312_17485750.jpgこの後は「みはらしファーム」のレストラン「トマトの木」でハナマルキの塩麹を使った焼き鯖などの、ランチビュッフェも楽しみ、ダチョウ・馬・ウサギ・ヤギ等の動物と触れ合って楽しい1日を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。
by makipan-t | 2012-08-09 18:05 | 料理 | Comments(2)

ラズベリー生マシュマロ

昨年から、流行していた生マシュマロ(仏語・ギモーヴ)は、市販のマシュマロとは全く異なる柔らかい口どけと、みずみずしい触感が魅力のお菓子。
私が初めて食べたのは、山梨市の「フルヴィエール」のパッションモギューブだった。口に入れるとふわっ~と泡がとろける様に消えて行き、濃厚なパッションの味がいつまでも広がっていた。とっても印象に残る出会いだった・・・。
c0229312_6204435.jpg
でも、生マシュマロはスーパーに売っている材料で簡単に作れます。
粉ゼラチン      10g
水           50cc
ラズベリーピューレ 大さじ2
レモン汁       大さじ2
水           大さじ1
卵白         1/2個分
砂糖          55g
コーンスターチ    適量
粉糖          適量

c0229312_6294072.jpgc0229312_6421737.jpg
①ラズベリーピューレの準備。ラズベリージャムを裏ごしして種を取り除く。この時、ジャムが固いなら水をごく少量加える。大さじ2を計る。

②コーンスターチ2:粉糖1で混ぜ合わせた物を、茶こしでタッパーの内側に振りかける。タッパーの大きさの目安としては、24×12cmぐらいの物。
c0229312_6444638.jpgc0229312_6464716.jpg
③水50ccに粉ゼラチン10gを振り入れて、5分おく。
④卵白をしっかりと固いメレンゲに泡立てる。

c0229312_6505146.jpg ⑤水大さじ1+レモン汁+①のラズベリー+③のゼラチンを耐熱容器に入れ、レンジ600wで1分半~。様子をレンジから離れずに見て、中心部分まで沸騰したら取り出して良く混ぜる。
⑥熱いうちに、少しずつ④のメレンゲに加えて、もったりと重く感じるまで泡立てる。(夏場は室温が高いので、なかなかもったりしない時は氷水をボールに当てる)



c0229312_6555046.jpgc0229312_657396.jpg
⑦準備して置いた②のタッパーに流し入れ、冷蔵庫で30分~固める。
⑧コーンスターチ+粉糖を全面に茶こしで振りかけて、型で抜いたり(1回ずつ粉を付けて抜く)、包丁で切り、断面にも粉をまぶす。
c0229312_659072.jpg
出来立てがふわっ~として一番おいしいです。保存は冷蔵庫に入れて・・・。でも、ゼラチンがしっかりと固くしまってくるので、や早めに食べき切るのがおススメ。
レモン汁・ラズベリーを抜かして、水35ccならプレーンマシュマロになりますよ。
c0229312_77631.jpg

by makipan-t | 2012-08-06 07:07 | お菓子 | Comments(0)

Les bonbons (甲府市高畑)

山梨県内で行きたいケーキ屋さん・カフェが沢山ある。
これって、とっても幸せな事で、『ここまで働いて、時間を創って・・・あそこのお店に行こう!』って頑張れるから。「Les bonbons」もずっと行きたかったお店の1つ。念願かなって嬉しい~~。
c0229312_17164614.jpgc0229312_17165669.jpg
かわいらしいシャンデリアが下がっているキュートな店内には、デザイン性の高いお洒落な子供服も販売していて、思わず手に取って見ちゃう可愛さ(うちの娘には、サイズが小さくて残念)
カフェスペースもあるので、1人からでもゆっくりと過ごせますよ。
c0229312_17205545.jpgc0229312_17211189.jpg
カラフルなマカロンも魅力的。
塩キャラメル、イチゴ、ラズベリーなどなど・・・
c0229312_17213772.jpg

c0229312_1729222.jpg
メロンロールケーキ(470円)とコーヒーを頂きましたが、カスタードクリームと生クリームがロールされている中に、フレッシュな大きいカットメロンが入っていて夏らしくサッパリと食べれます。
スフレみたいに、しっとり・もっちりとしたスポンジも美味しい。甘さが控えめだから、大きめのカットでも重くなく、最後の1口まで美味しい。


聞けば「Les bonbons」はオープンして6年目になるそうです。オーナーはまだ小さいお子さんも居るのに、料理・お菓子・パン教室「foods studio tablier」も主催されているパワフルな方。ぶどう農作業が落ち着いたら、こちらにも参加する目標ができました!!

Lse bonbons レ・ボンボン
〒400-0042
甲府市高畑2-15-17
055-267-6988
11:30~19:00
月曜日定休
www/foods-tablier.com

by makipan-t | 2012-08-02 17:36 | 食べ歩き・・お菓子・ケーキ | Comments(2)