「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

FIFTIES DINER(昭和) 友人の結婚パーティー

c0229312_525209.jpg
友達って、何年経っても“友達”なんだなっ~って実感して温かい気持ちになった。
先日、旦那さんの中学・高校からの友人の結婚パーティーに昭和町のイトーヨーカドー南側にある「FIFTIES DINER」に夫婦でお呼ばれした時に、とっても素敵なパーティーで感じた事・・・。c0229312_5313971.jpg

大のヴァンフォーレ好きの旦那さんの希望で司会はDJジローさんが行い、笑いが混じり合うトークで和やかに始まった友人が集まった結婚パーティー。
店内にあるステージでは、高校時代に結成していたバンドやこの日の為に猛練習したバンドが次々と歌い、さながらライブに来た感じでした。どのバンドも新郎・新婦結婚をお祝いする気持ちで溢れていたし、燃えていた当時の熱気そのままの歌や演奏で、胸がいっぱいになっちゃいました。



c0229312_530170.jpgc0229312_5302076.jpg
自由席・フリードリンクで、パスタなどはカウンターに取に行く感じも気楽で良かった。
普段はアメリカンな居酒屋さんって感じらしいです。

c0229312_5493996.jpg
c0229312_5582734.jpgこのパーティーに先だって一宮町・浅間神社にて神前結婚式を行っていた二人。でもケーキカットはしていなかったので新郎から新婦へのサプライズプレゼント!!特別に甲府・早川ベーカリーで作って頂いた・・・なんと「印鑑のロールケーキ」です!!新婦の出身地・六郷は印鑑の町で有名なので、何処を切っても“小林”が出てくるロールケーキです。ちゃんと朱肉も付いてます!!朱肉入れはチョコで作られている、というこだわりの作品。
ロールケーキへのケーキ入刀。なんか、カワイイ~。

c0229312_5594589.jpg
c0229312_5595516.jpgこちらのケーキは、5月31日に誕生日を迎える新郎へ、新婦からのサプライズバースデイケーキ。
(お互いにサプライズしちゃうのが、素敵・・・)
新郎の親友が勝沼で栽培したハウス桃50個がサンドされているスペシャルケーキは「シェ・リー」でお願いしたそうで、沢山のフルーツもトッピングされて華やかだし、今年初めて食べた初桃はクリームに負けない甘さと香りがあってとっても美味しかった!!
この時期の高級ハウス桃50個も使った贅沢なバースデイケーキに感動です。


今回の結婚パーティーは、すべてが友人の手作りで行われていて、日中は仕事をこなしての準備は本当に大変だったと思いますが・・・とっても家庭的で優しい想いがいっぱいのパーティーでした。本当にお二人の末永い幸せを祈っています・・・・。
by makipan-t | 2012-05-30 06:10 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(2)

梅酢作り

c0229312_641965.jpg
甲州小梅は小粒の梅で、梅干しにした時にもカリッ・パリッとした歯ごたえが気持ちよく残ります。
幕の内弁当とかのご飯に1個乗っている感じの梅です。あの1個が尊いですよね~(笑)

我が家の5月の畑仕事の一つに、梅もぎがあります。昔は沢山作って出荷もしていたそうですが、ハシゴに乗って高い所での作業で大変なので、近年は自宅様に楽しむ程度した作っていないそうです。と言っても2人で半日以上かかる仕事です。採れた梅は、葉っぱやゴミを取り除きて、計量します。
c0229312_6132226.jpg
今年は春先が低温で、梅の開花時期が寒く、花も遅かったせいか小粒&不作でした。
それでも自宅様には十分です。洗って、1日水に漬けてから、ザルにあけて梅を乾かしておきます。ここから、塩漬けにして梅干しも作ります。
c0229312_6165785.jpg
梅酢は毎年必ず作る、夏バテ予防に大変効果がある飲み物です。水や牛乳で薄めて、子供も愛飲してます。サッパリして、お酢のツーンってした飲みにくさは無いので、ジュース代わりに飲んでます。

作りやすい分量
梅(南高梅とかでもOK)   1~2㌔(沢山入れれば濃厚に・・・)
砂糖(氷砂糖がベスト)    1㌔
お酢               2リットル(何の種類でも)

瓶に入れて1年以上寝かせるのが、飲みやすくなるポイントです。写真の2年物だと、色が琥珀っぽくなりマイルドです。砂糖は氷砂糖だと綺麗な透明になりますが、我が家では、ゴクゴクのんでるから上白糖を使ってます。子供にはハチミツをさらに加えても・・・。漬けた梅もお茶うけとして食べれるので、無駄がないですよ~。
by makipan-t | 2012-05-27 06:26 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

パパの誕生日のチョコ・ミルクレープ

学校から帰宅してキッチンに直行した娘のお目当ては、旦那さんの誕生日ケーキを作ること。
甘いものが大好きな旦那さん誕生日ケーキのリクエストは、クレープ”だったので、大好きなチョコを使ったミルクレープのケーキに決定です!!
c0229312_501973.jpg

クレープ生地は少し前に焼いて冷凍して置いたものを自然解凍して使います。中にサンドするのは、板チョコを溶かして加えたカスタードクリームと生クリーム。カスタードクリームにダマが出来てしまいましたが、裏ごしする気合がないので・・・チョコチップを追加してごまかしちゃいました~~。
c0229312_553830.jpg

チョコクリームと生クリームを交互に塗って、重ねていきます。「端まで、平均的に・・・」って頑張りながらクリームを塗る娘。夕方の空腹な時なので、「味見」っていいながら何回もクリームを食べることは、大目に見てあげました!!って言うか、私も一緒になって「味見」してました~(笑)
c0229312_5104548.jpg
c0229312_5111160.jpg
チョコを溶かして作ったハートと庭のレモンバームをデコレーションして・・・
バースデイケーキの完成!!

ぶどう農家に育って、年中果物が溢れていたせいか、「フルーツは乗せないで!!」もリクエストでしたので、カラフルなソウソクを刺してみたけど・・・・”THDAY”って何だ??
娘いわく「だって、入りきらなかったから・・」なるほどね・・・。


c0229312_5173525.jpg
夕飯のメニューはハンバーグ。去年の旦那さん誕生日にもハンバーグをリクエストされたけど、週1でも食べたいメニューだそうです。
ソースはオニオンガーリック。
c0229312_5173086.jpg


ワインは「メルシャンの勝沼甲州2010」ワインチャレンジで受賞したワインで、甲州らしい味わいが美味しい。
家族で祝う、ささやかな誕生日でしたが、温かい気持ちになった1日でした。
by makipan-t | 2012-05-24 05:23 | こどもお菓子作り | Comments(2)

クレームビュルレ風

朝ごはん・10時のお茶・昼ごはん・3時のお茶・夕飯・・・・畑が始まってから1日5食の生活になってます。立ち続けて上をずっと向いての作業なので、お茶の時間のお休みは必須ですが、いつも満腹な感じ・・・。

c0229312_5375753.jpg
3時のお茶菓子の「クレームビュルレ風」は、プッチンプリンをリメイクして焼いたものです。小さくして、お手軽にグリルで焦がしたので表面がパリッとはしてないけど、濃厚な味が楽しめる。超簡単なんだけど、手作りした感じがちゃんとして嫁ポイントが上がりました(笑)

作り方
プッチンプリン2個・クリームチーズ20g・卵黄1個をミキサーで混ぜて、型に流す。グラニュー糖20gを表面に振りかけバーナーやグリルで焦がす。
by makipan-t | 2012-05-23 05:48 | お菓子 | Comments(4)

豚のリエット

以前パン教室に参加して下さった方が差し入れてくれたリエット・・・。
レストランの様にとっても美味しくって「私も作りたい!!」って、思わせる程の出来栄えでした。
c0229312_524773.jpg
で、作ってみました!!言っていた通り、とっても簡単に作れてお店みたいなリエットが完成しました!!感激~~。
煮込むのに時間がかかるけど、食事の支度の間に煮て、私は保温鍋に入れ、また翌日煮る・・・を繰り返すだけで工程はとっても簡単でした。プレーンベーグルに付けて、ワインのつまみに最高です。旦那さんの両親や、弟くんにも食べてもらったけど「クセがなく、見た感じよりも軽くって美味しいじゃん~」って好評でしたよ。

c0229312_530836.jpg
作り方(役10人分)
豚肩ロースの塊500gを3~4個に切り、塩・コショウしてフライパンでしっかりと焦げ目が付くまで焼く。(上写真)肉を鍋に移し、フライパンに残った油を捨て、白ワインを少し加えて底に残ったエキスを落として鍋に入れる。ニンニク10ケ・3cm角に切った玉葱1個とにんじん1本をゆっくりと炒めて、鍋に加える。白ワイン2カップ・コンソメキューブ1個・タイム2本・ドライバジル小さじ1/3・ドライオレガノ小さじ1/3と、水を加えて2~3時間煮込む。
c0229312_5302614.jpg

お肉がほろほろになる状態まで(上写真)煮込んだら、ザルにあけて水分を分ける。お肉はフードプロセッサーにかけて、氷水を当てたボールに移して絶えず混ぜる。煮汁を軽く煮詰めて、熱々をお肉に加えて十分に混ぜてペーストにする。お皿に入れて完成。この状態で冷凍も出来ますので、沢山作っても安心です。

c0229312_544209.jpg
豚肉の美味しい油が甘い感じだし、野菜も入ってるから軽いです。

ちなみに、「リエ」はフランス語で「つなぐ」の意味。「煮汁とお肉をつなぎ合わせた」料理だそうです。氷水に当ててる時はしっかりと混ぜながら冷やしていかないと、下だけ固まって分離しちゃいます。ここがポイントです。

ワインのおつまみ ―人気店の初公開レシピ (別冊家庭画報)

世界文化社


この本を参考に作りましたよ。本格的な料理が沢山乗っていて、見てるとお腹減って来ちゃいます~(笑)
by makipan-t | 2012-05-21 05:53 | 料理 | Comments(0)

チョコマーブル食パン アボガドのオープンサンド

すっかり、ぶどうの農作業が忙しい日々です。こうなると、押し入れの奥にしまい込まれていたホームベーカリーが再び、スタメンに復活です(笑)
c0229312_5355725.jpg
毎回作る基本生地が決まっていて、時に砂糖をはちみつに変えたり、粉を国産の「ハルユタカ」「春よ恋」等で焼きます。
c0229312_5363854.jpg
今回は、仕上げ発酵に入る前に取り出して、チョコレートクリーム(パンに塗って食べるスプレットタイプ)と甘いミルクココアを巻き込んで・ねじり・切り分けて無造作に型に戻して焼き上げました。ホームベーカリの残りの工程に影響が出ない様に、巻き込む作業を早く済ますのがポイント。ピーナッツバター、固めのジャムも美味しいです。

c0229312_5384570.jpg
「アボガドのオープンサンド」は休みの日のランチに・・・。生地に大さじ1の小麦胚芽を加えて香ばしい味をプラスしたパンは、素朴なサンドにピッタリ。焼き立てのふわふわだったので、薄くスイス出来ずに、厚く切ってオープンサンドにしました。スライスしたアボガド・トマト・ゆでたまごを乗せただけの簡単サンド。ちょっと食べにくかったけど、味はOK!!タコのマリネ、野菜コンソメスープと一緒に・・・

ホームベーカリ基本生地(1・5斤)
強力粉400g
水   280g
砂糖   20g
塩     5g
イースト  4g
バター  10g

この配合は私の好みのパンのです。クラストがしっかりしたシンプルな味で、バターを加えないで焼く時の方が多いです。でもバターが入らないと、パサパサと固くなるのが早くなる気がします。早焼きコースで作る時のイースト量なので、もう少し減らしても大丈夫ですよ。
by makipan-t | 2012-05-19 05:49 | ホームベーカリー | Comments(0)

ふじ寿司(山梨市)

c0229312_539347.jpg
母の日だった日曜日。旦那さんのお母さんに日頃の感謝を込めてお寿司を食べに行きました。
欲しい物をプレゼントしたいので、誕生日など毎回お母さんに「何がいい?」って聞きますが、今年は「欲しい物も特にないから・・・じゃあお寿司でも!!」って答えてくれたので、山梨市にある「ふじ寿司」さんに・・・。
もともと、ふじ寿司さんの女将さんとお母さんは友人で、お休みの日には買い物などに一緒に行くし、我が家の法事や、七五三の食事会でもふじ寿司さんは定番です。



c0229312_548162.jpg
お刺身盛り合わせ。
やっぱりお寿司屋さんのお刺身はスーパーのとは全然違いますね~~。マグロの赤身がとろけるようだし、生タコの吸盤のコリッとした食感もたまりません。イカの上にはトビッコが乗せてあったりして、色合いも綺麗です。
c0229312_5515586.jpg
フライ盛り合わせ。
大きなエビフライ、白身魚とアスパラの串揚げ、鶏のから揚げのフライとたっぷりの野菜サラダ、ちょっと甘めのポテトサラダ、ハム、トマト、オレンジ、パイナップルが盛られた大皿には、子供から大人まで大好きな物が一杯!!
サクサク・熱々のフライを頂けるのは主婦にとっては最高の幸せ。ルミエールの赤が置いているので、フライと一緒に・・・。
c0229312_5571649.jpg
c0229312_5572873.jpg

マグロの赤身がお寿司の中で一番好きなお母さん。子供たちは自分たちが好きなイクラ・かんぴょう・たまごなどをもらいました。お寿司と一緒に頂いたあさりと三つ葉のお味噌汁が大変美味しくって、子供が残した分まで3杯も完食しちゃいました(笑)
子供には初物のスイカまでデザートに頂いて、ゆっくりと幸せな時間でした(お母さんの為の食事だったけど、家族全員幸せになれて・・・さらに良かったわ)

c0229312_642675.jpg

ふじ寿司
〒405-0025 山梨県山梨市一町田中17 - 2
(日川高校の目の前です)
電話0553-22-0729
水曜定休日
お昼~営業してます
無尽・法事・宴会などの予約も受け付けてますよ。


by makipan-t | 2012-05-15 06:06 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(2)

ミサワワイナリー 三澤農場(北杜市明野町)

c0229312_17352137.jpg
北杜市明野町には、全国でも最大級の垣根栽培によるミサワワイナリーのワイン用ぶどう農場があります。
八ケ岳、南アルプスを望む畑は、まるでフランスやスイスのよう・・・。まだ新芽が小さく、畑が緑で覆われていませんでしたが、初夏が楽しみな景色です。
c0229312_17402376.jpg
県立フラワーセンター ハイジの村の手前には「三澤農場 ミサワワイナリー」のワインショップやレストランがあります。森林の中にたたずむワインショップも素敵。ここも海外のようです。c0229312_17424629.jpg

ここを仕切るのは三澤彩奈さん。三澤社長の娘さんで明野の農場での栽培・醸造を担当しています。彼女の作るワイン「serena」セレナはスペイン語で『晴々とした、穏やかな』と言う意味で、カジュアルでフレッシュな女性らしい味を目指しているそうです。

有料・無料のワインのテイスチィングしながら、思わずゆっくりと過ごしてしまいたくなるワインショップです。有料のセミナーも毎回人気だそうですよ。c0229312_1749317.jpg







「セレナ エステート シャルドネ」(2400円)は明野町の「三澤農場」で栽培したシャルドネのみを使用して、ぶどうの味を生かすためにステンレスタンクで発酵・貯蔵したワインです。
爽やかな香りと、シャルドネらしい酸味がスッキリとした華やかな白の辛口。甲州種よりも力強い味わいです。白ワインだけど、ガッツリお肉にも大丈夫そう。

中央葡萄酒株式会社 
三澤農場 ミサワワイナリー
北杜市明野町上手11984-1
0551-25-4485
www.grace-wine.com

by makipan-t | 2012-05-13 17:58 | ワイン | Comments(0)

フランス菓子 ドゥ・ミール(北杜市明野町)

c0229312_13542273.jpg
フランス菓子「ドゥ・ミール」=「明野金時タルト」って
イメージが私の中にありますが、テレビやメディアでも秋になると沢山登場する明野町で本場のフランス菓子を提供するケーキ屋さんです。

フラワーセンター ハイジの村の側道を入って行くと緑豊かな所に、真っ白なお店があります。
2000年5月にオープンしたからフランス語「Deux mill」の「2000」の意味店名だそうですが、店内は12年経過したとは思えない程綺麗で、カフェスペースもあるのでゆっくりと過ごせます。



c0229312_1423394.jpgc0229312_1425733.jpg
c0229312_1425593.jpg

当然ながら「明野金時タルト」は季節限定です。まだ食べた事がないので、次回に楽しみを取っておいて・・・
ショーケースの中には、フランス菓子らしい繊細なプチィガトーが並んでます。シンプルなネーミングが良い感じ・・・。
c0229312_147304.jpg
ドゥミセック(旅行にも持って行ける、日持ちするお菓子の事)も、ダックワース・フェナンシェ・リーフパイが100円~販売していました。詰め合わせは発送も可です!!

c0229312_14121973.jpg

↑「タルト ショコラ フレーズ」(350円)チョコレートムースには、ノアなどのナッツ系のペーストが入っているのに軽い口当りで、フレーズ(苺)のジュレが入っていて甘酸っぱいく、とっても美味しい~~~。
タルトとクレームダマンドの中にもフレッシュな苺が入っていて、大変こったケーキになっています。キャラメリゼしたノアも大変良いアクセントになっています。全体が軽い仕上がりで、いろんな表情の苺が楽しめるケーキでした。
c0229312_14241276.jpg
↑「キャラメル ノア」(350円)
ノアが生地に入りサックリとした感じのビスキュイに、キャラメル入りのクリームがサンドされた香ばしい味わい。上にたっぷりと乗った糖衣をからませたノアのカリッとした歯ごたえが存分に楽しめるケーキ。
c0229312_14304713.jpg
↑「オレンジ」(300円)
たっぷりのフォンダンが綺麗で、しっかりとした甘さとオレンジの香りがする焼き菓子。しっとりとした生地はとってもキメ細やかで、繊細な味です。家庭で簡単に作るパウンドケーキとは、別物です。




フランス菓子 Deux mille ドゥ・ミール
〒408-0201 山梨県北杜市明野町浅尾原5259-210
0551-25-2889
火曜定休日
10:00~18:30(季節により変更あり)
http://www.yukari.ne.jp/~deuxmille/
↑詳しい地図など検索してみて下さい。
by makipan-t | 2012-05-10 14:38 | 食べ歩き・・お菓子・ケーキ | Comments(2)

大善寺 藤切り祭り(勝沼町)

5月8日は、勝沼町の大善寺で約1300年続く「藤切り祭り」が行われ、年長さんの息子はお稚児さんに参加しました。お稚児さんに参加することでお薬師さまのご利益をいただき、子供の健やかな成長・無病息災を祈願します。
c0229312_1752658.jpg
でも、お稚児さんの衣装が可愛いから・・・って理由だけで娘も参加しちゃいました(笑)。
保育園のお友達も参加して、山伏の方の剣・ほら貝に興味深々です。
c0229312_1801699.jpg
役行者が修業中に大蛇を退治して人々を救った事がお祭りの由来です。
c0229312_1821291.jpg
大蛇に見立てた藤の根を、持ち帰るとご利益があると言われており、多くの若者が奪い合います。今年は、勝沼朝市会の方々が出店していて、穏やかな感じのお祭りでした。
by makipan-t | 2012-05-09 18:08 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(2)