<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

キャラメルムースとオレオのケーキ

ここに来て友達の引越しが急に決まりました。その友達は以前ブログでも紹介した「yayapapus」を経営する子なので、お店を出店する関係でのお引越し・・・・。その家族にとって跳躍や発展を意味する引越しで、遠くに行ってしまう寂しさと頑張って欲しい気持ちで、持ち寄り送別会をしました。
送別会も急に決まったので、大げさな会ではなく、いつものように皆が集まって楽しく時間を過ごす感じ・・・です。
c0229312_5211730.jpg
私はサンドウィッチ。
手作りクロワッサンにハム&チーズをサンド。ホームベーカリーで焼いた玄米粉とコーンミール入りの軽い食パンのサンドには、甲州市塩山高校近くの窪田精肉店で買って来た厚切りベーコンフライ・鳥のから揚げ・銀座ローマイヤのロースハムを自家製ポテトサラダや卵サラダと挟みました。
c0229312_5255643.jpg

他の友達は焼きそば・マカロニサラダ・から揚げなどを・・・。
毎回とっても美味しいから揚げを作ってくれる友達が今回してきたから揚げを一口食べて「?!」。いつもの味ではなく、甘い!!聞いてみると、醤油等で下味を付けた鶏肉をホットケーキミックスにくぐらせて揚げたそうです。しょっぱい肉とふんわり&サックリ甘い衣も全然アリ!!初めて食べたけど、とっても美味しかった~。
c0229312_5311595.jpg
キーマカレーは雑穀のアマランサス入り。プチプチたらこ風に見え、レンコンなどのお野菜も沢山入って栄養バランスもOKです。子供も食べれる辛さに仕上げてくれた、優しい味です。皆、本当にお料理名人で、レシピを参考にしなくっちゃ!!

c0229312_5163023.jpg
で、私は「キャラメルとオレオのムース」も作りました。普通のスポンジケーキやシフォンケーキも考えたけど、子供も多いし食後に食べるので、ムースにしました。移動中の車で少し崩れてしまったり、この子供っぽい(センスの無い)飾りにも喜んでもらえて、私も感激。
子供達がカラオケで歌のプレゼント。全然アニメソングだけど、子供達的には引っ越す家族を応援する気持ちが一杯だった・・・と思う(笑)


写真奥は石和・槌や「チーズズコット」です。ふわっふわで、キメの細かいスフレタイプのチーズケーキでとっても美味しい~♪丸い形も可愛い!!

18cmのセルクル型:オレオ13枚は袋に入れ麺棒で細かく砕き、溶かしバター60gと混ぜ合わせて型の底にぎゅーっと敷き詰めて冷蔵庫に入れる。ゼラチン15gと水70ccにふり入れる。上白糖120gとお湯大さじ2をフライパンで濃いキャラメルを作り、温めた牛乳400ccを加え火を止めて、予熱でゼラチンを溶かす。卵黄2個を泡立て器ですり混ぜて、温かい牛乳を加え、ザルでこして別のボールに移す。氷水を当てながら、とろみを付ける。あわ立てた生クリーム200ccと混ぜ、冷やし固めたオレオ台に流し、冷蔵庫で2時間以上冷やす。
by makipan-t | 2011-04-27 06:03 | お菓子 | Comments(0)

手打ち中華麺

麺類は子供も旦那さんも大好きなので、夕飯に週1~2回以上は出します。
でも結婚する前、実家の母は休日の昼食以外に麺類を出す事はなく、シチューなんかの時はパンでの夕飯もありましたが、ほぼご飯でした。山梨に来てからは、うどんやほうとうなども麺類が夕飯になったりして、旦那さんのおばちゃんとほうとうを作った事もありました。大きな麺棒とのし板が在って80後半のおばあちゃんと一緒に作ったのは、とっても楽しかった思い出です。(息子の保育園がお寺で経営していて、園の敷地内にお墓があるので、ほぼ毎日寄り道して“行ってきます”の挨拶をしてるんですよ~)

c0229312_1511389.jpg
今回、初めて中華麺を打ってみましたが、ゴマ油と卵黄が入っててうどんよりも生地が伸び易く、湯で時間も短めで簡単でした。

2人前
大きなボールに卵黄1個分・ゴマ油・塩・水1/2カップを入れて良く混ぜる。薄力粉100g・強力粉100gを合わせて、振るいながら半量加え滑らかになるまでグルグル混ぜる。残りを振るい入れ十分捏ねる。(ビニールに入れ足で踏んでもOK)1時間以上寝かせて、生地を薄く伸ばす。5mm幅に切て、たっぷりのお湯で茹でる。冷水で締め、ごま油をまぶしておく。
しょうが・ニンニク・長ネギ・豚ひき肉を炒めて、砂糖・酒・味噌・醤油で味付けした温かい肉味噌を乗せて頂く。大人用には長ネギと豆板醤を添えると美味しいですよ。

c0229312_15184073.jpg

山梨に来て、春になるとぶどうの芽の天ぷらも必ず揚げます。巨峰の芽の天ぷらです。ぶどうの蕾の部分がモチモチしていて微かな酸味も美味しいです。品種によって微妙に味が違うのも面白いです。写真の奥の緑色が濃いのは、うどの芽の天ぷらです。爽やかな香りで、塩を振って頂くと子供もパクパク食べます。茹でたうどは全然食べないのですが・・・。
by makipan-t | 2011-04-25 15:23 | 料理 | Comments(2)

キヴィス(笛吹市一宮町)

一宮にあるキヴィスは女性一人で営んでいる素敵なカフェです。メニューは決して多くは無いけれど、自家製のパンに食材のこだわりを感じ、一人でも行ける落ち着いた感じが好きです。
c0229312_9313781.jpg
 本日のスープとパン(600円)
アスパラのスープに小松菜パンと人参パン。サラッとしたスープにはオリーブオイルと黒コショウのアクセントが生きています。
c0229312_931509.jpg
トマト煮込みハンバーグ(950円)
沢山のサラダが付け合せになっていて、トマトソースが美味しい。古い和食器で提供されるのも新鮮な感じがします。パンも3種類付いてきます。

ゆっくりと食後のお茶も楽しみました~。

c0229312_9512560.jpg
写真上:ビスコッティー(2枚200円)岩手産小麦粉にキビ砂糖を使用した本日のビスコッティーはチョコとピスタチオ。しっかりと固いタイプで、チョコもビターで甘くない。奥はチャイに付いてきた黒糖お豆です。
c0229312_9513697.jpg

写真上:キヴィス風チャイ(550円)牛乳と豆乳が選べるので豆乳を・・。スパイスも柔らかい感じで飲みやすく、キビ砂糖としょうがシロップが付いてくるのでお好みで加えると美味しいです。特にしょうがシロップを加えるとよりスパイシーで体もぽかぽか温まり、幸せ~。

写真下:季節のチーズケーキ(400円)春らしく苺のベイクドチーズケーキで、とっても美味しかった!!クラッカーの上に敷かれた苺ジャムや、チーズ生地にマーブルに入った苺とお皿の苺ソースで、フレッシュ苺は無いのに苺を堪能出来ます。今回の一押し!!
c0229312_101206.jpg

Kivis 喫茶キヴィス 
笛吹市一宮町中尾651  0553-47-6244
火曜定休と毎月最終月曜休み  営業時間 11:30~20:00(LO)

by makipan-t | 2011-04-22 10:10 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(2)

マフィン風リンゴケーキ

c0229312_55059100.jpg

私のホームベーカリーは、4年以上使用している「MKベーカリー ふっくらパン屋さん」という機種で、購入した時にすでに古いタイプだったので、現在の機種の様に米粉対応やイーストの後入れ機能も付いていないシンプルな物です。

でも、フランスパン風やスイートパンメニューなどはあり、このケーキもマフィン風メニューで焼きました。

マーガリン(普通のパンに塗るマーガリン)120gに砂糖100g・卵4個・牛乳40ccを混ぜる。ざっくり合わせればOK!!薄力粉320g・ベーキングパウダー大さじ1を振るい入れ、粉が馴染む程度に大体混ぜる。ホームベーカリーに入れてマフィンコースにかける。生地を捏ねている途中でリンゴを甘く煮た物200gとクルミ50gを入れる。

私の機種で捏ね20分、焼きが100分です。かなり沢山焼きあがる配合(写真が16枚にスライスしたのです)なのでラップに包んで冷凍してます。
by makipan-t | 2011-04-21 06:04 | ホームベーカリー | Comments(2)

B・phochai-ポーシャイの家 甲府市中央

無料の山梨情報マガジン「晴耕雨読 2009.秋号」に載っていたエスニック料理に、店主のエイミーさんオリジナルの雑貨などを扱うお店で、「こんなに素敵な店が甲府にあったのか?!」って思うほど、完成され手入れの行き届いたお庭兼テラスがあり、店内も布を沢山使用しエイミーさん自らがほどこした落ち着いた上品な空間です。元工場だったのを改装したという、鉄筋の梁や高い天井もインテリアの一部みたい。センス抜群で、内装アドバイザー的な仕事もしてるとか・・・。
c0229312_552396.jpg

ちなみにエイミーさんは東南アジアの方ですが、日本語が流暢で、イタリア育ちで世界中を旅した方なのでメニューはトムヤンクンから生パスタまで幅広くあります。朝は4時ぐらいに起きて庭の手入れ・店内の掃除、パンを焼いて、ケーキを仕込み・・・それら全てを一人でこなしているそうです。混んでいる時は「忙しい~忙しい~」と言いながら笑顔のエイミーさん。とってもパワフルで前向きな女性です。
c0229312_6105261.jpg

今回ランチで頂いた「どどろん~ビーフカレー」はカレー類で一番人気。1週間以上煮込むみ沢山は仕込めないので、品切れも度々あるそうです。その時によって牛肉の使う部位やタイプが変わるそうで、今回は上にステーキみたいな大きいお肉が乗ってました。ご飯は餅米でもOK!!ココナッツの甘さにスパイスの華やかな香りで、日本のカレーとは全く違う・・・さらってしてるのに、味は濃厚で“どろろ~ん”の部分に何が入っているのかも分からないけど(スパイスに詳しくないので・・)とにかく美味しい!!
c0229312_6281690.jpg
「トム ヤムピザ」はクリスピータイプにトムヤムソースを塗って、エピやお肉、きのこ・トマトなど沢山の野菜がトッピングされていて大満足~。
甲府市中央3-11 055-222-9998 木曜定休(不定期に休むそうなので確認を)
OPEN10:00~21:00 CAFE11:30~21:30


「B・phochai ポーシャイの家」に置いてあるシックで素敵な家具は友人がしている「YAYAPAPUS」(←飛んでHPが見れます。本当に素敵なアジアン家具と雑貨が沢山ネット販売してるので見てください!!)の物です。今まではネットのみでしたが、6月には甲斐市にお店がオープンします。現地で自ら買い付けしたり、職人さんに作ってもらったオリジナル家具が、とっても安く買えます。
アイコンの所にお店がオープンします。私も大変楽しみ~。
by makipan-t | 2011-04-16 06:41 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(5)

玄米ベーグル 黒ごまクリームサンド

「米を愛する者は日本を救う」って言うフレーズを聞いて、単純な私は玄米ベーグルを作りました(笑)
生地に炊いた玄米を加えてみました。モッチリ感はアップしますが、玄米の味・食感は強すぎず優しい感じ・・。
c0229312_101188.jpg
この玄米ベーグルに黒ごまクリームをサンドしてみました。
私はごまが大好きで、クッキーや餅やヨーグルトに入れて毎日食べてます。炒ったゴマをすり鉢で(テレビを見ながら)気長に当たりペースト状にして、豆乳と米粉で作ったカスタード風クリームと合わせました。下写真
c0229312_10123611.jpg
ゴマの味がして、美味しかったです。冷やして食べてもいい感じです。
が、配合のメモを一生懸命取っていないで、適当に作ってしまったので、このクリームがもう一回作れるか心配・・・。
c0229312_9445072.jpg
今回、お友達の妹さんがプロのデザイナーの方が居て、マキパンロゴを作って頂きました!!

何回かお会いして話をしイメージを一緒に固めて、沢山の試作を作ってもらった中から、こんなに素敵なロゴが完成です~♪
親しみ易いようにカタカナ表記にして、沢山のベーグルの種類の中の紫はぶどう、グリーンは勝沼の自然を表現してもらいました。
c0229312_9522557.jpg

下の、ベーグルの中に「マキパン」って入ってるのも可愛く、これも使いたいです。

ロゴを作ってもらった方は、美大を卒業後にデザイン事務所に就職して、企業のロゴや商品デザインを開発してる人なので、私の漠然としたイメージをすらすら形にしてくれました。
本当にありがとうございます。
by makipan-t | 2011-04-14 10:20 | ベーグル | Comments(4)

手打ちうどん

手打ちうどんで夕飯です。春なので、うどの芽の天ぷら・うどの自家製酢味噌和えなどと・・。
手打ちうどんは旦那さんの男友達が得意で、みんなでうどんを打つのが年越しのイベントです。我が家でも打つようになり、子供が食べやすい様に薄力粉を混ぜたり、地粉を使ったり・・・毎回違ううどんが出来上がり、面白いです。
c0229312_994370.jpg

2~3人分・強力粉・薄力粉各125gに塩大さじ1/2、水100cc(様子で水を加えるけど、入れすぎるとコシの無い麺になってしまいます)を加えて良く捏ねる。固くって捏ねるのが大変ですがある程度まとまればOK。ビニール袋に入れて足で踏んで捏ねる。生地を3つ折にしてまた踏むのを繰り返して、滑らかになったら30分~寝かせる。(途中で1~2回踏んで折る作業をするとコシが出て美味しいです。)生地を薄く伸ばし打ち粉をたっぷり振って切る。お湯で10分ぐらい茹でて完成。(茹で時間は麺の太さで大きく変わるので味見しながら決め下さい)

ワインは勝沼朝市で購入した「大泉葡萄酒 昭和三十八年 継ぎ足し」です。その名の道り、甲州ワインを継ぎ足した一升瓶で、ブランデーのような独特の味です。甲州ワインですが発酵がしっかり進んでいるので黄色が濃く、辛口です。「昔はみんな継ぎ足しでワインを仕込んでいたので、この味が甲州ワイン本来の味だと言う地元の方もいるんですよ」と・・・。しかも1升瓶で1000円と格安!!沢山飲んじゃいました~。

c0229312_933975.jpg
いよいよ桜も終盤ですね。

まだお花見に行ってないですが、天気が良いので息子の保育園の送り迎えは歩いてます。子供と一緒でも10分ぐらいの距離で、のどかな畑道を行きます。つくしも沢山出てたり、タンポポも満開でほっこり幸せ気分に・・・。
by makipan-t | 2011-04-14 09:38 | 料理 | Comments(0)

地元野菜のベーグル・・・

JAの直売所や道の駅などで購入した地元の野菜などを使ったベーグル作りにこだわってます。
その土地で今食べれるものを美味しく食べるのが、一番元気になれそうだし、野菜などを作ってる人のも喜ばれるのでは・・・って思って。

c0229312_1014613.jpg
生地にころ柿の皮のチップ(以前紹介して里の駅で購入したもの)を加え、旦那さんのお母さんが作ったころ柿をブランデーに少し付けて風味をプラスした物とクルミをたっぷり巻きました。何処を食べてもころ柿が感じるようにしました。(でも、普通に買うところ柿は高価な贈答用なイメージなので、こうしてお母さんがくれた物でないと、惜しみも使えない・・。)
自然な甘さで、和菓子みたいなベーグルになりました。お茶に良くあいます。
c0229312_1082376.jpg

地元のお米を挽いた「米粉」をJAの直売所で購入したので、強力粉に混ぜて生地を作り、そこに人参を加えました。人参は同じくJAで買った、小さいけ人参の味がしっかりするのを、軽く煮てプロセッサーで細かくしました。中と外にチーズを乗せて、香ばしく焼きました。米粉入りでさらにモッチリ&しっとり。生地がオレンジになるほど沢山加えた人参の味はあまりせずに、子供にも人参と知らないうちに沢山食べてました。でも、せっかく美味しい人参だから、人参らしさを生かしたいな・・・。

c0229312_10155562.jpg
コレは「ふき味噌ベーグル」。
ぶどう畑の隅に出てくるフキを軽く茹でて、自家製味噌とかつお節・みりんなどを加えたふき味噌を、上記の米粉入り生地に巻き込んでみました。生地には炊いた玄米も加えて、モッチリと噛み応えをプラス。茹でた後に「みそ工房」さんの山梨県産のえごまを付けました。えごまはしそ科の植物で、プチプチとした実はごまにそっくりです。ごまよりも栄養科は高いのですが、栽培する方が少なく、山梨県産のえごまは本当に貴重品だそうです。
ちょことしたフキの苦味と、味噌の味が玄米入り生地と良く合う。なかなか旨い・・・。
by makipan-t | 2011-04-12 10:24 | ベーグル | Comments(2)

おからと玄米・菊芋のコロッケ 

最近の私のお気に入りの本がコレです。

おいしい料理は素材からつくろう!

濱口 正遠 / 東京地図出版

図書館で新書として入ってたのを借りて来てすっかり夢中です。那須高原にある「アワーズダイニング」というレストランのシェフが自ら作るベーコン・ハム・納豆や白玉粉などのレシピを紹介した本で、自然農法で自家栽培した野菜を使った料理は、生き生きとしていて本当においしそうです。私も本に紹介されている「玄米粉」「練乳」などを作ってパンに使ったりしてみました。市販品よりも柔らかい味で、手間をかけた分だけ美味しく感じます。

c0229312_6182342.jpg
写真のコロッケも本で紹介されてたのをアレンジして作りました。勝沼朝市で買った「みそ工房」さんの青豆おからと、GreensKitchenさんの菊芋と玄米で作りました。
フライパンに皮を剥いた菊芋・人参・長ネギ・しいたけ・豚挽き肉をごま油で炒め、おからを加えて炒る。玄米にダシと醤油・酒・みりん等で味を整え、水で溶いた玄米粉とパン粉を付けて揚げる。
衣を付ける前の状態は↓こんな感じ・・・。
c0229312_6235791.jpg

玄米入りなので、おからだけよりもパサパサせずに食べやすく、醤油でもソースでも合う和風コロッケです。栄養もたっぷりだ~。


今回初めて菊芋を使ってみましたが、生だとシャキシャキしてて火をしっかり通すと里芋みたいにホクホクです。生姜サイズの小さい芋なので皮を剥くのが大変ですが、残ってても気にならないので、適当に剥いて“豚汁”“きんぴら”に使ってます。
by makipan-t | 2011-04-12 06:24 | 料理 | Comments(0)

ビストロ・ミル プランタン (甲州市勝沼町)

2ヶ月に一回無尽の食事会をしているのですが、今回は開催すべきか少し悩んでいました。
でも「いつまでも私達が元気をなくして、自粛した生活を送っていると外食産業の人が倒産したり、失業する人が沢山増えて、益々日本が沈んで行くような気がするんだよね・・・。もちろん無駄使いやエネルギーの浪費はダメだけど、私達は普段道りの生活をして行く事が大切だと思うよ。」と言った友達の言葉に、心から共感し、勇気をもらいました!!

c0229312_10345876.jpg
今回お邪魔した「BISUTORO MillePrintemps」は以前ランチを食べた事があり、オーナーさんが地元の食材にこだわり、ベーコンやハムなど出来るだけ自家製を提供して下さる大変美味しいお店で、無尽仲間の家からも直ぐ近くです。

(上写真)前菜には「そば粉のガレット」たっぷりの新鮮な野菜にスモークサーモン・ミニモッチェレラが盛られてサッパリとしてます。あと「田舎風テリーヌ」にはフォアグラやピスタチオも入り濃厚なのに、くどくありません。
c0229312_10423759.jpg
「野菜のオーブン焼き」と「きのこのココット蒸し」野菜の方は、シンプルな野菜の旨みがぎゅーっと詰まって甘い。きのこは沢山出たスープをフランスパンに付けて食べると最高~!!野菜だけなのに、こんなに美味しいって・・スゴイ。
写真内の猫の湯のみは「勝沼朝市限定 大泉葡萄酒の甲州ワイン」です。湯のみで1杯400円とお手頃で、飲みやすく料理とも合う。(4月3日の朝市で私も2本購入しました)
c0229312_1049082.jpg

メインは「シュークルト」ドイツ料理で言う「サワークラフト」です。自家製ベーコンに豚ロース・ウインナー・じゃが芋とボリューム満点!!マスタードの酸味とスープを吸った柔らかいキャベツが美味しい。さらに、きのこのパスタも頂きました。ニンニク・ベーコンのしっかりした味付けで、満腹。

料理を皆で取り分けて食べ、少しずつ沢山の料理を楽しめて良かったす!!ディナータイムは自分の好みの一品料理をオーダーするスタイルだそうです。予約して置くとコース料理も4500円~してくれるそうです。

c0229312_112453.jpg
デザートに「フランボワーズのムース」と「クレーム ブリュレ」を・・。デザートまでシェフ手作りだそうですよ。

BISTRO MillePrintemps ビストロ ミルプランタン
甲州市勝沼町下岩崎2097-1
定休日:水曜日  
0553-39-8245

(ブログしてるので検索してみてください)
ちなみにミルプランタンは「千の春」の意味。
オーナー夫妻の奥様のお名前の千春から取ったらしいですよ~♪
by makipan-t | 2011-04-05 11:12 | 食べ歩き・・cafe・レストラン | Comments(4)