<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Natural High!

お久しぶりです!!
5月になりぶどうの畑の農作業が忙しくなり、全然パンやお菓子作りから離れてしまっています。ぶどうが落ち着くまでの、半年間は更新頻度がゆっくりになってしまいます



c0229312_10522879.jpg

山梨県道志村 道志の森キャンプ場で行われた EARTH DAY CAMP Natural High!に友達ファミリーと参加して来ました!!
我が家にとっては初めての野外フェス参加でしたが、フェス常連の友達がキャンプ道具からチケットまで手配してくれたので、本当に何の準備もせずに楽しませてもらいました(ありがとうねっ!!)
c0229312_11301810.jpg
Natural High!ではアーチストも多数参加して音楽を楽しみながら踊れる他、カヌーやワークショップも多数出ていて普通のキャンプでは体験できない盛り上がりを、子供も一緒に感じられ日中~深夜まで遊べました。
普段は超~インドアな我が家もライブでアーティストが演奏するのを聞いて、野外で聞く音楽の力に感動。
それにフェスに来ている全ての人がスゴイ優しい方ばかりで、何だか幸せな気分に・・・。
c0229312_1143557.jpg
テントの中で寝袋で寝る体験をしたり、初めての事が沢山。川でジュースを冷やしたり、トイレに行くのも数分歩かないとダメだったり、洋服が濡れても着替えがなかったり・・
普段の生活が、とっても便利な事に子供も気が付いてくれた様でした。(私も本当に実感しました・・・)
c0229312_1161428.jpg
c0229312_116254.jpg
おいしい料理を提供しているテントも沢山あり、色々味わえちゃうのに感動~。東京カレー番長のカレーブースもあり、家庭のカレーとは一味違うスパイスの効いた本格的カレーをみんなで試食です。さすがに旨い!!
c0229312_11105589.jpg
素朴な焼き菓子も、味見で買ってみました。ちょっとパサパサだったな・・・。

夜は塩山の窪田精肉店のボリューム満点のステーキのBBQにおいしいワイン。ステージから流れてくる音楽と川の音が最高!!
c0229312_11401750.jpg

5月23日は旦那さんの誕生日。 みんなで準備してサプライズパーティーを、深夜0時にしました!!
チョコ・イチジク・コーヒー入りのマーブルバターケーキを旦那さんに内緒で焼き、ろうそくを沢山指し、メルシャンの甲州種のスパークリングワイン「泡」で乾杯です。36歳になっても祝ってもらえるなんて、本当に素敵な友達・・・。
c0229312_5194693.jpg

by makipan-t | 2010-05-24 12:06 | Comments(2)

和風ポテトグラタン 和風長ネギパスタ

めんつゆ(3倍濃縮)を使った和風レシピです。だしも使わず味が決まるので、重宝します。
しかも、めんつゆを使うと洋風なメニューもご飯に合う様になるので、不思議です。

c0229312_722425.jpg
和風ポテトグラタン(4人分)
じゃが芋3個は太目のマッチ棒状に切り、水にさらす。水分を軽く切って、耐熱皿に並べラップして5分加熱。柔らかくする。
フライパンにオリーブ油大さじ11/2を入れ、長ネギ1本・シメジ1/2パック・豚肉150gを炒め、塩コショウ。薄力粉大さじ2を全体に振り入れる。冷たい牛乳200ccを少しずつ入れ、トロミが出たらめんつゆ大さじ2を加え、じゃが芋をからめ、グラタン皿に移しピザチーズ30gを散らし、チーズが溶けるまでオーブン等で焼く。


和風長ネギパスタとミルクスープ(2人分)
c0229312_6522243.jpg

卵黄2個を小さい容器に入れ、めんつゆ大さじ2を入れ、半日~一日置く。長ネギ11/2本は薄きりにし、オリーブ油大さじ1をからめ、ラップなしで3分加熱。3cm幅に切ったベーコン3枚を加え、さらに1分加熱。スパゲッチィー180gを茹で、皿にもり、ネギ・卵黄を乗せ、塩昆布を適量散らす。全体を良く混ぜ頂く。

漬けた卵黄が麺に良くからんで美味しいですよ。塩昆布が全体の味を引き締めます。

余った卵白と同じ材料で、スープを作る。鍋にバター10gを入れ、長ネギ1/2・細かく切ったベーコン1枚を炒め、牛乳250cc・水200cc・めんつゆ大さじ1を入れ煮立たせる。卵白2個に粉チーズ大さじ1を入れ、少しずつ流しいれ火を止める。好みで黒コショウの荒引きを引く。
by makipan-t | 2010-05-09 07:05 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

麻屋ブラン グレースルージュ芽が岳

c0229312_62913.jpg
母の日に夕食に「花鳥風月 麻屋ブラン」(2000円)を開けました。我が家で初めて飲む甲斐ブランのワインです。独特の香りと、強い酸味が個性的な辛口で、酸の効果で後味が非常にサッパリとしています。コシアブラの天ぷらなどの和食にも良く合いますが、好き嫌いがハッキリ出そうなワインです。

“甲斐ブランは国産白ワインの製造を目的に甲州種とピノブラン種の交配により生まれた山梨県オリジナルのワイン専用品種です。勝沼町産の甲斐ブラン種を低温で丹念に仕込み繊細な果実味の中にあるしっかりとした酸を生かしてバランスのとれてた辛口ワインに仕上げました。山梨・勝沼の風土が表現された味わいをお楽しみ下さい”とラベルの説明にあり、自家農園で栽培された甲斐ブランで生産しているようです。
c0229312_6151595.jpg
中央葡萄酒のグレースルージュ芽が岳は“山梨県北西部に位置する芽が岳山麓で収穫された赤ワイン専用品種を中心に、オーク樽で熟成しました。”とラベルにあり、ベリーAとカベルネソーヴィニヨンで仕込まれたミディアムボディです。

オーク樽の香りも強すぎず、クセがなく、葡萄の感じも生かした、非常にバランスの良い美味しいワインです。すっきりとした甘さで、ついついグラスを重ねたくなる味わいです。
中央葡萄酒はラベルがシンプルで素敵だし、どのワインの味も洗礼されていてさすが、勝沼を代表するワイナリーの一軒です。
by makipan-t | 2010-05-09 06:27 | ワイン | Comments(0)

パンエボン パティスリーコウ(甲府小瀬) 

c0229312_122265.jpg
NEW OPENのパン屋さんに行って来ました。以前は甲府で「東風」と言う天然酵母のパン屋さんをしていた姉妹が、新たに始めたお店だそうです。小瀬のグラウンドの東側の住宅地に、自宅を兼ねて作られた、温かみのあるパン屋さんです。

pan e bon は「パンと絵本」と言う意味。売り場の半分にパンやお菓子の絵本を販売しており小さいながらも、可愛いお店です。今後、絵本に登場するパンも増えるんじゃないかと勝手に期待してます(笑)

パンの種類は自家製の天然酵母のハード系がメイン。でも、メロンパン、マフィンや惣菜パンもあります。
c0229312_12341562.jpg

11時のオープン前にお邪魔したのに、店内に入れてくれてました。
食パン・・・リーンなタイプの食パンで塩味がしっかり付いている。トーストした方が粉の美味しさが分かりやすい。塩えんどうのカンパーニュ・・・天然酵母なのに、酸味が穏やかで、モチモチし過ぎずふわっとしていて食べ易い。えんどうの塩分の所が美味しい。もっと沢山入れて欲しいし、錬り込んで豆の原型が無くなってしまっているより、豆の形のまま入ってる方が美味しそう。バターロール・・・口に入れると、ふわっと軽く、口溶けも良く上手に出来ているパンだ。卵の優しい甘さを感じる。レトロプティバケット・・・大きい気泡が沢山入っていて、断面が美しい。クセの無い天然酵母で、粉の美味しさがダイレクトに分かる。クレストは薄いがもっちりとした、噛み応えがあり旨い。
pan e bon パンと絵本の店
甲府市小瀬町1295-11
電話番号:055(287)8473
定休日:日曜・月曜
営業時間:AM11:00~PM6:00


c0229312_1257915.jpg

ついでに、甲府商業前のPATISSERIE KOHに寄って着ました。シンプルなインテリアの店内にはショートケーキやモンブランの定番ケーキなどが十数種類に、焼き菓子が並んでいました。
今回は夕食後のデザート用に、小さい生菓子を少し買いました。

シュークリーム・・・カスタードと生クリームが合わさった、ミルク
            っぽい滑らかクリーム。優しい甘さと味。
            皮がしっかり焼かれていて軽い。
なめらかプリン・・・表面に乗ってる7分立ての生クリームと
            同じ固さの、ババロアみたいなプリン。
            甘くなく、ハッキリとした味が無いので、
            後半になると生クリームがクドク感じる。
チーズケーキ・・・・レアチーズとスフレチーズの中間の食感。
            しっとりしていて、クリームチーズの味は
            あまりせず、ぼんやりと優しい味。

PATISSERIE KOU
甲府市小瀬町68-6
電話番号:055(244)1023
定休日:火曜・第一月曜
営業時間:AM10:00~PM19:00

c0229312_13165155.jpg

  

                           
                  
by makipan-t | 2010-05-07 13:22 | 食べ歩き・・パン | Comments(0)

コーヒーチョコ・柚子マンゴー・ブロッコリーウインナー・ネギみそベーグル

最近作っているべーグルは、高橋雅子さんの本「ゆっくり発酵ベーグル」の生地で作っています。
その名の通り、全体で2日間ぐらいかけて、ゆっくり発酵させて作ります。仕上げ発酵してから冷蔵庫に入れると、表面に火ぶくれが出てしまいますが、生地は熟成されて美味しくなります。
私はあんまり、もちもちと固いよりも、少しフカフカしている感じが好きなので、本よりも水を多く入れて作ります。スイートタイプにも惣菜系にも合う生地で、ベーグルを作る時は、色々な具を試して新しい味を作りたくなります!!


c0229312_13413863.jpg
基本生地(8個分)
強力粉500g・塩8gをボールに入れ、イースト小さじ1/2とはちみつ30gを25度の温水280ccで溶かして加える。柚子ジャム・ブロッコリーをそれぞれ生地に混ぜ込んでいく。丸めて、ラップし室温で2時間発酵。その後冷蔵庫で一晩発酵。1種類を2分割し、20分ベンチタイム。具を巻き込んで、ぬれ布巾+キャンバス+ビニール袋をかぶせ室温で2時間発酵。さらに冷蔵庫で数時間発酵し、砂糖を加えたお湯で両面茹で、200度で20分焼く。
c0229312_13582977.jpg
上からコーヒーチョコベーグル生地にインスタントコーヒー小さじ1を混ぜ込む。成型の時にビターチョコチップをたっぷり巻き込む。ほろ苦い大人のチョコベーグルです。
柚子マンゴーベーグル生地に自家製柚子ジャム大さじ1を混ぜ込む。なかなか混ざらないので気合を入れて混ぜる。水で戻したドライマンゴーとワッフルシュガーを巻き込んで成型する。
柔らかく戻したマンゴーと溶けたワッフルシュガーがジュウシーで、甘いベーグル。柚子風味の生地も美味しい。
c0229312_145177.jpg
ブロッコリーとウインナーベーグル生地に茹でたブロッコリーの微塵切りを混ぜ込む。ウインナーを輪切りにした物と、フレーク状のシチューの素(いちやまの和風シチュー)を小さじ1ずつ巻く。ケトリング後ピザチーズを乗せて焼く。
ブロッコリーの水分で一番生地が柔らかい。シチューの素を一緒に巻いたが、ウインナーの味が前面に出てしまい、味はしない。しかし、今回のベーグルの中では一番人気。香ばしいチーズとウインナーが焼きたてに食べると最高!!
c0229312_14134823.jpg
ネギみそベーグル成型の時に自家製ネギみそを小さじ2弱といりゴマを巻く。ケトリング後いりゴマと青海苔を散らし、落ちない様にピザチーズを上から乗せる。和風のお惣菜パンです。シンプルな生地は白米の美味しさがあり、ネギみそも合う。少し前なら、ふき味噌で作っても良さそう。
by makipan-t | 2010-05-05 13:40 | ベーグル | Comments(0)

カスタードとチョコのちぎりパン

自家製カスタードとチョコの二種類をそれぞれ包んで、ランダムにケースに戻して発酵~焼きの工程に入ります。
どちらが出るかは、ぽこぽことした山をちぎってのお楽しみです。子供も手でちぎるのが楽しくって、沢山食べてくれます。ジャムやチーズなど種類を増やしても楽しいですね。
c0229312_12302292.jpg

1斤分:牛乳150g・水60g・砂糖40g・塩5g・イースト5g・強力粉300g・バター30gをセットし、スタート。仕上げ発酵になる前に、生地をキャンバス地に取り出し、16~20分割する。(生地の大きさは適当で) カスタードとチョコチップをそれぞれ包み、溶かしバターを表面に塗ってケースに戻す。(少しちぎり難くなりかすが、溶かしバターを塗るのが面倒なら、省略可。出来るだけ10分以内でする)

簡単カスタードクリーム:全卵1個に砂糖大さじ3をすり合わせて、薄力粉大さじ2を振るいながら加え、牛乳250ccとバニラエッセンスを加え、こす。耐熱容器に入れ、ラップなしで2分加熱。泡だて器で良く混ぜて、更に1分加熱。(様子を見ながら加熱を追加)ラップをピッタリして冷ます。

このカスタードは全卵を使用するので、柔らかくサッパリしてます。もう少しコクを出したい時はバター大さじ1を加えると濃厚になります。
by makipan-t | 2010-05-04 12:29 | ホームベーカリー | Comments(0)

2006ルバイヤートルージュ

毎年ゴールデンウィーク中に子供の日のお祝いを兼ねて、両家集まってBBQを我が家の庭でします。今年は友達に紹介してもらって、塩山の窪田精肉店にお肉を予約しておきました。
牛カルビが美味しいのはもちろんの事、豚トロ・柔らか豚ロースが大好評!!お肉の旨みが濃く、塩で最高です。
やっぱり、人気精肉店のお肉は美味しいなっ~

c0229312_13265943.jpgc0229312_13272012.jpg

















左のラベルの貼ってないワインは、自家製べりーAで作ってもらっている赤です。
毎年、旦那さんのお父さんが知人と合同で、ワイナリーで作ってもらっています。その年で味が大きく変化し、2009年ものはあじろんワインのようにフルーティーで、甘い感じのワインになりました。

右は丸藤葡萄酒の「2006 ルバイヤート ルージュ」(1596円)です。
鮮やかなルビー色の赤ワインで、爽やかな軽い飲み当たりです。メルロー、ベリーA、甲斐ノワール、カベルネをブレンドしたワインで、それぞれの良さが出た、初夏にピッタリの味です。

c0229312_15015100.jpg
c0229312_1503192.jpgBBQの前に勝沼朝市に行って、トマト・豆腐・こんにゃく等を買って来たので、新鮮なうちにテーブルへ・・。
焼き菓子の「日々」はいつものように大人気で、シフォンケーキは完売。この3つだけ買えました。
キャラメルクッキーはパリパリとした食感に、しっかり焦がした香ばしいキャラメルの味がしっかりする
クッキーです。チーズケーキは甘さ控えめで濃厚なのに、後味がさっぱりしています。
下のグラハムクラッカーも美味しい。パンプキンチーズケーキの方が甘く、かぼちゃのきれいな色が出ている程、味はせず食べ易い。

こんなに美味しく、優しい焼き菓子を女性一人で焼いて、週に2日だけ山梨市のお店で販売したり、朝市に出店したりして・・・なんて素敵なのか!!私の憧れです!!
by makipan-t | 2010-05-02 22:21 | ワイン | Comments(0)

チーズシュー(ペッパークリームチーズ・クルミとチーズ)

フランスではワインのおつまみに、チーズを入れたシューを合わせるそうです。
香ばしいチーズが美味しい、皮を楽しむシューです。
チーズはエメンタールやカマンベールで作るそうですが、手に入り易いクリームチーズとピザチーズにアレンジ。
絞り出し袋も使用しないで、スプーンでラフに鉄板に落として行きました。生地が大きく膨らむので、ティースプーン1杯づつで十分です。ちょっとした軽食や子供のおやつにピッタリです。

c0229312_15101277.jpg16個分
小鍋に水45cc・バター25g・砂糖1つまみ・塩1つまみを沸騰させ、振るった薄力粉30gを一度に加える。しっかり混ぜ、鍋底に薄い膜が張るようになったら、火から下ろす。ぬれ布巾に乗せて、解きほぐした卵1個を少しずつ加えていく。

半量を鉄板に落として、クリームチーズ10gづつと荒引きコショウを乗せる。残りにはピザチーズ20gを混ぜ鉄板に落としクルミを乗せる。霧をたっぷり吹いて200度のオーブンで25分焼く。途中で扉を開けるとしぼんでしまうので注意。
by makipan-t | 2010-05-02 15:03 | クイックブレット | Comments(0)

マヨネーズケーキ

いちやまマートの「美味安心マヨレーズを使ったレシピ」の優秀作品の「マヨレーズケーキ」を作ってみました。
“バターや卵を使わなくっても、手軽にケーキを焼けるんですよ!”と言うコメントの通りに、美味しいケーキが焼けました。マヨレーズの酸味は全くなく、表面がサクサク。中はしっとりしていて、ドライフルーツたっぷりでとっても美味です!!

いちやまマートの美味安心のオリジナルレシピ 
       ココから見れます→                いちやまマート

c0229312_1431778.jpg

ボールに美味安心マヨネーズ70gと砂糖70gを入れよく混ぜる。
牛乳90ccを少しずつ加えよく混ぜる。薄力粉130g・ベーキングパウダー小さじ1/2・シナモン少々を振る入れサックリ混ぜ合わせる。レーズン60g・ドライマンゴー60gを水で戻し、柚子ジャム大さじ1を加え、クッキングペーパーを敷いたパウンドケーキ型に入れ、170~180度で1時間焼く。途中で生地に切れ目を入れると、美味しそうに上面が割れます。(ドライフルーツは家にある物しました。子供も食べれるようにラム酒は使いませんでした。)
by makipan-t | 2010-05-02 05:22 | お菓子 | Comments(0)

ココアケーキ

ぶどうの新芽も日に日に伸びて、美しい緑色が広がり始めました。もう直ぐ畑も忙しくなります。
畑の時は午前10時と午後3時にお茶の時間をもうけるので、お茶菓子が沢山必要になります。
まだ余裕がある今の時期に焼き菓子を沢山作って、冷凍庫を一杯にいておきます。
c0229312_1455522.jpg

ココアケーキはバターではなく、サラダ油を使用しているので簡単に作れて、軽い食べごたえです。
生クリームやアイスを添えると立派なケーキになります。

直径21cmの型:卵3個をほぐし、上白糖90g・サラダ油1/4カップ・プレーンヨーグルト大さじ3を混ぜ合わせる。薄力粉150g・純ココア20g・ベーキングパウダー小さじ11/2を合わせて振る入れてサックリ混ぜ合わせる。オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し入れ、チョコチップ20gを散らし180度のオーブンで35分焼く。
by makipan-t | 2010-05-01 14:05 | お菓子 | Comments(0)