カテゴリ:料理( 203 )

秋の生鮭のきのこソース

c0229312_17314272.jpg


北海道から生鮭が届きました!!

1度も冷凍していない新物の秋鮭です。驚くほど大きなサイズの鮭に、出刃包丁で解体するのは大変でしたが、切りながらも美しい色と柔らかな身に感動です。


c0229312_17364066.jpg


「塩を振り数分置いて、出た水分をキッチンペーパーで拭き取ってから、料理に使うと臭みが取れて身もしまって美味しいわよ~」

って北海道の送り主さんからのアドバイス。

バターでムニエルにして、3種類のきのことバター醤油のソースで頂きます~!!

ホクホク・柔らかジュージィー。肉厚で食べ応えもスゴイ。


本当にご馳走です。




by makipan-t | 2016-09-15 17:40 | 料理 | Comments(0)

運動会 持ち寄り弁当

中学校の運動会が行われ、仲良し家族で持ち寄りにしました。

c0229312_1718359.jpg

お肉担当・・・私

塩麹漬け豚肉のとんかつ
牛肉のズッキーニ巻き
鶏照り焼き 卵マヨネーズ添え



c0229312_17192120.jpg

野菜担当・・・友達①

生春巻き 生ハム・チキンサラダ・大葉ちくわ
チリソースとマヨネーズを付けて!!レタスがシャキッと最高!!



c0229312_1721247.jpg

野菜担当・・・友人①

ピーマンとハムの春巻き
チーズのワンタン揚げ



c0229312_17221215.jpg

主食担当・・・友人②

豚キムチ・昆布・シーチキン・梅



c0229312_1723570.jpg

主食担当・・・友人②

五目おいなりさん


c0229312_1724884.jpg

差し入れ・・・旦那さん達

モンマーロのミックスサンド


持ち寄りお弁当を娘が中学生になった今年初めてしましたが、色々な味を食べれるし、準備も楽ちんで最高でした~。みんなでワイワイ食べるお昼ご飯は、何よりのご馳走でした。来年の中学運動会もこのスタイルで決定です!!





by makipan-t | 2016-09-11 17:16 | 料理 | Comments(0)

手造りウインナー

c0229312_1649938.jpg


皮なしの手作りウインナーは、簡単に作れて食べ応え満点!!お弁当や夕飯のおかずにも!!

c0229312_172458.jpg


何回も作るうちに、より簡単で覚えやすい配合になり、今はこの分量がお気に入りです。
混ぜ込むハーブもお好みの物で、青のりや七味唐辛子、レモンピールを加えても美味しいですよ。

c0229312_1754320.jpg

作り方(小6本)
豚ひき肉     150g
白ワイン(日本酒)、マヨネーズ、片栗粉 各小さじ1
バーブソルト   約小さじ1/2

c0229312_1772994.jpg

①材料を全てよく混ぜ合わせる。


c0229312_17754100.jpg

②手のひらでウインナー状に成形する。
③フライパンに並べ、中火で全面を焼く。

c0229312_17103063.jpg


ハーブソルトは写真のを使用しましたが、メーカーによって塩分が違うので量を調整して!!


c0229312_179255.jpg


コンソメで野菜を煮込んだポトフ(キャベツ・玉ねぎ、にんじん、トマト)の仕上げにウインナーを加えてみました。


c0229312_17115853.jpg


パンにサンドしても美味しいですよ。




by makipan-t | 2016-09-10 16:42 | 料理 | Comments(0)

チキンソテーのワンプレート

c0229312_1364961.jpg


・カリカリチキンソテー
・ジェノベーゼとトマトのパスタ
・舞茸のガーリックソテー
・きゅうりとハムのえのき合え

チキンソテーは水を入れてヤカンを鶏肉の上に乗せ、重しをしながら皮目から焼くとカリカリに!!この時に出た鶏の脂を取って置き、パスタを炒める時に使うとコクが出ますよ。

ワンプレートの時は、お皿の中で料理が混ざっても美味しい組み合わせを意識してます。混ぜたく無い料理は小鉢に入れて。




by makipan-t | 2016-09-03 19:04 | 料理 | Comments(0)

蟹ポテトクリームコロッケ

c0229312_18331675.jpg


私の大好きな料理研究家の1人『栗原はるみ』さんのレシピを我が家流にアレンジ~。

「ジャガイモ多めで、ホワイトソース少な目」が、ウチでは人気です。


c0229312_18372255.jpg


柔らかなクリームとホクホクのジャガイモに、蟹の旨味&コクが最高~~!!

ケチャップにとんかつソースを合わせたソースを付けても、そのままでも美味しいです。


c0229312_18412954.jpg


クリームコロッケを作る最大のコツは・・・具を冷ましてから成形&衣をつける事!!

ホワイトソースは冷蔵庫で冷やすと、ギュッと固くなるのでまとまり易くなります。コロッケの形に成形する時は、手にサラダ油を付けてすると上手に行きます。


c0229312_18444442.jpg


粉→卵→パン粉を付けて、少し高温の油でサッと揚げます。粉は茶こしで振りかけると、やり易いですよ。


揚げ立て、熱々をどうそ~。






by makipan-t | 2016-09-01 18:47 | 料理 | Comments(0)

すき焼きのっけ素麺

朝晩がすっかり涼しくなり、秋の気配を感じる様になりました。

ですが、我が家では素麺がまだまだ残ってます・・・(笑)

c0229312_15192673.jpg


そこで、温かい牛すき焼きを冷たい素麺の上にのっけてみました!!

しっかり味の染み込んだ牛すき焼きと、サッパリ素麺がなかなか美味しい。

温泉卵や紅ショウガをトッピングしても良さそうです。(牛すき焼きは、前日の残り物です)




by makipan-t | 2016-08-28 15:25 | 料理 | Comments(0)

豆乳めんつゆの肉みそ冷やしうどん

c0229312_132827.jpg


マイルドな味の「豆乳めんつゆ」をかけて頂く、夏野菜たっぷりの冷たい麺類。

豆乳4:めんつゆ(3倍濃縮)1 で合わせるだけで、いつもの麺類も変化が出ます。

豚ひき肉・生姜・ネギを炒めて、味噌・砂糖・日本酒で味付けした「肉みそ」と全体を良く混ぜながら頂きます。大人には豆板醤をプラスするか、キムチを添えると美味しいですよ。





by makipan-t | 2016-08-12 13:31 | 料理 | Comments(0)

夏のワイン会・・・料理編

c0229312_1359080.jpg

↑地元・山梨県勝沼町のワインと、イタリアワインを持ち寄って開催した、『夏のワイン会』

テーブルセッティングには、自宅のすぐ裏にある葡萄畑から採った巨峰の若葉をあしらってみました。IKEAで購入したテーブルシートは、シックで私のお気に入りです。


c0229312_1425119.jpg

↑前菜:冷製トマトの蟹とオリーブ乗せ

自家栽培したトマトは、細長いイタリアントマト・甘みの強い中玉・固めのプチトマトの3種類を混ぜてみました。

c0229312_145729.jpg

↑蟹のほぐし身とグリーンオリーブを合わせて、オリーブオイルと塩・コショウだけのシンプルな味付けで。しっかり冷やして、スパークリングワインと頂きます。


c0229312_1463526.jpg

↑帆立と舞茸のバジルクリームソース

ソテーしたホタテを、生クリームと自家製ジェノベーゼソースを合わせたソースとチーズを乗せて焼きました。まったり濃厚なクリームは、イタリア産白ワインと合わせて。


c0229312_14102716.jpg

↑新玉ねぎのバルサミコソテー チーズ乗せ
スモークサーモンとラクレットチーズ ズッキーニ

c0229312_14115876.jpg

↑じっくりローストした、トロトロの甘い新玉ねぎに、煮詰めたバルサミコ酢ソース。カリカリのチーズの薄焼きを乗せてみました。粗びき黒コショウをたっぷりと。

自家製ズッキーニはオリーブオイルで両面焼き、北海道・花畑牧場のラクレットと北海道増毛産スモークサーモンを重ねて。


c0229312_14152181.jpg

↑牛肉のトマト煮込み フィットチーネ

メインにもなる様に牛肉は、粗ひき肉とスライスの2種類を使いました。人参・玉ねぎ・マッシュルーム・ニンニクと一緒にトマト缶で煮込み、バジル・オレガノ・タイム・ローリエの香りもプラス。仕上げにパルメザンと生クリーム、フレッシュバジルを。

イタリアのビオ赤ワインと合わせる1皿。



今回はワインに合わせて、イタリアンな品をイメージしました。軟骨のから揚げ・サダラ・焼きそば・おにぎりなども友人が持ち寄ってくれる事になってたので、1皿のボリュームは控えめにしました。

「夏のワイン会」ワイン編(←ブログ記事へ)、デザート編はこちら。




夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!







,
by makipan-t | 2016-07-18 14:25 | 料理 | Comments(0)

おかわかめのおひたし

c0229312_15562614.jpg

↑スーパーで地元の有機野菜を販売しているコーナーで、珍しい野菜を発見しました。

甲州市塩山の農業法人山本ファームで生産しているそうです。

c0229312_15551217.jpg

↑その名は・・・〝おかわかめ”。

〝おかひじき”は食べた事ありますが、〝おかわかめ”は初めてです。

c0229312_15582084.jpg

↑少し厚手で、ツヤツヤした葉っぱです。
生のまま1枚食べてみたら、シャキシャキした食感の後に、ネバネバ・ツルツルした食感が口の中で生まれます。そして、えぐみと苦味が残るので、生食にはむいて無いと思います。

c0229312_163174.jpg

↑袋に入っていた「おススメ調理法」を参考に、熱湯でサッと5秒ゆで、冷水にとりザルにあけて、軽く刻みました。

c0229312_1643169.jpg

↑本当に、わかめみたい~~~。

刻んでる時にも、ぬめりが出てます。

c0229312_16542100.jpg

↑おかかとだし醤油で頂きました。

モロヘイヤやオクラみたいな感じで、美味しい~~。栄養たっぷりって味がしますよ。
時間が経つと黒く変色するので、食べる直前に調理すると良いと思います。

c0229312_1674074.jpg

↑ものすごい栄養素が多く含まれているそうなので、夏バテ防止に良さそう~。



夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!







,
by makipan-t | 2016-07-16 16:09 | 料理 | Comments(0)

夏野菜の小さなおかず

c0229312_193154100.jpg

↑鶏肉ズッキーニ

〝鶏ゴボウ”をズッキーニで作りました。少し甘めで濃い味にすると、美味しいごはんの友やお酒のおつまみになります。自家製の黄色のズッキーニを使ったので、カボチャみたいに見えますね(笑)

・・・作り方・・・
鶏もも肉は小さく切る。ズッキーニは半月の薄切りにする。フライパンで鶏肉を炒め、ズッキーニを加えめんつゆと砂糖を少し加えて、水分を飛ばすように炒める。



c0229312_19363297.jpg

↑油焼きナス、みょうが大葉のせ

真夏の様な日差しを受け、ナスが毎日沢山収穫出来ます。マーボーナス、天ぷら、蒸しナスなど、大好きなナス料理は多いですが、旦那さんの好物はコレ!!油多めで焼くとコクが出ます。食べる時に、ポン酢やめんつゆ・ノンオイル青シソドレッシングなど、家族が各自好きな物をかけてます。

・・・作り方・・・
ナスは半分に切り、切り込みを入れ2~3等分に切る。フライパンに多めの油を入れ、両面香ばしく焼く。お皿に盛り、大葉・みょうが・おかかを乗せる。



c0229312_1942411.jpg

↑長いもとオクラの甲州小梅あえ

自家製の甲州小梅は、カリッカリッと心地よい食感と、爽やかな酸っぱさが夏にピッタリ。お醤油を垂らして、ご飯に乗せたり、冷ややっこや素麺と一緒に食べるのも。

・・・作り方・・・
オクラは下茹でして、小口切りにする。甲種小梅は種を取り、細かく刻む。長いもは皮をむいて、粗みじん切りにし、全部をあえる。



c0229312_1947076.jpg

↑山梨県名物 甘いお赤飯

今月に誕生日を迎えたので、旦那さんのお母さんがお赤飯を炊いてくれました。

山梨県に嫁に来て、衝撃的に驚いたのが、お赤飯が甘い~~!!

もち米に甘納豆が混ぜられ、食紅に赤くしてあります。今ではすっかり慣れてしまい、山梨生まれの子供たちも違和感なくなべています。ゴマ塩を振って。



c0229312_19511367.jpg

年間を通してワインを愛飲してますが・・・こう暑いと〝シュワッ・ブハッツ~”と旨いビールの魅力に負けちゃいます(笑)今日もお疲れさまでした~。




夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!






,
by makipan-t | 2016-07-12 19:54 | 料理 | Comments(0)