カテゴリ:ワイン( 182 )

冬のワイン会・・・ワイン編

c0229312_1014010.jpg
↑乾杯のグラスは、勝沼醸造の『アルガブランカ ブリリヤンテ2011

昔ながらの製法で瓶内二次発酵させて作られた、甲州ブドウの発砲ワイン。1つ1つ手作業で瓶を回しながら、酵母による炭酸ガスを閉じ込めます。

c0229312_10191956.jpg
↑「燦然と輝くアルガの白」という名前の通り、美しいクリーム色と華やかな泡!!2011年のヴィンテージとは思えない生き生きとした香りと、爽やかな甘みと酸が大変美味しい~。香りも味わい・泡も長続きする、クオリティーの高い1本。また価格もハイレベルで1本約4900円。(自分ではなかなか買えない・・・)



c0229312_10225916.jpg
↑こちらも山梨県産甲州ぶどう100%で瓶内二次発酵させたスパークリング。甲州市塩山にある機山洋酒の『キザンスパークリングトラディショナルブリュット

持ち寄りワイン会で、偶然2本の甲州スパークリングが重なり、飲み比べが楽しかったです。(なんと贅沢な会になった事でしょう)

c0229312_10345673.jpg
↑キザンの方が黄色いが強く、ワインの熟成も進んでいます。ドライな感じが強く、大人の味わいがするのに、ヴィンテージは2012年で勝沼醸造よりも若いから、ワインとは不思議で面白いですね。1本約2880円。



c0229312_1040130.jpg
↑長野県塩尻にある五一ワインの自社栽培のブドウを使用した『エステート龍眼2014』。龍眼とは、長野で栽培されているシルクロードを経て日本にやって来た白ブドウで「善光寺ぶどう」とも呼ばれています。「白い花」のような独特の香りが特徴的で、やや甘口ですが食事と良く合います。特にフランス産のブリーや北海道産のカマンベールなどの白カビチーズと合わせると、最高!!1本約1620円




c0229312_1048139.jpg
↑長野県の小布施にある小布施ワイナリーは国産ワイン好きが注目するワイナリーの1件で、シャルドネが有名ですが、『シャルドネ ノンボワゼ』は自社ぶどう100%で樽発酵させていない1本。甘いリンゴの様な香りと共に、爽やかな酸味と土っ臭い様なテロワールを感じる味がします。飲みやすくて、とっても美味しい~。流通量が少ない、この「ノンボワゼ」はなかれな手に入らない貴重な物なので、飲めるチャンスがあって本当にうれしい~。1本約2100円



c0229312_1055512.jpg
勝沼醸造と言うと甲州種に特化に個性あるワインを生み出すワイナリーとして有名ですが、最近はベリーAにも力を入れているのです。『アルガ レティーロ カベント2013』は、甲府盆地の北西に位置する韮崎市穂坂地区のマスカットベリーAをゆっくり醸し、フレンチオーク樽に2年熟成させた本格的な赤ワイン。樽熟成が長い期間なのに、樽香が強すぎずベリーAの果実感もしっかりと残っているバランスが素晴らしい!!深い色合いに凝縮された旨味・・・こんなにレベルの高い赤ワインが山梨県産で作れるなんて感動しました!!1本約3700円。



c0229312_1122644.jpg
↑小布施ワイナリーの『オーディネール(赤)2013 メルロ カベルネ・ソーヴィニョン』樽香がしっかりと伝わる、重く深みのある赤ワイン。常温ぐらいで飲むと、ブドウ本来の香りと熟成が生み出す複雑な味わいが生みだす美味しさを堪能でします。しっかりとしているので、ブルーチーズやお肉と相性が抜群です。



今回のワイン会も飲み過ぎちゃいましたが(笑)、素晴らしいワインなので翌日にお酒が残る事もなく、心と体が元気になりました。ワイン・お料理・楽しい時間を本当にありがとうございました。
by makipan-t | 2016-01-18 10:40 | ワイン | Comments(0)

ソレイユ甲州 旭洋酒 (山梨市)

c0229312_1921548.jpg
↑国産ワイン好きな方が、注目している若手ワイナリーの1つ、旭洋酒(←HPへ)
山梨の風土にあったぶどう・ワイン作りに重きを置いて、日本食に合う繊細なワインを作る事で定評があります。ブドウの味が生き生きと感じられる、美味しいワインを作ります。

c0229312_19282930.jpg
ソレイユ甲州2014 1890円

・・・HPより・・・
4軒の契約農家による高糖度のブドウを用い、渋味を抑え香味豊かな果汁をえる目的でホール・バンチ・プレス※をしています。醗酵後は澱とともにタンクで貯蔵しフレッシュさと旨みを併せもつ辛口に、複雑さを生かすためノンフィルター生詰で仕上げています。夏から秋にかけて緩やかに熟成し味わいの変化を楽しむことができます。

夏場の日照不足でブドウの成熟が遅れた2014年ですが、甲州の収穫期には天候が回復し、例年より高い酸を保ちながら十分な糖度となりました。

枇杷、梨、八朔など透明感のある穏やかな香。酸に支えられた凛とした果実味が酒精の心地よい重みをともない持続します。




c0229312_1931112.jpg
↑一緒に味わった1品は、娘が作った「おつけだんご」。

小学校6年生の〝冬休みの友”に載っていたのを作ってくれました。東京出身の私は、「おつけだんご」を知らなかったんですが、山梨県大月市の郷土料理で、現在は「B-1グランプリ」にも出店されてるそうですよ。

c0229312_19351653.jpg
↑季節の野菜がたっぷり入ったお味噌汁の中に、小麦粉のお団子を入れた「すいとん」みたいな汁物です。モチモチとしたお団子は食べ応えがあり、お腹がいっぱいに。このような、昔から伝わる郷土料理にも甲州ワインは本当に良く合います。
by makipan-t | 2016-01-12 19:37 | ワイン | Comments(0)

インシアル カベルネ・ソーヴィニョン (くらんぼんワイン)

今年のお正月も、美味しいワインを沢山頂きました。すっかり普段の生活に戻ってますが、ワイン漬けの生活は終わらずにいます(笑)

c0229312_161364.jpg
↑甲州市勝沼町上岩崎にあるくらんぼんワインは、専務兼栽培醸造責任者の野沢さんが旦那さんと同級生と言う事もあり、家族ぐるみで親しくさせて頂いてます。

イニシアル カベルネ・ソーヴィニョンは、山形県上山市で栽培されたカベルネ・ソーヴィニョンを100%使用し、フレンチオーク樽に12ヵ月熟成した、香りの良いワイン。

c0229312_1663519.jpg
↑無濾過・非加熱だと言うのに、大変綺麗な、澄んだワイン。

しっかりと落ち着きのある旨味の深いワイン。これは美味しい~~!!
1本約3500円


c0229312_1683682.jpg
↑肉汁溢れるハンバーグと一緒に。
ハンバーグも美味しかったですが、皮ごとローストしたレンコンが絶品。厚めにスライスして、岩塩をパラリッ。シャキッと心地よい噛み応えが、ごちそうです。

c0229312_16112631.jpg
↑わかめと卵のサラダ

今年は暖冬でとっても温かいので、畑のサニーレタスもまだ元気いっぱいです。普段の冬なら、霜で葉がやられてしまいますが、きれいなグリーンのままです。
そんなサニーレタスと、たっぷりわかめ、茹で卵をごま油と岩塩で合えました。
by makipan-t | 2016-01-09 15:59 | ワイン | Comments(0)

スズランワイナリー (笛吹市一宮町)

c0229312_18453765.jpg
↑美味しいワインが飲みたくなったら、ここに行けば間違いなし!!

国産ワインが好きな方なら誰でも知ってる勝沼ワインマーケット 新田商店

c0229312_1848596.jpg
↑ワイナリーさんで完売してしまったヴィンテージのワインも、ここなら手に入る事もあるそうです。県外ナンバーの車も多く止まってますよ。

c0229312_18493429.jpg
↑古い蔵を改装した店内は、年間を通して平均した気温に保たれています。
スパークリングも種類豊富。
山梨県内のワイナリーが大半を占めてますが、美味しい焼酎・日本酒などもあります。

c0229312_18513237.jpg
↑笛吹市一宮町上作にあるスズランワイナリー

初めてのスズランワインです。どうしても勝沼のワインを飲んでしまうので、楽しみ~。

c0229312_18551260.jpg
↑2015 ソーヴィニヨン・ブラン

爽やかな香りで、程よい甘みもあり美味しい~!!新酒らしい軽やかな感じで飲みやすい。

国産ワインは、同じ海外品種とは全く異なる、軽くて薄いような弱い印象になってしまいますが...普段の日本料理には、この方がやっぱり合います。テロワールですね。1本1500円。


スズランワイナリー
〒405-0059 笛吹市一宮町上矢作866
0553-47-0221
8時30分~17時30分
日曜定休日


勝沼ワイナリーマーケット
→HPへ
〒409-1303 山梨県甲州市勝沼町休息1560
0553-44-0464

by makipan-t | 2015-12-05 19:06 | ワイン | Comments(0)

「甲州ワインが持つ伝統とチカラ」甲州市制施行10周年記念シンポジウム

c0229312_1564775.jpg
本日11月22日の山梨日日新聞にも載っていた、勝沼町ぶどうの丘で行われたシンポジウムに11月21(土)に参加して来ました。

c0229312_157170.jpg
↑甲州市観光大使・日本ソムリエ協会名誉ソムリエなどの肩書を持つ俳優の辰巳琢朗さんや、同じく甲州市観光大使・女優大川栄子さんなどがパネリストとして参加された豪華な会。

c0229312_15111879.jpg
↑11月3日に山梨ヌーボーが解禁となり、ぶどうの丘には沢山の新酒が並び、多くの観光バスや県外のお客様が来て賑わう中、約150人の県内外からの参加者がイベントホールへと足を進めていました。

c0229312_151249100.jpg
↑前半の基調講演は、アサヒビール副社長の植松氏による「お国自慢で地域は栄える~市民はみんな広報マン~」と言うテーマの話を聞きました。

アサヒ・スーパードライを国内に広め、アジア・世界に売り込む時の苦労や、山梨県出身の植松氏が思う山梨県のアピールポイントなど、興味深い内容でした。

c0229312_15164420.jpg
↑後半は、さらに甲州市塩山の信玄食品・板前寿司ジャパンの社長、中村氏も加わって、活気ある話し合いが行われました。

c0229312_15181250.jpg
↑日本国内のワイナリーの多くを訪れ、日常的に国産ワインばかり飲む辰巳氏は、甲州ワインを広めて行くために“面白い仕掛け”が必要だと提案。『甲州市を飲酒運転特区にすべきだ~!!』と言い、会場の笑いを誘ってました。『飲酒運転特区』って、発想がスゴイ(笑)

c0229312_15205828.jpg
↑営業のプロ、会社経営をされている方、女性としての視点で、甲州ワインを広めるためにすべき事の考えたかが全く異なり、司会・コーディネーターのUTY大西かやさんがまとめるのが難しい場面もありました。しかし、さすがにアナウンサーの頭の良さ、場馴れした会話術で上手に進行していたのも印象的でした。


シンポジウム全体を通して私が感じた事は、まず自分が住む甲州市の事を良く勉強し、甲州ワインを飲む事が大切だという事です。私が甲州市勝沼に嫁に来てから14年目になりますが、まだまだ知識不足の事が多いと痛感しました。
by makipan-t | 2015-11-22 15:29 | ワイン | Comments(0)

アルガブランカ クラレーザ (勝沼醸造)

c0229312_1771243.jpg
勝沼醸造クラレーザを飲んだ時の興奮と感動は、数年経った今でも覚えています。

甲州ワインの中でも、おススメしたい1本です。

シュールリー製法で甲州の苦みや酸味などを上手に引き出していて、和食からクリーム系までどんな料理とも相性が良いです。1口1口グラスを重ねる度に「美味しい・・」って声が漏れちゃいます。とっても綺麗なワインです。

約1800円

c0229312_17153536.jpg
↑北海道から届いた小さいサイズの鮑を、自家栽培のいんげんと一緒にガーリック炒めにしました。醤油を少し落として、和風に。間違いなく美味しい~!!

c0229312_17173141.jpg
↑バリラ×オギノの料理教室で習ったペンネを復習しました。粗挽きのひき肉を使いボリューム感を出したソースが、上手にできて、家族からも「レストランの味みたいだね」って。嬉しい~。やっぱりプロに習うと、小さなポイントの積み重ねで、全く違うものになるんですね。
by makipan-t | 2015-11-15 17:22 | ワイン | Comments(0)

ルミエール新酒祭り (笛吹市一宮)

c0229312_1751598.jpg
↑笛吹市一宮町と甲州市勝沼町の境にあるCHATEU Lumiere.ルミエール
10月24(土)、25(日)で新酒祭りが行われました。

c0229312_1785449.jpg
↑会場はルミエールワイナリーの横にある公園で行われます。
ジャズバンドの生演奏に、屋台料理が並び多くの方で賑わっていました。

c0229312_17115120.jpg
↑入場料は1人2000円。
1000円分のチケットとロゴ入りグラスがもらえます。

c0229312_17132818.jpg
↑新酒祭りに相応しい、今年の甲州とべりーA.

11月3日の山梨ヌーボーの解禁日前に飲むのは初めてです!!

とっても爽やかな酸味と、優しい甘さを残した飲みやすい甲州ワイン。
まだ発酵途中でジュースとワインの中間の様なべりーA。

c0229312_17155939.jpg
↑デラウエアーは爽やかな甘さが、暑い昼間に飲むのにピッタリ!!
飲みやすい甘口で、ついついグラスが進んでしまいます。

c0229312_17171742.jpg
↑ミルズ。
初めて飲んだ品種ですが、マスカットの様な香りと甘さで美味しい~。ワインが苦手な女性でも、美味しく飲めると思います。冷えてて最高~。

新酒はどれも1杯1チケット(200円)です。

c0229312_17183575.jpg
↑ロッキンピザ

赤いトラックが目印!!勝沼朝市やつぐら市でも人気店。

c0229312_17195668.jpg
↑ルミエール限定のピザのメニュー。

ロッキンピザの楽しみは、そのイベントごとの限定の味です。

c0229312_17211553.jpg
↑ロマーナ

モチモチの生地とシンプルなトマトソース。ケッパー+アンチョビ+ガーリックがワインに合う!!

c0229312_17231026.jpg
↑牛肉の炭火焼やあわびのステーキ、チーズ専門店のフェルミエ、富士桜ポークの炭火焼き、クレープなどの屋台も!!どれもチケットor現金で購入可能です。



ルミエールワイナリー
〒405-0052 山梨県笛吹市一宮町南野呂624番地
0553-47-0207
ワインショップは、朝9時30~5時30
年末年始休み
駐車場10台以上
無料試飲、
ワイナリー見学コースあり

by makipan-t | 2015-10-26 17:28 | ワイン | Comments(0)

シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2015

c0229312_164017100.jpg
↑日本のワインの道しるべを常に指示し、新しい甲州ワインを生み出して来たシャトーメルシャン

c0229312_16434954.jpg
10月10(土)、11(月)、12(祝)の三連休に行われ、東京などから多くのお客さんが訪れます。

普段はグラス試飲できないワインも、このシャトーメルシャン へーベストフェスティバルでは特別に飲む事が出来ます。
1枚100円のチケット制で、グラスはチケット2枚で購入してからカウンターに並びます。
(グラスを洗う水や紙タオルも準備されてますよ)

c0229312_16471816.jpg
桔梗が原メルローシグニチャー

1本15000円!!!

グラスで1200円~~!!!

年に1回だけの贅沢です。
凝縮感があり芳醇な香りに深い味わい・・・。
スゴイワインです (表現力の無さが情けない)

c0229312_16541760.jpg
↑おつまみになるフードも販売してます。

世界のタパスや六本木のシャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルも出店。

切り立て生ハムには長蛇の列が・・・。

c0229312_16564546.jpg
↑イタリアのナチュラルチーズ・ノアレザン

薄く削られたチーズは、口の中の溶ける様にミルクの優しい味が広がります。
クセや塩分が少なくて、食べやすい美味しいチーズ。

c0229312_1701486.jpg
↑メルメルとシャンシャンのぶどう踏み。

可愛いタレントさんが笑顔でカメラに答えてくれます。

c0229312_1711863.jpg
↑素足で甲州ブドウを潰して、良いワインになる事を願うイベントは、誰でも参加できます。

イベントは10時~4時まで。

c0229312_1782421.jpg
↑会場には沢山のパラソル席が準備され、レジャーシートでピクニックの様に友人・家族で楽しんでいます。

山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1 
0553-44-1011

JR勝沼駅とメルシャン間は無料シャトルバスが出ます。

by makipan-t | 2015-10-11 17:02 | ワイン | Comments(0)

Chardonnay2014  シャルドネ2014 (敷島醸造)

お酒の量販店(戸田酒販)で買い物をしている時、「どんなワインが並んでいるかな~」って高級ワインセラーの中を興味本位でのぞいてみまいした。

そしたら、数万円のワインが鎮座している中で、2000円ワインを発見!!

それが、甲斐市の敷島醸造Chardonnay2014  シャルドネ2014です。

c0229312_18143418.jpg

なぜか、ラップでグルグル巻きにされて販売してました!!
無濾過だから?!

c0229312_18165428.jpg
↑すごい発砲性です!!

しかも旨~い。

自社農園の垣根栽培したシャルドネは、キレの良い酸味とフルーティーでまったりとした香りがあり美味しい。飲むほどに元気になるような、丁寧に作られたのを感じるワインです。
by makipan-t | 2015-10-08 18:19 | ワイン | Comments(0)

グリド甲州 (中央葡萄酒)

c0229312_17512746.jpg

フランス語「Gris」グリとは淡い灰色の意味で、完熟した甲州ブドウの皮の色が淡い紫色~灰色を表す言葉として、良く使われます。

c0229312_17572561.jpg
↑薄いレモン色のような綺麗なワイン。香りもとっても良い。苦みや渋みといった甲州ワインの深い部分が引き出された、美味しいワイン。

c0229312_1759396.jpg
↑裏ラベルにある相性の良い料理の中で、クリームコロッケ(市販品ですが)と飲んだら絶品!!クリームの濃さや油を、ワインの渋みがスッキリとさせてくれ、クリームコロッケがより美味しく感じるようになり、またワインを飲みたくなりました。
ワイナリー価格 約1800円

勝沼・グレイスワイナリー→HPへ
〒409-1315甲州市勝沼町等々力173
9:00〜16:30
0553-44-1230
無休
店舗前と大型駐車場あり

by makipan-t | 2015-09-10 18:02 | ワイン | Comments(0)