カテゴリ:ワイン( 186 )

原茂甲州2015 原茂ワイン(甲州市勝沼)

c0229312_189579.jpg


甲州市勝沼にある「原茂ワイン」は観光ブドウ園、カフェ(4~11月のみ営業)を併設するワイナリー。古い家屋を改装した趣あるお店です。

原茂甲州は海外に輸出されている、山梨県ぶどうを100%使用したワイン。

c0229312_18125375.jpg


透き通った美し白ワインです。

酸味と苦味のバランスが良く和食全般にも合います。グラスから広がる香りも楽しめ、余韻も素晴らしい。普段に美味しく飲める、大好きな1本です。(約1500円)

c0229312_1816365.jpg


我が家のぶどう畑のすみに出ていた、「蕗の薹」
すっかり春を感じます。

サッと茹でて、自家製の甲州味噌・かつお節・キビ砂糖と合わせてフキ味噌を作りました。

c0229312_18182218.jpg


お豆腐に乗せて、ワインと楽しみます。





by makipan-t | 2017-03-19 18:08 | ワイン | Comments(0)

Sol Lucet Koshu ソルルケト2016(くらむぼんワイン)

c0229312_1724948.jpg


天候不順となってしまった2016年は、甲州ぶどうを収穫の時に秋の長雨と重なってしまいました。ブドウの粒や房ごと腐ってしまう病気も発生して、「甲州ワインの良い年」とは言いにくいビンテージですが・・・

この くらむぼんワインがリリースしているSol Lucet Koshu ソルルケト2016は素晴らしいワインに仕上がっています。

醸造家さんの苦労のおかげで、フレッシュで果実感いっぱいの甲州ぶどうの良さを堪能できる仕上がりです。

c0229312_179864.jpg


一緒に味わうのは、豚モツ煮。
甲州ワインだと、自家製の甲州味噌で作ったモツ煮と最高のマリアージュを楽しめます。

c0229312_17102041.jpg


かつぬま あいあいクラブの刺身こんにゃく。
つるっと滑らかな舌触りで、わさび醤油で頂くと、これまたワインに合います。





by makipan-t | 2017-03-02 17:02 | ワイン | Comments(0)

甲州きいろ香2015 (シャトーメルシャン)

どのワインを購入しても、外れる事がないワイナリーの1件。
国産ワインの先駆者である、シャトーメルシャン

c0229312_16184420.jpg


甲州きいろ香(←HPへ)

「甲州ぶどう」は香りが少ない品種とされています。海外の人からは、「味わいが薄く、水っぽいのに価格が高い!!」って評されてしまいます。残念です・・・。そんな甲州種の隠れた味わいを引き出すのが「きいろ香」と呼ばれる甲州ワイン。グレープフルーツのような柑橘系のフルーティーな香りが特徴的です。

c0229312_16285018.jpg


甲州きいろ香2015

フレッシュで清々しい、生のフルーツのようなワイン!!生の甲州ぶどうを食べてる時の、何十倍も香りが強いのに、その香りが発酵から生み出される種類の臭いではなく、ぶどう果実からの香りなのが驚きです。

是非飲んで欲しいワインの1種類。

1本2450円




by makipan-t | 2017-02-24 16:16 | ワイン | Comments(0)

『アサンブラージュ』と語る地産ワインの夕べ (勝沼図書館)

c0229312_180144.jpg


今年で4回目の開催となる「若手醸造家集団 アサンブラージュと語るワインの夕べ」に参加しました。アサンブラージュ(←HPへ)

写真の方は、「麻屋葡萄酒」の社長・雨宮さん。7社の代表者が自己紹介をしていきます。

c0229312_1811037.jpg


開催場所は甲州市立勝沼図書館!!

図書館でワインを飲んじゃいます(笑)

普段は本の貸し出しカウンターを、ワインバーのカウンターに見立て醸造家と談笑しながら、飲み比べです。贅沢な時間です。

c0229312_1844666.jpg


麻屋葡萄酒 勝沼町等々力
・勝沼甲州シュールリー2015
・花鳥風月ルージュ2014

c0229312_186643.jpg


アルプスワイン 笛吹市一宮町
・ジャパンスタイルワイン甲州2016 新酒

c0229312_187145.jpg


ドメーヌQ 甲府市桜井町

・ドメーヌQピノ・ノワール2014
・ドメーヌQピノ・ノワール2015

c0229312_18104242.jpg


くらむぼんワイン 勝沼町上岩崎

・エンソレイユ甲州スパークリング

c0229312_181221.jpg


塩山洋酒 甲州市塩山千野

・甲州おりがらみ2016
・ベリーアリカント2016

c0229312_18133383.jpg


マルサン葡萄酒 勝沼町勝沼

・甲州百2016
・あじろん百2016

c0229312_18161951.jpg


蒼龍葡萄酒 勝沼町下岩崎

・シトラスセント甲州2016
・山梨のベーリーA2016


c0229312_1820173.jpg


甲州市在住の野菜ソムリエプロの方が準備してくれた、盛り合わせをつまみに頂きます。

・フライドキャロット ハーブソルト
・醤油麹のタレでいただく生春巻き
・ごぼうのコンフィ きんぴら風
・おつまみポテサラ レーズン入り
・スペシャル・ホットサンド

c0229312_1823785.jpg


勝沼中学校の2年生が描いたオリジナルワインラベルも展示してあります。

c0229312_18242375.jpg


地元をイメージした個性的なワインラベルなので、見ていて楽しいです。


c0229312_18253651.jpg


アサンブラージュは若手と言ってますが、2000年に結成されてから、メンバーも40代となりすっかり中堅です。メンバー全員が大変仲良しさんなのが伝わります。(向かって左側の女性は、蒼龍葡萄酒の鈴木さんがインフルエンザの為ピンチヒッターとして来た、会社の方です)

友人であり・ライバル・相談役・・・
勝沼のワインをこれからも牽引していって欲しいです。




by makipan-t | 2017-02-20 18:18 | ワイン | Comments(0)

丸藤葡萄酒 新社屋竣工見学会 (甲州市勝沼藤井)

c0229312_16482841.jpg


勝沼町藤井にある丸藤葡萄酒
ブランド名「ルバイヤート」で有名です。

c0229312_16502451.jpg


新社屋の竣工会にお邪魔しました!!
c0229312_1705295.jpgc0229312_1711967.jpg


すりガラスに社名が入ってて可愛いっ。

c0229312_16505559.jpg


まるで、明治時代の学校のような立派な建物です。
新しい建物とは思えない佇まい・・。素敵です。

c0229312_16543515.jpg


室内に入って目を奪われるのは、立派な梁!!黒くて太い梁と二階まで吹き抜けになった、開放的な空間。
c0229312_16574015.jpg


4月からは、こちらで試飲・購入ができる様になるそうです。
3月中旬に引っ越し予定なので、それまでは今までの売店になります。

c0229312_16512896.jpg


グラスワインかジュースの振る舞いがありました。残念ながら運転があるので、ジュースです(涙)


c0229312_1702846.jpg


2階の欄干がワインボトルにくり抜かれてます。ハート型が隠れていたり遊び心がいっぱい。

c0229312_1731534.jpg


窓の外には勝沼らしいブドウ棚&盆地の風景が広がります。

c0229312_1743032.jpg


素敵な和室もあります。こんな場所でワイン会でも開催してくれたら・・・最高ですね。写真にはありませんが、和風庭園も美しいです。

せっかく丸藤葡萄酒に来たので、ワイナリーも見学して行く事にしました。
c0229312_17252317.jpg


築100年を越えると言われているセラーは、坂の傾斜を活かして半地下になっているので、年間を通して気温が一定になりやすいそうです。

c0229312_17265829.jpg


「ワイン蔵コンサート」や「ワイン会」なども開催される趣のある空間です。

c0229312_17294373.jpg


売店ではスタッフの丁寧な説明を受けながら、無料・有料試飲をして味を確かめてからワインを購入うです事が出来ます。

c0229312_17304239.jpg


私は、大好きな「ルバイヤート 甲州シュールリー2015」を。甲州らしい爽やかな酸味と柚子のような香りが特徴で、和食など食事と合わせやすいワインです。


この春、新しく生まれ変わる「丸藤葡萄酒」が楽しみですね。

丸藤葡萄酒工業株式会社
〒409-1314 山梨県甲州市勝沼町藤井780
0553-44-0043
道向かいに駐車場あり

 





by makipan-t | 2017-02-18 16:47 | ワイン | Comments(0)

冬のワイン会・・・ワイン編

友人夫婦で集まり、ワインと料理とおしゃべりを楽しみました。

c0229312_16505429.jpg


スペイン産カヴァ

乾杯は泡がのど越しが良くて、最高です!繊細な泡と、キリッと引き締まった酸味が美味しい。

c0229312_16531994.jpg


シャトーメルシャン 椀子ヴィンヤード シャルドネ2015

メルシャンの代名詞となる「椀子・マリコ」のシャルドネ。

c0229312_1655509.jpg


「椀子・マリコ」とは長野県にある自社畑の名称。日本を代表するシャルドネを生み出します。

c0229312_1657481.jpg


さすがっ!!美味しい・・・。

日本のメルシャンの香りの弱さを樽香で補い、果実の旨味の他に、まろやかなコクと厚みを感じます。ブドウの質も高いし、醸造も素晴らしい。


c0229312_1702796.jpg


都農ワイン オールドキャンベリーアーリー 2006


キャンベリーアーリーは甘い品種でジュースみたいにフルーティーな香りが特徴なので、長期熟成にはむかないって思いってましたが・・・これが美味しい~!!熟成を経てるのに、酸味と甘みがしっかり残っています。もちろん時間を経た旨味ととろける様な滑らかさがあります。

c0229312_1754045.jpg


勝沼醸造大塚

ワイナリーの売店限定で販売している甲州ワイン。

c0229312_1772378.jpg


甲州ワインに特化している勝沼醸造だけあり、甲州ワインの種類が豊富で驚きました。このワインも初めてです。勝沼で昔から好まれる「葡萄酒」っぽい味わいに、現代的なシャープでキレのある甲州ワインが合わさったような1本。

c0229312_1793799.jpg


共栄堂ワイン k16AK SR

牧丘・四恩醸造から独立した醸造家の小林さんが、新たにリリースしたワイン。

k・・・共栄堂
16・・2016年
AK・・秋
SR・・白


c0229312_17164396.jpg


無濾過で濁りがありますが、とっても自然的な味。デラウエアがメインと思いますが、複雑な味わいで何がブレンドいるのか分かりません。苦味があるので、食事と良く合います。


c0229312_17194493.jpg


丹波ワイン 京の華なり

c0229312_17232912.jpg


ミディアムの赤ワイン。めっちゃ輸入ワインの味がします。でも、美味しい~!!お肉やチョコには、しっかりした味が良く合います。



今回のワイン会は、黒ビールに日本酒もあり、沢山飲みました~(笑)ワインだけではないのも、面白いですね。



冬のワイン会・・・料理編
      ・・・ デザート編





by makipan-t | 2017-02-09 16:50 | ワイン | Comments(0)

セラーマスター甲州2015 (白百合醸造)

c0229312_1614887.jpg


アジア最大のワインコンテスト「Japan Wine Challenge2016」でプラチナ金賞を受賞。国産ワインコンクール2016においても、甲州部門最高賞を獲得している、勝沼町等々力にある白百合醸造の「セラーマスター甲州2015

c0229312_1618136.jpg


「やや甘口飲みやすいワイン」とあり、甲州らしいフルーティーな味わいを楽しめます。

c0229312_16194071.jpg


透明度が高く、澄んだ美しいワイン。華やかな香りの広がりも素晴らしい。
「やや甘口」とありますが、酸味とコクがあり、嫌な甘みは全くなくて大変美味しい~。甲州ワインで甘口だと、補糖した砂糖のベタベタした甘みってイメージですが、このワインはブドウ本来の甘さで、食事との相性も抜群で大変美味しいです。

1本約1700円


2016年10月には山梨日日新聞に記事が掲載されてました。
c0229312_1691992.jpg


すでにワイナリーでは完売してしまっているのうなので、小売り店で見かけたら「即買い!!」のワインだと思います。

c0229312_162599.jpg






by makipan-t | 2017-01-22 16:25 | ワイン | Comments(0)

ルージュ2010 楠ワイナリー (長野県須坂市)

c0229312_7172336.jpg


長野県のワイナリーがとっても元気で飛躍を続けています。勝沼のワイナリーと比べると歴史も浅く、醸造規模も小さいですが、新し技術や試行錯誤を繰り返し素晴らしいワインを次々と送り出しています。

楠ワイナリーは2010年に設立され、シャルドネやメルローなど海外品種のワインを得意としているワイナリーだそうです。

c0229312_7242644.jpg


・・・HPより・・・
ルージュ2010は、自社畑のカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フランのブレンドです。委託醸造のワインです。硬質な感じのワインで、開くのを待っている間に熟成感が大分出てきました。前後のビンテージとくらべてちょっと変わったワインです。

c0229312_7331147.jpg


リリースされてから6年経過して抜栓したので、固さは程よく抜けています。樽香が強く、ブレンドした品種の味わいは感じられません。肉料理との相性はとっても良い!!

c0229312_7291714.jpg


大晦日、すき焼きをしたので、甘しょっぱい割したとの相性は抜群です。

c0229312_7333421.jpg


抜栓して時間が経った方が、尖った樽成香が落ち着いて一体感が出て美味しくなりました。

ワインの楽しみは時間によって味わいが変化する所でもありますね。「ゆっくり食事を楽しんで・・」ってワインから言われているみたいです。2016年も、ブドウ農家としても、"マキパン”も忙しくも充実した時間でした。多くの方との関わりの中で、今がある事に感謝です。





by makipan-t | 2016-12-31 22:16 | ワイン | Comments(0)

Chateau Jun KOSHU シャトージュン甲州 (勝沼)


c0229312_16103450.jpg


10月8日~11月28日まで山梨県立博物館で開催されていた「葡萄と葡萄酒」を旦那さんと見に行き、展示ワインプレゼントに応募していたら、見事当選しました!!

c0229312_16134456.jpg


107本展示してある中の、1本を受け取りに行きました。


c0229312_16443167.jpg


Chateau Jun KOSHU シャトージュン甲州

c0229312_16483824.jpg


ステンレスタンクで低温発酵させたワインは、甘い香り果実感がとってもあり飲みやすい~。中口タイプなので、ワインだけで飲み進められる甘さがあり、私は大好きな味です。フルーティーな感じで、ついついグラスが進んでしまいます。

c0229312_16514622.jpg


甲州葡萄の産地・栽培責任者まで明記してあり、自信があるのを感じます。1本2160円(税込み)

c0229312_1654235.jpg


せっかくなので、家族クリスマスパーティーの時に飲みました。

1年に1度食べる"スモークターキー”"スモークチキン”にかぶり付くのが、家族クリスマスの最大の楽しみ&幸福~~。「楽キッチン」で教えて頂いた、"クラムチャウダー”を添えて・・・。





by makipan-t | 2016-12-26 16:38 | ワイン | Comments(0)

クリスマスのワイン会・・・ワイン編

c0229312_1813487.jpg


今回のワイン会で楽しんだワインがこちら。

c0229312_18133461.jpg


①さくらパンダ ブルーブリュット

大丸・松坂屋の公式キャラクター「さくらパンダ」のラベルが張られた可愛いスパークリングワイン。

c0229312_18174248.jpg


スペインのスパークリング「CAVA」で辛口で、色も黄金色の濃い味わいで美味しい~!!ラベルがピンク色のもあり、これはロゼの甘口のようです。1本約1800円位で、とっても可愛いし、味も本格的なので差し入れにピッタリです。


c0229312_18191353.jpg


② 高畠ワイン スパークリングシャルドネ 嘉

国産ワインコンクールでも受賞歴があるスパークリング。

c0229312_1822485.jpg


爽やかな酸味と繊細な泡が心地よい。シャルドネの白ワインにガス注入方式で作られたが、きめ細かな泡が持続して、大変美味しい~。1本約1850円と言うコスパも良いし、後味の良さなどのバランスも良くて、どんな食事にも合いそう。


c0229312_1826668.jpg


③ 胎内高原ワイン アッサンブラージュ ブラン2013

初めて飲む「胎内高原ワイン」。このワイナリーは市営で、ぶどう栽培から醸造まで胎内市が行っているそうです。2007年に設立された若いワイナリーですが、すでに国産ワインコンクールでは多数の受賞歴があります。

「アッサンブラージュ ブラン2013」は銅賞。シャルドネとソーヴィニヨンブランをブレンドしてあり、とってもバランスが良くて飲みやすい。1本約2000円。

c0229312_18413358.jpg


④ 広島三好ワイナリー TOMO ピノノワール2013

「広島でブドウ・ワイン!!」って正直驚きました!!しかも、三好ワイナリーは世界に通用する高品質なワインを目指しているそうです。

c0229312_18501655.jpg


深いルビー色、華やかな香りが素晴らしい~。フランス産みたい!!しかし香りがすぐに消えてしまうのが、残念です。


c0229312_15502832.jpg

⑤ Gevrey-Chambertin2010/Benjamin Leroux ジュヴレ・シャンベルタン2010


"10代にして醸造の世界に入り、名門コント・アルマンの醸造責任者として活躍した後、自らのブランドでのワイン造りを行っているBenjamin Leroux バンジャマン・ルルー”

彼が作るワインの影響で、ワイン醸造を仕事にする道を進んでる方が持ち寄って下さったワイン。

c0229312_15583741.jpg


「グリオット・シャンベルタン直下の畑から収穫されるブドウが使われていると言われています。収穫を遅らせることで、凝縮感のある村名格とは思えないクオリティに仕上がっています。ラズベリーをはじめとする赤系果実が官能的に香ります。」

とにかくボディがしっかりとしていて、味の厚みがスゴイです。自宅から抜栓して来てくれましたが、まだ固い印象です。もっと長期熟成しても良いようなワイン。1本約6000円







by makipan-t | 2016-12-19 18:27 | ワイン | Comments(0)