カテゴリ:ワイン( 188 )

グレイス ピノノワール 大和葡萄酒 十二原

c0229312_6465169.jpg
「余市地区は北海道で有数の醸造専用品種の適地です。1992年よりブドウ栽培家木村忠氏と契約し、垣根方式で栽培されたピノ・ノワールを使用しました。落ち着いた色合いで、ドライフルーツやシナモンの熟成感が楽しめます」っとラベルに記載されてました。

勝沼では醸造用海外品種を栽培するには気温が高すぎて、ワイナリーでは町内や韮崎市の山地で栽培したりしていますが、主な栽培地を長野、新潟、北海道に移す所も多いです。
コレも温暖化の影響かしら・・・勝沼住民には寂しい感じです。

このピノ・ノワールも海外から輸入さてたワインと比べると、柔らかい優しい味。ベリーAに似た感じに仕上がっていました。ブドウから栽培して、勝沼で仕込む手間を考えると3000円近い値段も分かるけど、飲んだ感じではちょっと高い印象でした・・・。


c0229312_659768.jpg

写真右側の赤いラベルは、大和葡萄酒の「十二原」
「長野県松本市(旧四賀村)にある十二原地区の農家で栽培されたメルローなどを原料にブレンドし、美しい濃紅紫色、アロマテリックでシルキーな口当たり複雑な味わいと格調が加わった上質な赤ワインです」っと・・。
ぶどうの丘で売れているフルボディ赤ワインの1本だそうです。
確かに、飲みやすいのにコクもあり美味しい。

ちなみに、左の鶴のラベルは「純米吟醸仕込み 鶴齢の梅酒」。
新潟南魚沼市の青木酒造の「純米吟醸鶴齢」に梅と砂糖を加えたリキュールで、日本酒の味が全然感じない飲みやすい梅酒です。そのまま飲んでも言いし、氷を加えたロックもオススメだそうです。
甘さが軽いので食事とも合うし、サイダーで割るとアルコールが弱い方でもいけちゃいます。
by makipan-t | 2011-02-26 07:15 | ワイン | Comments(1)

アルガーノ(勝沼醸造)

我が家ではサッパリ白ワイン好きの旦那さんの影響で、甲州ワインを飲む事が多くなりました。
勝沼中のワイナリーが甲州ワインを出しており、飲んでいるうちに少しずつ味の違いを感じれる様になって来ました。
でも、最近は飲むと朝起きるのがツライ・・・。
飲み出すと、ついついグラスを重ねてしまい、翌朝後悔してしまう日々・・・。年を重ねて体力の低下を実感してしまいます。これから、ぶどうの農作業が忙しくなってくるのに・・・不安。

c0229312_13551272.jpg
で、ぶどうも作りながら、元気にパン・お菓子を焼いていける様に、ヨガを始めました!!
不思議なご縁で、大変素敵な先生から教えて頂け、ヨガに全然興味の無かった私も「1日3分 自分の為にヨガ」をする事を目標に頑張ってます。いつまでも、笑顔で好きな事を出来るように・・・。

左ワイン:勝沼醸造のアルガーノヴェント(←リンクしてます)甲州ワインの白です。さっぱりとして、飲みやすい。勝沼醸造は甲州ワインに力を入れてるそうです。
右ワイン:レットウッド・シャルドネ。カルディコーヒーで購入できるお手ごろワイン。千円以下で買えます。カルフォルニア産のシャルドネをメインにブレンドしてあり、フルーティで女性にも飲みやすい白。
by makipan-t | 2011-02-08 14:13 | ワイン | Comments(2)

年末年始のワイン

明けましておめでとうございます053.gif053.gif
今年も、家族・友達、みんなに一杯の笑顔が溢れる年となりますように・・・・。
そして、マキパン的には少しでもパン・お菓子を焼くのが上達し、美味しいものや山梨のワインに出会う一年にしたいです!!

って年始の挨拶が12日になってしまいました・・・(反省)

夏休みはぶどうの農作業で忙しいので、子供達には朝から保育園や学童に行ってもらい、全然お休みらしく過ごせないので、せめて冬休みぐらいは家でのんびり過ごさせてあげたいなっ~って思い・・・
しかし、子供が家に居ると親は全然のんびり出来ない感じで、ブログはすっかりお休みしてしまいました(言い訳です)

c0229312_5185730.jpgc0229312_5191633.jpg


ワインを飲む機会が多くなる年末年始。
クリスマスには、山梨県牧丘町に新しく(2009年?)にオープンした四恩醸造の「クレマチス」の白を飲みました。四恩醸造はラベルをクレマチスの絵画で、統一しているシリーズがあり、テーブルに乗せてもとっても綺麗です。味も華やかな感じで、和食にも合う飲みやすいタイプ。
緑色のオリーブは以前ブログでも紹介した、甲府のアジア雑貨わじあじあの国産オリーブの塩漬けです。クリスマスに食べようとワクワクしながら待ってました♪とってもクリーミーで癖の無い優しい味で、チーズもみたいな滑らかさ。塩の味柔らかく、何個でもつまめてしまう。イタリアのオリーブとは全く違う味!!う~ん、凄い!!

右写真は丸藤葡萄酒醸造の「ルバイヤート ソーヴィニヨン・ブラン 2009」(3500円)。勝沼町産ソーヴィニヨン・ブラン種100%使用した、757本限定ワイン。一昨年ワイナリーに訪れて購入し、大事に自宅のワインセラーに寝かしておいて、やっとコルクの栓を抜きました。「勝沼の地で世界の銘醸地と肩を並べるワインを造りたいとの思いから1993年、ソーヴィニヨン・ブラン種の栽培を始めました。品種特有の香りを追い求めて栽培から試行錯誤を繰り返して降ります。2009年はよりエレガントなソーヴィニヨン・ブランを目指しました。ステンレス樽でなるべく空気に触れさせない様に発酵を行いました。」と裏ラベルに熱い想いが・・・。
海外のソーヴィニヨン・ブランの様に力強い香りはないけれど、繊細でデリケートな香りが広がり、勝沼の風土で育ったので、刺身でも受け止めてくれそうな優しいワインでした。

c0229312_5461694.jpgc0229312_5463398.jpg

左は勝沼町菱山の「シャトー・ジュン」(←クリックでHPに飛びます)の「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」(1313円)。ジャトー・ジュンでは山梨県立美術館のミレーの絵画をラベルにしたシリーズがあり、初期~中期以降の作品を取り上げているそうです。勝沼町のぶどうの丘ではラベル買いする観光客も多いそうとか・・・。この「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」はカベルネソービニヨンを主としたブレンドワインで、軽めで飲みやすいタイプ。お肉料理以外でも合いそうなフレッシュな味です。

右は勝沼醸造の「勝沼の甲州」。2009年の甲州ワインを樽発酵させた辛口で、キリッとした骨のある白で、樽の香りが強すぎず、甲州のぶどうの味もちゃんとする大変美味しいワインでした。甲州ワインが好きな旦那さんからも好評!!「勝沼の甲州」と名づけてしまう所に、自信を感じる一本でした。
by makipan-t | 2011-01-12 05:47 | ワイン | Comments(0)

ワイン会

c0229312_1432235.jpgc0229312_14321848.jpg

ワイン大好きな友達と、料理持ち寄りの「第1回 ワイン会」を開催しました。
お酒が大好きなメンバーなので、自然と料理も上手な人ばかり集まり、会を楽しみにしてました。子供同士も仲良しなので、子供も楽しみにしていた会です。
私はベーグル(卵マヨベーグル・柚子こしょうとベーコンの玄米ベーグル・きなこ餅ベーグルなどなど・・)に豚ロースのイタリアンソテーで、ワインは山梨ワインの「ソリオリエンス甲州2009」を持参
c0229312_14472072.jpg
友達は2時間以上煮込んだ絶品ビーフシチューに、予約して購入した本数限定のボジョレイヌーボーを。
主催者の友達は、子供も大好きなから揚げを沢山揚げてくれ、モッチェレラとトマトのサラダ、お握り、ワインはシャトー酒折「甲州にごり」です。
c0229312_14452236.jpg
可愛いラベルのボジョレイヌーボーは、はちみつの甘さに、クルミの様なコクがあり軽い感じではない、美味しいヌーボーでした。乾杯の一本に最適なワイン!!
甲州にごりは想像よりも甘くなく、葡萄の味が濃い感じです。醸造家のこだわりが伝わるラベルです。同じ甲州ワインでも山梨ワインの「ソリオリエンス」の方が爽やかで、軽快な口当たりでした。

遅れて参加した友達もいますが、ほぼ3人で5本近くワインを飲んだ楽しい会になりました。
子供達も久しぶりの夜更かしに大興奮で、おお盛り上りしました!!
by makipan-t | 2010-12-14 15:11 | ワイン | Comments(2)

あじろんスパークリング 山梨ワイン

c0229312_20333168.jpg
あじろんは木苺ジャムのような甘い香りが特徴的なワイン用の品種です。小粒で種も入っているので食用には向きませんが、一房部屋に置いて置くだけで、葡萄らしい芳醇な香りが広がります。

山梨ワインの「あじろんスパークリング 1890円」は濃厚な甘味と果実味がありますが、炭酸ガスでスッキリとした後味で、ワインが得意ではない女性でもいけそうです。
綺麗なピンク色も素敵なので、クリスマスのデザートワインにもオススメです。ついつい飲み過ぎてしまうのが難点です(笑)
by makipan-t | 2010-11-21 20:32 | ワイン | Comments(0)

麻屋ブラン グレースルージュ芽が岳

c0229312_62913.jpg
母の日に夕食に「花鳥風月 麻屋ブラン」(2000円)を開けました。我が家で初めて飲む甲斐ブランのワインです。独特の香りと、強い酸味が個性的な辛口で、酸の効果で後味が非常にサッパリとしています。コシアブラの天ぷらなどの和食にも良く合いますが、好き嫌いがハッキリ出そうなワインです。

“甲斐ブランは国産白ワインの製造を目的に甲州種とピノブラン種の交配により生まれた山梨県オリジナルのワイン専用品種です。勝沼町産の甲斐ブラン種を低温で丹念に仕込み繊細な果実味の中にあるしっかりとした酸を生かしてバランスのとれてた辛口ワインに仕上げました。山梨・勝沼の風土が表現された味わいをお楽しみ下さい”とラベルの説明にあり、自家農園で栽培された甲斐ブランで生産しているようです。
c0229312_6151595.jpg
中央葡萄酒のグレースルージュ芽が岳は“山梨県北西部に位置する芽が岳山麓で収穫された赤ワイン専用品種を中心に、オーク樽で熟成しました。”とラベルにあり、ベリーAとカベルネソーヴィニヨンで仕込まれたミディアムボディです。

オーク樽の香りも強すぎず、クセがなく、葡萄の感じも生かした、非常にバランスの良い美味しいワインです。すっきりとした甘さで、ついついグラスを重ねたくなる味わいです。
中央葡萄酒はラベルがシンプルで素敵だし、どのワインの味も洗礼されていてさすが、勝沼を代表するワイナリーの一軒です。
by makipan-t | 2010-05-09 06:27 | ワイン | Comments(0)

2006ルバイヤートルージュ

毎年ゴールデンウィーク中に子供の日のお祝いを兼ねて、両家集まってBBQを我が家の庭でします。今年は友達に紹介してもらって、塩山の窪田精肉店にお肉を予約しておきました。
牛カルビが美味しいのはもちろんの事、豚トロ・柔らか豚ロースが大好評!!お肉の旨みが濃く、塩で最高です。
やっぱり、人気精肉店のお肉は美味しいなっ~

c0229312_13265943.jpgc0229312_13272012.jpg

















左のラベルの貼ってないワインは、自家製べりーAで作ってもらっている赤です。
毎年、旦那さんのお父さんが知人と合同で、ワイナリーで作ってもらっています。その年で味が大きく変化し、2009年ものはあじろんワインのようにフルーティーで、甘い感じのワインになりました。

右は丸藤葡萄酒の「2006 ルバイヤート ルージュ」(1596円)です。
鮮やかなルビー色の赤ワインで、爽やかな軽い飲み当たりです。メルロー、ベリーA、甲斐ノワール、カベルネをブレンドしたワインで、それぞれの良さが出た、初夏にピッタリの味です。

c0229312_15015100.jpg
c0229312_1503192.jpgBBQの前に勝沼朝市に行って、トマト・豆腐・こんにゃく等を買って来たので、新鮮なうちにテーブルへ・・。
焼き菓子の「日々」はいつものように大人気で、シフォンケーキは完売。この3つだけ買えました。
キャラメルクッキーはパリパリとした食感に、しっかり焦がした香ばしいキャラメルの味がしっかりする
クッキーです。チーズケーキは甘さ控えめで濃厚なのに、後味がさっぱりしています。
下のグラハムクラッカーも美味しい。パンプキンチーズケーキの方が甘く、かぼちゃのきれいな色が出ている程、味はせず食べ易い。

こんなに美味しく、優しい焼き菓子を女性一人で焼いて、週に2日だけ山梨市のお店で販売したり、朝市に出店したりして・・・なんて素敵なのか!!私の憧れです!!
by makipan-t | 2010-05-02 22:21 | ワイン | Comments(0)

甲州ワイン3本

c0229312_10114722.jpgc0229312_1012328.jpg

















旦那さんがハーフボトルの甲州ワインを数本買って来ました。どれも600円代とお手ごろで、2人が一回での飲みきれる量も嬉しいです。
左から、シャンモリの「山梨県産100%使用 甲州」・・・すっきりとした辛口。ぶどうの爽やかな香りが残り、口に広がる。フジッコワイナリーの「甲州」・・・フルーティーでコックリのした甘さがある。女性好みの飲み易い白ワイン。やや甘口。錦城葡萄酒の「甲州産 錦城ワイン」・・・勝沼町小佐手の甲州を使用し、古酒のようなズッシリと重い味わいの辛口。

それぞれのワインの味わいが大きく異なり、おもしろいです。ちなみに、私はシャンモリの甲州が一番好みでした。辛口なのに、華やかで飲み易い感じで、どんな料理にも合いそうです。(この日は天ぷらそばでした。)
色々なワインが直ぐに買える、勝沼は最高です(^^)
by makipan-t | 2010-04-25 22:09 | ワイン | Comments(0)

DERAWARE ダイヤモンド酒造

2月23日は息子の3歳の誕生日でした024.gif
c0229312_112266.jpg
退院後2日間は
自宅で絶対安静でったのですが、
再診して外出許可が出たので、
誕生日には「県立美術館」に行ってきました。
平日で空いていても、
美術館の中にうるさい子供を連れて行くのは
微妙なので庭で遊ぶことに・・・。
久しぶりの外遊びに大喜びです001.gif
芝生の中に彫刻などが点在して、
公園とは違った感じです053.gif
大人も楽しい空間でした!!


c0229312_127691.jpg


夕飯は我が家に旦那さんの家族も集まり、誕生会です060.gif060.gif

から揚げは母が、テレビで見た方法で作ってくれました!!

大きめに切った鶏もも肉2枚に、濃い目の下味を付ける(醤油・酒・ニンニク・生姜・コショウなど)
ボールに汁気を捨てた肉と卵2個を入れてよく混ぜる。
片栗粉大さじも加え、さらに混ぜる。
肉の表面に片栗粉をまぶし、皿に並べる。霧を吹いて、片栗粉を湿らせる。
低めの油でゆっくり揚げ、さらに高温の油でカリッと2度揚げする。

こうすると、お肉が柔らかで、外がカリッと香ばしく揚がりました!!
お店で食べるから揚げ、って感じです。(隣はハムカツです)

他のメニューは・・・圧力鍋でにたモツ煮・じゃが芋とツナのホットサラダ・きのこグラタン・
とろとろだし茶碗蒸し・白菜と豚ばらのスープ煮・
「はなぱんだ」のバケットとガーリックフランス・だしクラッカーの豆腐のせ・
旦那さんのお母さんのお赤飯 


今回誕生ケーキは「キャラデコ ポケモン」
本当は山梨市の「おきなや」にポケモンケーキを注文したかったのですが、
定休日だったので断念です。
子供はキャラデコのケーキに大興奮で喜んでいましたが・・・。

c0229312_12311995.jpg


旦那さんが大絶賛していた、
ダイヤモンド酒造の「デラウエア」と辛口の白です。
社長が「自分が飲みたい味の白を、
デラぶどうでこだわって作ったら、大成功したワイン。
東京のレストランでは甲州のワインよりも
高い評価を受けているんだよ」と話してくれたらしいです。

確かに、甘いデラから作られたと思えないほど、
香りが豊かでサッパリしています。
勝沼のワイナリーでもデラで辛口の白ワインを醸造しているのは、
ダイヤモンド酒造だけらしいです。
海外産のワインのような美味しいワインでした
by makipan-t | 2010-03-02 12:39 | ワイン | Comments(2)

Grace wine  丸藤葡萄酒 誕生日④

c0229312_1471016.jpg
娘の誕生日で、私の両親が泊まりに来ているので、次の日は勝沼のワイナリー巡りをすることに・・・。

始めに「Grace wine」こと中央葡萄酒に行きました。国内外で受賞して勝沼のワイナリーでも大手で有名なGrace wine。ワイン自体は何回も口にした事はあっても、ワイナリーに行くのは初めてでワクワク056.gif056.gif 

趣のある店舗の2階に行くと、テーブルとグラスが30席以上セットされていました。なんでも“ワインとチーズのセミナー”が開催されるそうで、次々とお客さんがやって来ます。




c0229312_14184442.jpg
早速カウンターで試飲です!!父が赤ワインが好物なので、フルボディーをセレクトして数種類飲んでみました。どれも、ぶどうと樽の香りの良いワインばかり069.gif「ピノ・ノワール」「甲斐ノワール」(各2400円)を父にプレゼントして、我が家用には白の「ヴィンテージ甲州」
(1300円)を購入しました。

c0229312_14264487.jpg
続いて「丸藤葡萄酒」へ。

“RUBAIYAT ルバイヤート”の“R”のラベルが有名なワイナリーでが、周りが住宅地でひっそりと静かで、落ち着いた感じです。

「今日来たお客さんは大変ラッキーですよ。普段は試飲できない最高級赤ワインが無料で試飲できます。実は昨日、東京からデパートとレストランのバイヤーが来て、試飲してもらったのが残ってるんですよ。この冬場だと、お客さんもあんまり来ないから、特別ですよ!!」
となんて、ラッキー071.gif


c0229312_14451117.jpg

この日5種類の赤ワインの飲み比べをさせてもらいました!!
1000円代のワインから5,000円後半のワインを順番に飲んでいくと、値段が上がるごとに、葡萄や樽の味が濃厚で強くなって行きます!!その違いがハッキリと分かるのでビックリ!!

一番高級な「ドメーヌ ルバイヤート 2006」は本当に力強いワインで、口に入れるとフワーッと香りが広がって行く感じです。

醸造家の大村さんが付きっ切りで説明を受けながら、普段なかなか体験できない飲み比べをして、大満足です053.gif
「2009 ソーヴィニヨンブラン」など数本購入して、すっかり酔った気分でお店を出ました(笑)
by makipan-t | 2010-01-24 14:04 | ワイン | Comments(0)