カテゴリ:お菓子( 173 )

内田豆腐店の豆乳プリン

c0229312_11040823.jpg
塩山にある内田豆腐店(←HPへ)の商品は、どれを食べても美味しくて大好きです。勝沼朝市やつぐら市でも販売していますが、私はGOODIES ナカヤ勝沼店(←Facebookへ)でよく購入します。

最近のお気に入りが、「おとうふ屋さんの豆乳」 500ml 238円。
c0229312_11092268.jpg
豆腐をそのまま飲んでいるみたいに濃厚!!大豆の香りがスゴイ~~!!ドロリッと濃いので、豆乳鍋やグラタンを作る時に牛乳の代わりに使ったりしてます。

c0229312_11110469.jpg
美味しい豆乳をゼラチンで固めた「豆乳プリン」を、おやつに作りました。

c0229312_11115450.jpg
①粉ゼラチン5gは水30ccに振り入れてふやかしておく。
②鍋に豆乳320ccとキビ砂糖60gを入れ、温める。
③ゼラチンを加え溶かす。
④器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

c0229312_11135013.jpg
柔らかプリン。豆乳の味がして、健康的なおやつです。

c0229312_11140007.jpg
黒糖+お湯のシロップをかけて、きな粉を振っても美味しいですよ。

生姜シロップをかけると、スッキリしてまた美味しい。














by makipan-t | 2018-01-20 19:03 | お菓子 | Comments(0)

サラダ油のパウンドケーキ

c0229312_15123889.jpg
サラダ油で焼き上げたパウンドケーキは、ふんわり軽やかでとっても美味しく焼き上がります。
クセのない食べやすい味は、万人に愛されます。
寒いこの時期に、バターを柔らかくする大変さも無くて、簡単&短時間に生地作りが完了すうのも魅力です。

c0229312_15124628.jpg
砂糖を減らせば、朝食にもピッタリ!!
チョコやナッツ・ジャム・ーズに抹茶にゴマなどのどんな素材と組み合わせても、受け止めてくれる万能なパウンドケーキです。

パウンドケーキ型1個分(18×8×6)
卵1個
砂糖60g
サラダ油60g
プレーンヨーグルト60g
薄力粉100g
ベーキングパウダー小さじ1
①ボールに卵→砂糖→サラダ油→プレーンヨーグルトの順番に加え、そのつど泡立て器でしっかり混ぜる。
②薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ混ぜる。
③型に入れ180度で25~30分焼く。












by makipan-t | 2018-01-15 15:10 | お菓子 | Comments(0)

MGVs マグヴィスワイナリー (勝沼町等々力)

c0229312_09293361.jpg

2017年4月23日にグランドオープンしたワイナリー「MGVs マグヴィスワイナリー」 

c0229312_09294079.jpg

ワイナリーの庭やガーデニングも、センスが良くて、開放的な気分になります。
外車のプロモーション撮影で使われた事もあるそうですよ。

c0229312_09340824.jpg

「ここはNYだった?!」って錯覚を起こしてしまうような、スタイリッシュなインテリア。(NY言ったことないので、あくまで私のイメージですけどね・笑)

c0229312_09351031.jpg

ハロウィンパーティー使用になっていて、可愛い~。
これはクリスマスとかも素敵でしょうね。

c0229312_09294903.jpg

ショップに隣接している醸造所がガラス張りで、丸見えになってるのが自信の表れを感じます。

c0229312_09295688.jpg

新品でピカピカな設備とワイン樽が、美しい。

この時は何も作業していませんでしたが、運が良ければ醸造作業も見る事が出来るそうです。

c0229312_09442312.jpg

日本ワインコンクールの受賞ワインも販売してます。


先日友人ファミリーと自宅で「ワイン会」を開いた時に、みんなで飲みました↓
c0229312_12113830.jpg

MGVs マグヴィス K1 131
2700円

c0229312_13021602.jpg

K=甲州(品種)
1=勝沼(産地)
13=フリーランス+プレス
1=ステンレスタンク

シリアルナンバーもふってあり、194/1788本

c0229312_12114961.jpg

大変スッキリとした酸味の甲州ブドウらしい、ワイン。
とっても綺麗な、澄んだワイン。美しく丁寧に醸造された事が伝わり、美味しい。誰もが好み1本だと思います。



MGVs マグヴィスワイナリー→facebookへ
山梨県甲州市勝沼町等々力601-17
0553-44-6030
9:30~16:30
火曜定休日
(9~10月は無休)
年末年始などはHPなどをチェック
駐車場店舗前に約8台








by makipan-t | 2017-10-20 17:28 | お菓子 | Comments(0)

十五夜 お月見団子


c0229312_17144636.jpg
秋の収穫に感謝して、今年もお月見を行いました。

まだ月が顔を見せる前でしたが、我が家で収穫したぶどうやサツマイモとお月見団子を飾りました。

c0229312_17145349.jpg


15個のお団子は、新米で作りました。

ご飯に片栗粉を混ぜて茹でるだけの簡単お団子ですが、新米の甘みを感じて美味しい。

c0229312_17150146.jpg


ご飯(残り物でOK) 茶碗2杯弱
片栗粉        大さじ2~3
水          大さじ1ぐらい

①ボールにご飯と片栗粉を入れ、手やスプーンの背で米粒をつぶす様にこねる。すり鉢&棒があると短時間にできます。
②粘り気が出て来たら、水を少しずつ加える。
③手に水をつけながら、丸める。
④鍋にお湯を沸騰させ、団子を入れる。浮いて来たらざるにあける。

c0229312_17293220.jpg

小学校から帰宅した息子と一緒に、コネコネ作りました。

・・・月が出るのを待てず、さっそく食べちゃいました(笑)

みたらしタレや黒蜜を付けながら、パクリっ!!

c0229312_17150774.jpg

みたらしタレ

砂糖   大さじ2
醤油   大さじ1
水    大さじ1
水溶き片栗粉

①材料を小鍋に入れ、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみを付ける。

腹ペコ息子がどんどんお団子を食べて行き・・・・残り4個に。

夜にもう一回作るハメになりそうです・・・。











by makipan-t | 2017-10-04 17:33 | お菓子 | Comments(0)

ピオーネとシャインマスカットのクランブルマフィン

c0229312_16500967.jpg

出荷作業の時に落ちてしまったピオーネとシャインマスカットを使って、マフィンを焼きました。
(ぶどうに飽きてしまってる家族は、そのままでは全然ぶどうを食べてくれません~涙)

マフィン型に入れた後に、カットしたブドウを差し込みます。

c0229312_16502007.jpg

上から、バター・グラニュー糖・薄力粉で作ったクランブル(そぼろ)を振りかけて・・・。

ぶどうの品種は何でもOK!!

c0229312_16502962.jpg

香ばしいクランブルとジューシィーなブドウ、ふんわりマフィンが美味しい。
ジャムを加えるよりも、サッパリします。

c0229312_16505204.jpg

ピオーネの皮もそのままですが、加熱されると柔らかくなり、口に残らなくなります。

c0229312_16504217.jpg

シャインマスカットのクランブルマフィン。
スーパーで売ってるシャインマスカットの価格が高くてビックリしちゃいますが、生産してるから気軽にお菓子に使えます。








by makipan-t | 2017-09-29 16:59 | お菓子 | Comments(0)

トースターで焼くチョコマフィン


ご近所の農家さんの中には、「もう全部のブドウを出荷しちゃって、畑も終わったよ~」って方が出始めました。しかし、我が家は甲府にぶどうの売店があるので10月いっぱいまで様々な品種を残しておく必要があり、畑には沢山のブドウが下がっています。(まだ長い戦いが続きます・・・)

しかし一時期よりも忙しくなくなり、日も短くなって来たので、おやつを作る頻度や本を読むゆとりも生まれ始めました。秋の夜長を満喫したいものです。

c0229312_14335308.jpg


オーブントースターや両面焼き魚グリルで焼ける小さいマフィンは、我が家の定番。
毎回、適当な配合で作るので、ちょっとずつ味が違う(笑)今回は菜種油やバターではなく、米油マーガリン(パルシステムのを愛用)を使い、チョコの甘みが引き立ちように、生地の甘さは少な目に。

c0229312_14334306.jpg

マフィン型7~8個分
マーガリン  30g
砂糖     30g
卵      1個
牛乳     大さじ3
薄力粉    130g
ベーキングパウダー 小さじ1
チョコチップ 40g

①マーガリンと砂糖をボールに入れ、泡立て器で混ぜる。
②卵を少しずつ加え混ぜる。牛乳も加える。
③薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラでサックリ混ぜる。
 チョコチップも入れる。
④マフィン型にアルミカップやオーブンシートを敷き入れ、生地を6分目ぐらいまで入れる。
⑤オーブントースターや両面焼き魚グリルで約15分焼く。
 途中焦げそうなら、アルミフォイルを上に乗せる。








by makipan-t | 2017-09-25 19:33 | お菓子 | Comments(0)

黒糖かりんとう風ドーナッツ

c0229312_16575657.jpg

黒糖たっぷりで、ザクザクしたドーナッツは、子供から祖父母まで大好きな味です。

c0229312_16580624.jpg

おやつに食べやすい小さいサイズは、少ない油でも上手に揚げる事が出来ます。
黒糖が焦げやすいので、中火で揚げるのがポイント。

材料(約10個分)
卵    1/2個
黒糖   40g
サラダ油 小さじ1
薄力粉  75g
ベーキングパウダー 小さじ1/3
揚げ油

c0229312_16585559.jpg

①ボールに卵・黒糖・サラダ油を入れ、泡立て器などで混ぜる。

c0229312_16584671.jpg

②薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラでサックリ混ぜる。

c0229312_16583376.jpg

③打ち粉をした台の上で7㎜位の厚さに伸ばし、包丁で10等分する。
④約160度の油で揚げる。

c0229312_16582239.jpg

家族で食べ始めるとあっという間に完食しちゃったので、2~3倍量で作っても良かったかもしれません。

黒糖の混ぜが不十分だと、塊の黒糖が揚げてる途中で油に溶け出て、泡が立ってきます。(私がそうなりました~)しっかり黒糖が溶けるまで混ぜるとキレイに揚がります。





by makipan-t | 2017-09-23 17:13 | お菓子 | Comments(0)

サツマイモと黒ゴマのドーナッツ

c0229312_17470943.jpg

部活を終え、腹ペコで中学校から帰宅する子供のおやつに「サツマイモと黒ゴマのドーナッツ」を揚げました。(最近すっかり秋らしくなり、食欲があるみたいで夕飯まで我慢出来ない感じです)

c0229312_17472066.jpg

生地の中にサツマイモを加えましたが、ほんのり味がする程度なので、サツマイモが好きな方は沢山加えてもOK.
カボチャでも美味しく作れますよ。

作り方(約10~12個分)
薄力粉   80g
ベーキングパウダー 小さじ1/3
卵     1/2個
砂糖    大さじ2
塩     1つまみ
サツマイモ 50g
黒ゴマ   小さじ1
揚げ油

c0229312_17462642.jpg

①サツマイモは蒸し器や電子レンジで柔らかく加熱し、1cm角に切る。
②ボールに砂糖・卵を入れ混ぜる。

c0229312_17463779.jpg

③サツマイモ・ゴマ・塩を加え混ぜる。
④薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラでサックリ混ぜる。

c0229312_17465191.jpg

⑤打ち粉を振った台の上で、7mm位の厚さに伸ばし包丁で切る。
c0229312_17470060.jpg

⑥約170度の油で香ばしく揚げる。

c0229312_17572067.jpg

優しい甘さの「かりんとう風ドーナッツ」です。
サツマイモが入っているので、生地がどっしりした噛み応えがあり、時間がたっても油がベタベタしないドーナッツです。











by makipan-t | 2017-09-22 17:58 | お菓子 | Comments(0)

黒糖コーヒーゼリー

c0229312_16461145.jpg


本日の畑のお茶菓子は、「黒糖コーヒーゼリー」。

コーヒーゼリーは家族の好物なので、頻繁に登場する定番のおやつです。

c0229312_16481164.jpg


今回は味に変化を付ける為に、コーヒーに加える砂糖を黒糖にしました。

柔らかいコーヒーゼリーに、6分立てのゆるい生クリームをのせ、コーヒー+黒糖+生クリームの組み合わせを楽しみました。

c0229312_16504939.jpg


材料(小グラス6個分)
濃い目のコーヒー  350cc
粉ゼラチン     5g
黒糖        お好み
生クリーム     100cc
砂糖        大さじ1
バニラエッセンス

①濃い目に入れたコーヒーを小鍋に入れ、好みの量の黒糖を加え煮溶かす。黒糖の量を味見をしながら加えて下さい。
②粉ゼラチンを振り入れ、混ぜて溶かす。(80度以上のお湯に簡単に溶けるクイックタイプのゼラチンが便利です)
③グラスに分け入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
④生クリームに砂糖・バニラエッセンスを加え、ゆるい6分立てに泡立てゼリーにのせる。



by makipan-t | 2017-06-30 16:55 | お菓子 | Comments(0)

キャラメルミルクかんてん

c0229312_18193548.jpg


本日(5/30)は山梨県甲府で33度を越える最高気温となり、勝沼のぶどう畑で「シャインマスカットの房作り」をしてましたが、汗が流れ落ちて来ました。

前日から「今年最高気温となる」と天気予報が言っていたので、畑のお茶菓子に冷たい物を作っておきました。

c0229312_18221459.jpg


粉寒天で固めた「キャラメルミルクかんてん」

保冷剤を入れて畑に持って行っても溶けないので、この時期は寒天が重宝します。

c0229312_18234712.jpg


材料
粉寒天  小さじ1
熱湯   100ml
牛乳   80ml
砂糖   15g
キャラメル 4~6粒

c0229312_1826271.jpg


寒天は写真の熱湯で溶ける「粉かんてん」を愛用してます。

作り方
①牛乳にキャラメル・砂糖を入れ、レンジか鍋に入れ温めて溶かす。
②ボールに粉寒天を入れ、熱湯を注ぎ入れ、泡立て器で混ぜて溶かす。
③ボールに①を加え混ぜる。
④茶こしなどに通して器に入れる。

c0229312_18305468.jpg


面倒でも茶こしや裏ごしに通すと、滑らかに仕上がります。

c0229312_18313251.jpg


ケーキ屋さんで買ったプリン容器を再利用してます。
小さ目の食べ切りサイズで、フタもあるのが、とっても便利。

c0229312_1833829.jpg





by makipan-t | 2017-05-30 18:33 | お菓子 | Comments(0)