カテゴリ:パン( 107 )

捏ねないパン チーズブレッド

本日は雨が降ったり止んだり・・・梅雨らしい天気です。
レインコートを着て巨峰の摘粒作業をしてますが、強く雨が落ちて来たら、しばし休憩です。

c0229312_14402579.jpg

↑ブドウの作業の合間に「捏ねないパン」を焼きました。室温で1~2時間発酵させ、面倒な工程はないので気軽に作れるのが、このパンの利点です。


c0229312_1444211.jpg

↑本日はオーブンシート(クッキングペーパー)で折った型に入れて焼きました。
食パンとまではいきませんが、紙の型でも高さが出やすいので、スライスして食べれます。

オーブンシートの折り方で、色々な形に焼き上がるのも面白いです。

c0229312_14453632.jpg

↑オリーブオイルを油脂として加え、チーズ(ミックスチーズ)をガス抜きで加えました。表面に出たチーズが焦げて美味しそう~。



作り方
強力粉  300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖   小さじ2
塩    小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
水    200cc
チーズ  50g

詳しい作り方はブログの記事→「捏ねないフォカッチャ

焼成時間は180度で約30分です。
本日の室温25度で約2時間発酵→ガス抜き→1時間発酵→成形→1時間発酵→焼成










by makipan-t | 2016-06-16 14:49 | パン | Comments(0)

野沢菜ねじりパン

長野県の「高菜おやき」から思いついた、和風総菜パン。

c0229312_15363334.jpg

↑野沢菜と白ゴマを混ぜた生地にチーズを乗せて焼きました!!

野沢菜の塩分と旨みがパンにも良く合います。マヨネーズ好きな方は絞って焼いても。。

c0229312_153841.jpg

↑生地を薄く伸ばし、長方形にカット。中心に切り込みをいれ「手綱こんにゃく」の要領で成形します。食べやすい、小さ目のサイズにしました。

混ぜるのは野沢菜ではなく「たくあん・ザーサイ」など、水分の少ない漬物なら意外だと思う物も美味しいですよ。







by makipan-t | 2016-06-12 15:42 | パン | Comments(0)

キャラメルナッツのマショマロブレッド

c0229312_16164167.jpg

市販のキャラメルを包丁で適当な大きさにカットし、香ばしくローストしたクルミと一緒に菓子パン生地で巻きました。上にはマショマロをトッピングして。

溶けたマショマロの表情が、アイシングを刷毛で塗った様になります。

c0229312_16194078.jpg

たっぷりのキャラメルとマショマロがとっても甘くて、最高に美味しいパンですよ。

でも、溶けたマショマロとキャラメルがベタベタしちゃって、食べ難いのが難点です。「上品には食べれない菓子パン」の上位ランクイン間違えなし(笑)






by makipan-t | 2016-06-03 18:16 | パン | Comments(0)

お豆腐ふわふわパン

山梨県甲州市塩山にあるパン屋さんモンマーロのお豆腐パンが大好きです。地元の内田豆腐店のお豆腐を生地に練り込み、自然な甘さともっちり・しっとりとしたパンです。

c0229312_19303433.jpg

↑絹ごし豆腐を加えて生地を作り、低温でじっくりと焼き上げた『お豆腐ふわふわパン』

食べた時にお豆腐の味はしませんが、まろやかな甘さとしっとり・キメ細やかなパンは何も付けずに美味しく食べれます。

作り方(6個分)
強力粉    300g
絹ごし豆腐  150g
砂糖      20g
塩        4g
インスタントドライイースト 5g
牛乳      100cc~
菜種油     大さじ1

c0229312_1935148.jpg

↑①ホームベーカリーの生地作りコースなどを利用して、生地を捏ね1次発酵をとる。
②生地を12分割し丸め、固く絞った濡れ布巾をかけ休ませる。
③生地を丸め直し、2個並べて鉄板に乗せる。
④乾燥しないように霧を吹いて加湿しながら、2次発酵。
⑤粉を振り160~170度のオーブンで約18~20分焼成する。

c0229312_19375524.jpg

↑2次発酵の目安は生地が2倍の大きさになる位。オーブン発酵機能などを使用して約30分発酵させます。

このパンは仕込み水がお豆腐と牛乳のみなので、生地が重い感じになるので、しっかり捏ねて発酵も長めにすると『ふわふわ』に焼けますよ。

c0229312_1940446.jpg

↑豆腐によって牛乳の入る量が違うので調整して。

カルシウム・たんぱく質もたっぷりのパンだし、クセのない味わいなのでウチの子も大好きです。








by makipan-t | 2016-05-24 19:42 | パン | Comments(0)

捏ねないパン ブール

ぶどうの農作業が本格的に忙しくなった今、「捏ねないパン」の凄さを再確認してます。

c0229312_17473990.jpg

↑「ブール」とはフランス語で〝丸い”と言う意味。全粒粉やライ麦粉を配合してないので「カンパーニュ=田舎風」ではないので「ブール」としてみました。大きく丸く焼いたので、スライスしてトーストやサンドイッチにも向いてるシンプルパン。

c0229312_1752458.jpg


分量
強力粉           300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖(キビ砂糖)      小さじ2
塩             小さじ1/2強
水             200cc

詳しい作り方はブログ記事→捏ねない厚焼きフォカッチャ

c0229312_17542836.jpg

↑200~210度に予熱したオーブンで約25~30分焼成します。
オーブンでスチーム焼成機能や、フランスパンコースがある時は利用して。クラスト(皮)が香ばしく美味しく焼けます。

カットはお好みの形で。







by makipan-t | 2016-05-19 17:56 | パン | Comments(0)

捏ねないパン 厚焼きフォカッチャ

数年前に「捏ねないパン」を知ったとき・・・「捏ねないでパンが出来るわけないじゃん!!」って思いました(笑)

ボウルひとつで こねずにできる本格パン

藤田 千秋 / 河出書房新社



しかし、実際に作ってみたら信じらせない程美味しい、フワフワのパンが焼き上がり感動しました!!スゴイですよ~。それ以来、自分なりの配合で「捏ねないパン」を作って楽しんでいます。

c0229312_17241295.jpg

↑鉄板に大きく焼いた「厚焼きフォカッチャ」は、ふかふかの生地と染み込んだオリーブオイルの美味しさが醍醐味です。シンプルなパンなので、夕飯に添えるパンにもピッタリです。

c0229312_17293975.jpg

農作業が忙しい今でも、大変な捏ね・面倒な計量がないので気軽焼けます。発酵時間は目安なので、前後しても気にしないでOK.途中冷蔵庫に入れて、時間調整をする事も出来ます。


作り方
強力粉           300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖(キビ砂糖)      小さじ1
塩             小さじ1/2強
オリーブオイル       大さじ1
水             220g


c0229312_172926100.jpg

↑①材料を全てボールには計り入れる。

c0229312_17333446.jpg

↑②全体を2~3分混ぜる。生地をボールの内側に押し付けるイメージで、力強く混ぜる。重い生地なので、力が入りやすい様に木べらやしゃもじがおススメです。

c0229312_17345470.jpg

↑③ラップをして室温で生地が2倍の大きさになるまで、1時間半~2時間置く。気温によって、発酵時間は異なります。

c0229312_17364266.jpg

↑④発酵後。22度の室温で1時間45分置きました。

c0229312_17372020.jpg

↑⑤全体を押し付ける様にガス抜きする。再びラップをして、30分~1時間発酵。ガス抜きして、もう1度発酵させることで生地に弾力が生まれ、キメも細かくなります。

c0229312_1739734.jpg

↑⑥鉄板に厚さ2cmぐらいになる様に、ゴムベラで成形する。
ラップをして生地が乾燥しないようにして、室温で約1時間発酵もしくは、オーブン発酵機能で約20分発酵させる。

c0229312_1740226.jpg

↑⑦指で穴を開け、オリーブオイルと岩塩をふる。
230度に予熱したオーブンで約15~20分焼成する。

c0229312_17435091.jpg

↑今回はシンプルにオリーブオイル&岩塩にしましたが、アンチョビやオリーブ・ウインナーなどを乗せても。









by makipan-t | 2016-05-18 17:20 | パン | Comments(0)

ヨーグルトとベリーのパン

先日パン教室の日程を終了させて頂きました。

今期も沢山の方に、お越し頂きありがとうございました。ブドウ畑の中にある自宅は、決して分かりやすい場所ではなく、道に迷いながら遠方から足を運んでくださる人もいて、ただただ感謝です。

c0229312_1214890.jpg


パン教室が終わったのに、いつもの習慣で3~4時に起床してしまいました(笑)

時間があると、ついつパンを焼きたくなってしまいます。まだ冷蔵庫に残ってた自家栽培のラズベリーとブルーベリージャムを使って、甘い菓子パンを・・・。

c0229312_1217032.jpg

↑ヨーグルトを加えた、さっぱりしたソフトクッキーソースを乗せて焼き上げました。

朝食に食べる為に焼いたので、〝菓子パン”ですが甘さは控えめに。

カットしてみると、中心のくぼみに、ヨーグルトソースが入り込んで面白い形になりました。






by makipan-t | 2016-04-28 12:10 | パン | Comments(0)

山梨県産「春よ恋」 カンパーニュ

道の駅南きよさと」で購入した粉で、カンパーニュを仕込んでみました。

c0229312_16122726.jpg

↑県産の強力粉は気候で、パンを焼くには力が弱く中力粉っぽい性質になりますが、この粉もやはり〝弱め”でした。吸水を少な目にし、全粒粉も加え、少し長めに発酵してみました。

c0229312_16143573.jpg

↑ローストした笛吹市産のクルミと自家栽培のピオーネの天日干しレーズンのラム酒漬けも加えて、2次発酵後にクープを・・・。

c0229312_1616161.jpg

↑こんな感じに焼き上がりました~。

なかなか良い顔に焼き上がったと、自己満足です!!

粉の風味が強く、素朴な味なのでカンパーニュにはピッタリの粉でした。クルミとレーズンとの相性も良く、クリームチーズを乗せて食べたら甲州ワインとも最高です。









by makipan-t | 2016-04-15 16:20 | パン | Comments(0)

道の駅 南きよさと

c0229312_15553970.jpg

↑山梨県の国道141号線・清里ラインにある「道の駅 南きよさと」(←HPへ)は今の時期、沢山のこいのぼりが谷間を泳いで、大変美しい景色になっています。

c0229312_15583244.jpg

↑100匹以上はありそうな、圧巻な数のこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでる姿を写真に収めようと、大きなカメラを持った方も沢山いました。

c0229312_1613858.jpg

↑地元の朝採り野菜と「全国道の駅」の食材が並ぶ直売所での買い物はとっても楽しいです。菜の花はふきのとうなど、今が旬の食材などを買いました。

c0229312_1631646.jpg

↑ここの直売所では、八ヶ岳産の粉類も販売してるのが魅力的です。

山梨県100%の「春よ恋」が2キロ800円で売ってました。梨北米の米粉なども、カゴに入れ「どんなパンを焼こうかなっ~」ってウキウキした気分になりました。


「道の駅 南きよさと」は「花の森公園」にロープウェイで行くことが出来き、レストランにBBQや釣りなども体験できるので、家族・友人と立ち寄っても良いですよ。


・・・HPより・・・
アクセス
•住所:山梨県北杜市高根町長沢760番地
•TEL:0551-20-7224
•FAX:0551-20-7223
•農産物/林産物直売所:午前9時~午後5時
•レストラン:午前9時30分~午後4時
•(お食事のみ午前10時~午後3時30分L.o)
•駐車場・トイレなどは24時間ご利用いただけます。
•休駅日:年中無休(但し、1月~2月は火曜日定休)











by makipan-t | 2016-04-14 15:55 | パン | Comments(0)

捏ねないカンパーニュ

クックパッドなどで人気の「こねないパン」(←Cookpadへ)が、とっても簡単なのに美味しく焼けて感動です。

c0229312_1645417.jpg

↑北海道産のハルユタカの全粒粉をブレンドしたカンパーニュ。

春菊とチーズ・にんにくで作った「春菊ジェノベーゼ」とベーコン、クルミを巻き込んだカンパーニュは、これだけで食事にもある味です。しかもワインやビールにも合います~(飲むのが好きなので、いつもこんな事ばかり言っててすみません~)

しっとり・もちもちに焼き上がります。

c0229312_165420100.jpg

↑こちらは、勝沼で収穫した柚子を使ってピールに仕上げた「柚子ピール」を入れたカンパーニュ。全粒粉の素朴な味と、柚子の香りがとっても良く合います。



この「捏ねない全粒粉カンパーニュ」は、ハーブ&アロマ「Herbal symphony」コラボでレッスンしました。
c0229312_16574159.jpg

↑口コミで満員になってしまい、ブログでお知らせ出来なかったのですが、今回「リップ」「クリーム」「生せっけん」を手作りで作りました。

アボカドオイルやカカオバターなどの安心な素材と、好みのアロマオイルをブレンドするので、お子さんや肌が弱い方でも安心して使う事が出来ます。
by makipan-t | 2016-03-04 16:45 | パン | Comments(0)