カテゴリ:パン( 107 )

フライパンで焼くピタパン 

c0229312_15474767.jpg


ポークソテーのサルサソース ピタパンサンド

畑で収穫したピーマンとトマトをたっぷり使ったサルサソース、キャベツの千切り、スライスチーズとマヨネーズを豚肉のソテーとサンドしました!!


c0229312_15505279.jpg


ヒレカツと卵サラダ ピタパンサンド

ソースにぐぐらせたヒレカツとキャベツの千切りを、ピタパンの半分に入れ込み、もう半分には卵サラダを!!サンドイッチで定番の具材ですが、ピタパンサンドにすると目先が変わって新鮮に感じます。



c0229312_1556314.jpg


材料 (4個、8ポケット分)
強力粉   200g
イースト  小さじ1
砂糖、サラダ油 大さじ1
塩     小さじ1/3
水     125g


①材料をボールに全て入れ、手でこねる。1つにまとまったら、2~3分こねる。


c0229312_1602744.jpg


②ラップをして室温で約2倍の大きさになるまで、30~40分発酵させる。


c0229312_1612283.jpg


③打ち粉をしたまな板に生地を取り出し、包丁で4等分する。丸めラップをかぶせて、約5分休ませる。


c0229312_1623995.jpg


④麺棒で直径15cmの円形に伸ばす。そのまま約10分発酵させる。


c0229312_1633580.jpg


⑤熱したフライパンに生地を入れ、フタをして中火で約3分、生地がぷくっ~と膨らんで来るまで焼く。反対側も約1分焼く。反対側は膨らんでで焼き色が付き難いですが、表面がベタベタしてなければOK.

⑥包丁で半分にカットする。上手く開いてない部分は包丁で切り込みを入れると良い。

c0229312_1693226.jpg







by makipan-t | 2016-09-07 16:09 | パン | Comments(0)

捏ねないパン キャラメルマーガレット

c0229312_811783.jpg


「マーガレットの花」をイメージし、キャラメルチョコチップを加えた甘い〝捏ねないパン”。


c0229312_824795.jpg


1つ1つ手でちぎれるので、食べやすくて成形も簡単なので、大好きな成形方法です。

成形の時にカードで深く切り込みを入れるだけ。底まで切れてしまったても大丈夫なので、思い切り切り込みを入れてくださいね。写真は8等分ですが、好みで6本でも、12本でも。

c0229312_84879.jpg


キャラメルマーガレット 
強力粉    150g
砂糖      10g
塩        3g
イースト    1.5g
菜種油      5g
水       105~110g
キャラメルチョコチップ 40g



詳し手順はブログ記事→捏ねないパン 厚焼きフォカッチャ









by makipan-t | 2016-08-21 17:00 | パン | Comments(0)

捏ねないパン ジャガイモチーズ

c0229312_17302887.jpg


「捏ねないパン」にジャガイモを混ぜ込んで、チーズを乗せて焼きました。

c0229312_17335535.jpg


岩塩を少し混ぜ、塩味を強めにするとジャガイモの味が引き立ちます。

ジャガイモは自家栽培した男爵を、皮ごと蒸しました。(つまみ食いで、ずいぶん減っちゃいましたが・・・笑)



c0229312_17381728.jpg


夏場の〝室温”は、30度を超えてしまうので、冷蔵庫に入れて発酵させながら行います。「捏ねないパン」は長時間発酵させるのが、ふわふわに焼き上げる大切なポイントです。

c0229312_17422173.jpg







by makipan-t | 2016-08-20 17:42 | パン | Comments(0)

あんロールパン

c0229312_13354593.jpg

北海道産の小豆を甘さ控えめに煮た粒あんを、全粒粉入りの生地で巻いた「あんロールパン」。

あんことパン生地が一緒に味わえるのが魅力の成形方法です。

c0229312_13384099.jpg

パン生地の重さと同じ量のあんこを、巻き込んでいきます。

あんこたっぷりですよ~。

c0229312_1340178.jpg

あんこの重さで発酵は遅めなので、ゆっくり待ちます。


全粒粉入り生地の基本配合
強力粉   250g
全粒粉    50g
キビ砂糖   15g
塩       6g
イースト    6g
牛乳     60g
水     165g
バター    15g

c0229312_134341100.jpg

捏ね上げた半量はテーブルロールとして、シンプルに焼きました!!

朝食用に、玉子サラダやウインナーをサンドする予定です。














by makipan-t | 2016-08-18 13:43 | パン | Comments(0)

チョコチップメロンパン

c0229312_1616962.jpg

子供が大好きなパンの1つ、「チョコチップメロンパン」。

室温・湿度が高くて、生地が少しダレてしましました。(夏休み中の子供と同じだっ・・・笑)

c0229312_16254129.jpg

おやつ用に焼いたので、1つが小さいサイズ。甘めのクッキーにしました。

「メロンパン」を作る時には、レモンの皮で香りをプラスした甘さ控えめが好きなのですが、「チョコチップメロンパン」ならバニラオイルを加えて、〝菓子パン”らしい甘さにする事が多いですね。


余談ですが・・・
先月(7月)誕生日を迎えた私。プレゼントに可愛い物を頂きました。

c0229312_1622229.jpg

その名は・・・
「スリッパン」

フランスパンの形をしたスリッパです!!
洒落が効いてて、可愛い~!!

c0229312_16225377.jpg

中が、ちゃんとパンのクラム(内側・内層)を表現してて、とっても美味しそう~(笑)

ふかふかで温かいので、冬になったら愛用させてもらいます。

一緒にもらった、バッグは可愛いバターロールがプリントされてます。

いつも、ありがとう~。






by makipan-t | 2016-08-03 16:29 | パン | Comments(0)

おからパン

c0229312_20125858.jpg

↑勝沼朝市で毎月購入する甲州市塩山の内田豆腐店(←HPへ)のおからをパン生地に練り込んだテーブルロールパン。

c0229312_20151692.jpg

↑おからの保水性でモチモチ・しっとりとして、優しい甘さもあり美味しい~。まるで全粒粉を配合したパンみたいです。おからが好きではない子供たちも気付かずに食べてくれました。焼き立てはバターを付けて食べました。翌朝はハム・チーズ・レタスをサンドして楽しみました。


配合 6個分
強力粉  200g
生おから  70g
砂糖    20g
塩     3.5g
インスタントドライイースト 5g
牛乳    約135g~
バター   20g

c0229312_20204082.jpg

↑①ホームベーカリーの「生地作りコース」を使用し、生地捏ね~1次発酵まで終わらせる。
②生地を6分割し丸める。固く絞った布巾をかぶせ約10分間休ませる。(ベンチタイム)
③再び生地を丸め、オーブンシートを敷いた鉄板に並べ、オーブン発酵機能を利用して約30分2次発酵する。
④包丁で切り込みを入れ、200度に予熱したオーブンで約18分焼成する。


c0229312_2025261.jpg

↑デニッシュの様に心を満たしてくれる菓子パンや、揚げたてをほうばるカレーパンも大好きですが、日々の食事に食べるなら「おからパン」みたいにシンプルなのが好きです。しかも少しだけ健康を気にかけた配合は、大食いの私の気持ちを楽にしてくれます(笑)






by makipan-t | 2016-07-04 20:12 | パン | Comments(0)

イーストスコーン

c0229312_17221582.jpg

↑イーストでふっくら膨らませる、パンとソフトクッキーの中間の様なスコーン。

バターの使う量はベーキングパウダーのスコーンよりも少ないので、アッサリとしてて粉の旨味を感じます。

c0229312_1724478.jpg

↑発酵時間によって「ふかふか」か「しっかり」と食感も違くなります。

写真のは約1時間半 発酵させたふっくらタイプ。

c0229312_17251474.jpg

↑焼き立てが美味しいので、冷めてしまったらトースターで温め直して。シンプルな味でバターやジャムが良く合います。

c0229312_17271276.jpg

↑同じ配合で、発酵30分の「しっかり」タイプは、噛みしめる旨味があります。子供は柔らかく・軽い「ふかふか」が好評なのですが、私は固めの「しっかり」が好きです。



c0229312_1730387.jpg

↑桃ジャムを煮たので、スコーンと一緒に。

桃ジャムには少しレモンを加え、砂糖少な目で桃の甘さを感じれる様に煮ました。
我が家では桃は作ってないのですが、友達と親戚から沢山頂いたので美味しいうちにジャムに。東京から山梨に嫁に来るまでは、高級果物の桃をジャムにしてしまうなんて考えられませんでした~。フルーツ大国、バンザイ~(笑)







by makipan-t | 2016-06-29 17:32 | パン | Comments(0)

イーストカップケーキ

c0229312_17343716.jpg

↑ベーキングパウダーではなく、イースト発酵によって膨らませるカップケーキ。

卵・牛乳・砂糖と菜種油を少し加えた生地は、バターベースのカップケーキよりも軽い食感になります。そのまま食べても、ジャムとも相性が良い甘さが好きです。

c0229312_17354836.jpg

↑ふかっとした食感はパンらしく、イーストの香りも少しします。

生地を約1時間発酵させるので、短時間では作れませんがパンを作るよりは簡単なので、最近の朝食に良く登場します。(朝は早起きなので、家族の朝食までに2~3時間前には起きるので余裕です)



c0229312_17422329.jpg

↑上写真と同じ配合のイーストマフィンですが、気温によって焼き上がりが違うのも楽しいです。(本当は均一に焼けた方が良いとは思いますが・・・)イーストのご機嫌によって、ずいぶん異なる表情を見せてくれます。




by makipan-t | 2016-06-28 17:45 | パン | Comments(0)

バターを使わない クロワッサン

c0229312_1043215.jpg


『バターを使わないクロワッサン』は、しっかり水切りしたヨーグルトをベースにしたクリームを折り込んで、クロワッサンの様な層を作り出します。

↑上写真は発酵を終えた生地ですが、見た目はまさにクロワッサンです!!

c0229312_106734.jpg

↑コクを出すために加えたミックスチーズが、ツブツブになってしまいました。粉チーズを加えれば、綺麗に焼き上がったのでしょうね・・・。

c0229312_1082374.jpg

↑カットしてみたら、こんな感じです。

油分が少ないので、本来のクロワッサンの様な薄い層はできてません。普通のパンって感じのクラムになってました。

味も・・・パンです(笑)
サクサクのクロワッサンをイメージして食べちゃうと、全然違ってガックリしちゃいますが、これはこれで美味しい。バターが入っていないので、(当たり前ですが)サッパリしる食事パンって感じで、クロワッサンと同等にはなりません。ですが、パンとしては〝アリ”だし、美味しいです。



c0229312_10124052.jpg

↑生地に砂糖と卵を多く加えて、デニッシュ風も作りました。
板チョコを巻いた「パン・オ・ショコラ」をイメージしました。

c0229312_10133661.jpg

↑ふんわりパンに、ビターチョコが美味しい~。
バターを使わないでも、これだけの味ができるのは、スゴイと思います。


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

茨木 くみ子 / 文化出版局


詳しい作り方は、こちらの本を参考にして下さいね。








by makipan-t | 2016-06-23 10:18 | パン | Comments(0)

捏ねないパン チョコナッツブレッド

c0229312_1912746.jpg

オーブンシートで折った紙型に入れて焼いたチョコナッツブレッド。

そのまま鉄板に乗せて焼くよりも高さが出るし、水分蒸発もやや少なくモチッとする気がします。

c0229312_1932444.jpg

↑オーブンシートを外すとこんな感じ。

スイートの板チョコを割ったのと、マカデミアンナッツを加え、生地も甘めにしました。

c0229312_1951283.jpg

作り方
強力粉  300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖   小さじ4
塩    小さじ1/2
牛乳   50cc
水    160cc
菜種油  大さじ1
板チョコ 50g
ナッツ  50g


詳しい作り方はブログの記事→「捏ねない厚焼きフォカッチャ

焼成時間は180度で約30分です。
室温25度で約2時間発酵→ガス抜き・チョコナッツを加える→1時間発酵→成形・紙型に入れる→1時間発酵→焼成











by makipan-t | 2016-06-17 19:07 | パン | Comments(0)