カテゴリ:パン( 101 )

イーストスコーン

c0229312_17221582.jpg

↑イーストでふっくら膨らませる、パンとソフトクッキーの中間の様なスコーン。

バターの使う量はベーキングパウダーのスコーンよりも少ないので、アッサリとしてて粉の旨味を感じます。

c0229312_1724478.jpg

↑発酵時間によって「ふかふか」か「しっかり」と食感も違くなります。

写真のは約1時間半 発酵させたふっくらタイプ。

c0229312_17251474.jpg

↑焼き立てが美味しいので、冷めてしまったらトースターで温め直して。シンプルな味でバターやジャムが良く合います。

c0229312_17271276.jpg

↑同じ配合で、発酵30分の「しっかり」タイプは、噛みしめる旨味があります。子供は柔らかく・軽い「ふかふか」が好評なのですが、私は固めの「しっかり」が好きです。



c0229312_1730387.jpg

↑桃ジャムを煮たので、スコーンと一緒に。

桃ジャムには少しレモンを加え、砂糖少な目で桃の甘さを感じれる様に煮ました。
我が家では桃は作ってないのですが、友達と親戚から沢山頂いたので美味しいうちにジャムに。東京から山梨に嫁に来るまでは、高級果物の桃をジャムにしてしまうなんて考えられませんでした~。フルーツ大国、バンザイ~(笑)







by makipan-t | 2016-06-29 17:32 | パン | Comments(0)

イーストカップケーキ

c0229312_17343716.jpg

↑ベーキングパウダーではなく、イースト発酵によって膨らませるカップケーキ。

卵・牛乳・砂糖と菜種油を少し加えた生地は、バターベースのカップケーキよりも軽い食感になります。そのまま食べても、ジャムとも相性が良い甘さが好きです。

c0229312_17354836.jpg

↑ふかっとした食感はパンらしく、イーストの香りも少しします。

生地を約1時間発酵させるので、短時間では作れませんがパンを作るよりは簡単なので、最近の朝食に良く登場します。(朝は早起きなので、家族の朝食までに2~3時間前には起きるので余裕です)



c0229312_17422329.jpg

↑上写真と同じ配合のイーストマフィンですが、気温によって焼き上がりが違うのも楽しいです。(本当は均一に焼けた方が良いとは思いますが・・・)イーストのご機嫌によって、ずいぶん異なる表情を見せてくれます。




by makipan-t | 2016-06-28 17:45 | パン | Comments(0)

バターを使わない クロワッサン

c0229312_1043215.jpg


『バターを使わないクロワッサン』は、しっかり水切りしたヨーグルトをベースにしたクリームを折り込んで、クロワッサンの様な層を作り出します。

↑上写真は発酵を終えた生地ですが、見た目はまさにクロワッサンです!!

c0229312_106734.jpg

↑コクを出すために加えたミックスチーズが、ツブツブになってしまいました。粉チーズを加えれば、綺麗に焼き上がったのでしょうね・・・。

c0229312_1082374.jpg

↑カットしてみたら、こんな感じです。

油分が少ないので、本来のクロワッサンの様な薄い層はできてません。普通のパンって感じのクラムになってました。

味も・・・パンです(笑)
サクサクのクロワッサンをイメージして食べちゃうと、全然違ってガックリしちゃいますが、これはこれで美味しい。バターが入っていないので、(当たり前ですが)サッパリしる食事パンって感じで、クロワッサンと同等にはなりません。ですが、パンとしては〝アリ”だし、美味しいです。



c0229312_10124052.jpg

↑生地に砂糖と卵を多く加えて、デニッシュ風も作りました。
板チョコを巻いた「パン・オ・ショコラ」をイメージしました。

c0229312_10133661.jpg

↑ふんわりパンに、ビターチョコが美味しい~。
バターを使わないでも、これだけの味ができるのは、スゴイと思います。


バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパン

茨木 くみ子 / 文化出版局


詳しい作り方は、こちらの本を参考にして下さいね。








by makipan-t | 2016-06-23 10:18 | パン | Comments(0)

捏ねないパン チョコナッツブレッド

c0229312_1912746.jpg

オーブンシートで折った紙型に入れて焼いたチョコナッツブレッド。

そのまま鉄板に乗せて焼くよりも高さが出るし、水分蒸発もやや少なくモチッとする気がします。

c0229312_1932444.jpg

↑オーブンシートを外すとこんな感じ。

スイートの板チョコを割ったのと、マカデミアンナッツを加え、生地も甘めにしました。

c0229312_1951283.jpg

作り方
強力粉  300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖   小さじ4
塩    小さじ1/2
牛乳   50cc
水    160cc
菜種油  大さじ1
板チョコ 50g
ナッツ  50g


詳しい作り方はブログの記事→「捏ねない厚焼きフォカッチャ

焼成時間は180度で約30分です。
室温25度で約2時間発酵→ガス抜き・チョコナッツを加える→1時間発酵→成形・紙型に入れる→1時間発酵→焼成











by makipan-t | 2016-06-17 19:07 | パン | Comments(0)

捏ねないパン チーズブレッド

本日は雨が降ったり止んだり・・・梅雨らしい天気です。
レインコートを着て巨峰の摘粒作業をしてますが、強く雨が落ちて来たら、しばし休憩です。

c0229312_14402579.jpg

↑ブドウの作業の合間に「捏ねないパン」を焼きました。室温で1~2時間発酵させ、面倒な工程はないので気軽に作れるのが、このパンの利点です。


c0229312_1444211.jpg

↑本日はオーブンシート(クッキングペーパー)で折った型に入れて焼きました。
食パンとまではいきませんが、紙の型でも高さが出やすいので、スライスして食べれます。

オーブンシートの折り方で、色々な形に焼き上がるのも面白いです。

c0229312_14453632.jpg

↑オリーブオイルを油脂として加え、チーズ(ミックスチーズ)をガス抜きで加えました。表面に出たチーズが焦げて美味しそう~。



作り方
強力粉  300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖   小さじ2
塩    小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
水    200cc
チーズ  50g

詳しい作り方はブログの記事→「捏ねないフォカッチャ

焼成時間は180度で約30分です。
本日の室温25度で約2時間発酵→ガス抜き→1時間発酵→成形→1時間発酵→焼成










by makipan-t | 2016-06-16 14:49 | パン | Comments(0)

野沢菜ねじりパン

長野県の「高菜おやき」から思いついた、和風総菜パン。

c0229312_15363334.jpg

↑野沢菜と白ゴマを混ぜた生地にチーズを乗せて焼きました!!

野沢菜の塩分と旨みがパンにも良く合います。マヨネーズ好きな方は絞って焼いても。。

c0229312_153841.jpg

↑生地を薄く伸ばし、長方形にカット。中心に切り込みをいれ「手綱こんにゃく」の要領で成形します。食べやすい、小さ目のサイズにしました。

混ぜるのは野沢菜ではなく「たくあん・ザーサイ」など、水分の少ない漬物なら意外だと思う物も美味しいですよ。







by makipan-t | 2016-06-12 15:42 | パン | Comments(0)

キャラメルナッツのマショマロブレッド

c0229312_16164167.jpg

市販のキャラメルを包丁で適当な大きさにカットし、香ばしくローストしたクルミと一緒に菓子パン生地で巻きました。上にはマショマロをトッピングして。

溶けたマショマロの表情が、アイシングを刷毛で塗った様になります。

c0229312_16194078.jpg

たっぷりのキャラメルとマショマロがとっても甘くて、最高に美味しいパンですよ。

でも、溶けたマショマロとキャラメルがベタベタしちゃって、食べ難いのが難点です。「上品には食べれない菓子パン」の上位ランクイン間違えなし(笑)






by makipan-t | 2016-06-03 18:16 | パン | Comments(0)

お豆腐ふわふわパン

山梨県甲州市塩山にあるパン屋さんモンマーロのお豆腐パンが大好きです。地元の内田豆腐店のお豆腐を生地に練り込み、自然な甘さともっちり・しっとりとしたパンです。

c0229312_19303433.jpg

↑絹ごし豆腐を加えて生地を作り、低温でじっくりと焼き上げた『お豆腐ふわふわパン』

食べた時にお豆腐の味はしませんが、まろやかな甘さとしっとり・キメ細やかなパンは何も付けずに美味しく食べれます。

作り方(6個分)
強力粉    300g
絹ごし豆腐  150g
砂糖      20g
塩        4g
インスタントドライイースト 5g
牛乳      100cc~
菜種油     大さじ1

c0229312_1935148.jpg

↑①ホームベーカリーの生地作りコースなどを利用して、生地を捏ね1次発酵をとる。
②生地を12分割し丸め、固く絞った濡れ布巾をかけ休ませる。
③生地を丸め直し、2個並べて鉄板に乗せる。
④乾燥しないように霧を吹いて加湿しながら、2次発酵。
⑤粉を振り160~170度のオーブンで約18~20分焼成する。

c0229312_19375524.jpg

↑2次発酵の目安は生地が2倍の大きさになる位。オーブン発酵機能などを使用して約30分発酵させます。

このパンは仕込み水がお豆腐と牛乳のみなので、生地が重い感じになるので、しっかり捏ねて発酵も長めにすると『ふわふわ』に焼けますよ。

c0229312_1940446.jpg

↑豆腐によって牛乳の入る量が違うので調整して。

カルシウム・たんぱく質もたっぷりのパンだし、クセのない味わいなのでウチの子も大好きです。








by makipan-t | 2016-05-24 19:42 | パン | Comments(0)

捏ねないパン ブール

ぶどうの農作業が本格的に忙しくなった今、「捏ねないパン」の凄さを再確認してます。

c0229312_17473990.jpg

↑「ブール」とはフランス語で〝丸い”と言う意味。全粒粉やライ麦粉を配合してないので「カンパーニュ=田舎風」ではないので「ブール」としてみました。大きく丸く焼いたので、スライスしてトーストやサンドイッチにも向いてるシンプルパン。

c0229312_1752458.jpg


分量
強力粉           300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖(キビ砂糖)      小さじ2
塩             小さじ1/2強
水             200cc

詳しい作り方はブログ記事→捏ねない厚焼きフォカッチャ

c0229312_17542836.jpg

↑200~210度に予熱したオーブンで約25~30分焼成します。
オーブンでスチーム焼成機能や、フランスパンコースがある時は利用して。クラスト(皮)が香ばしく美味しく焼けます。

カットはお好みの形で。







by makipan-t | 2016-05-19 17:56 | パン | Comments(0)

捏ねないパン 厚焼きフォカッチャ

数年前に「捏ねないパン」を知ったとき・・・「捏ねないでパンが出来るわけないじゃん!!」って思いました(笑)

ボウルひとつで こねずにできる本格パン

藤田 千秋 / 河出書房新社



しかし、実際に作ってみたら信じらせない程美味しい、フワフワのパンが焼き上がり感動しました!!スゴイですよ~。それ以来、自分なりの配合で「捏ねないパン」を作って楽しんでいます。

c0229312_17241295.jpg

↑鉄板に大きく焼いた「厚焼きフォカッチャ」は、ふかふかの生地と染み込んだオリーブオイルの美味しさが醍醐味です。シンプルなパンなので、夕飯に添えるパンにもピッタリです。

c0229312_17293975.jpg

農作業が忙しい今でも、大変な捏ね・面倒な計量がないので気軽焼けます。発酵時間は目安なので、前後しても気にしないでOK.途中冷蔵庫に入れて、時間調整をする事も出来ます。


作り方
強力粉           300g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖(キビ砂糖)      小さじ1
塩             小さじ1/2強
オリーブオイル       大さじ1
水             220g


c0229312_172926100.jpg

↑①材料を全てボールには計り入れる。

c0229312_17333446.jpg

↑②全体を2~3分混ぜる。生地をボールの内側に押し付けるイメージで、力強く混ぜる。重い生地なので、力が入りやすい様に木べらやしゃもじがおススメです。

c0229312_17345470.jpg

↑③ラップをして室温で生地が2倍の大きさになるまで、1時間半~2時間置く。気温によって、発酵時間は異なります。

c0229312_17364266.jpg

↑④発酵後。22度の室温で1時間45分置きました。

c0229312_17372020.jpg

↑⑤全体を押し付ける様にガス抜きする。再びラップをして、30分~1時間発酵。ガス抜きして、もう1度発酵させることで生地に弾力が生まれ、キメも細かくなります。

c0229312_1739734.jpg

↑⑥鉄板に厚さ2cmぐらいになる様に、ゴムベラで成形する。
ラップをして生地が乾燥しないようにして、室温で約1時間発酵もしくは、オーブン発酵機能で約20分発酵させる。

c0229312_1740226.jpg

↑⑦指で穴を開け、オリーブオイルと岩塩をふる。
230度に予熱したオーブンで約15~20分焼成する。

c0229312_17435091.jpg

↑今回はシンプルにオリーブオイル&岩塩にしましたが、アンチョビやオリーブ・ウインナーなどを乗せても。









by makipan-t | 2016-05-18 17:20 | パン | Comments(0)