カテゴリ:パン( 108 )

タルトフランベ 

c0229312_16205313.jpg


フランス・アルザス地方の郷土料理「タルトフランベ

「フロマージュブラン」と言うフレッシュチーズを塗り、玉ねぎスライスとベーコンを散らしたピザ風の薄焼きパン。ピザほど重く無くて、シンプルな味美味しいパンです。

c0229312_16261486.jpg


フロマージュブランの代わりに、水切りヨーグルト&ピザチーズを混ぜたアレンジレシピで焼きました。何と言っても、焼き立てを食べたいパンなので、冷めたらトーストで温める事が必須です。

c0229312_16272838.jpg


これから本番を迎える新玉ねぎで作ったら、最高に白ワインと合いそう~(笑)





by makipan-t | 2017-02-26 16:28 | パン | Comments(0)

きな粉クリームあんぱん

c0229312_1843795.jpg


2月後半のマキパン教室のメニューは「信玄餅風コッペ」。

参加者さんから「お土産に持ち帰ったパンが、家族に好評であっという間に完食しちゃいました」って嬉しいメールを頂いて、ほっと安心しました。

きな粉クリームは作っている時から、きな粉の良い香りが広がります。この配合になるまで、随分試作をしました。

c0229312_1872626.jpg


きな粉クリームのアレンジ方法として、粒あんと一緒にパン生地で包むのもおススメです。

c0229312_18103649.jpg


クリームはしっかり冷やし固めて置かないと、上手に包めないので、前もって作っておきます。じっくり発酵させて・・・。

c0229312_18115672.jpg


仕上げ発酵後に、きな粉を振ってハサミで空気抜け穴を開けます。


焼き立ての美味しそうな香りに、写真を撮る前に食べちゃいました~(笑)かなり熱々で口の中を火傷しちゃいそうでしたが、やっぱりオーブンから出たてのパンって美味しい~!!





by makipan-t | 2017-02-23 18:04 | パン | Comments(0)

ちくわパン

北海道発祥のちくわパンを(←詳細がのってるサイトへ)焼いてみました。

c0229312_1805321.jpg


もちろん中には、ちくわが入ってます!!

c0229312_182270.jpg


ちくわの穴の中には、ツナマヨネーズが・・・。

魚の旨味たっぷりの惣菜パンで、上に絞ったマヨネーズ&青のりが良い感じです。

c0229312_1854342.jpg


・・・ただ気になったのが、焼き立てが「魚」臭いっ!!

なんか、生臭いかんじなんですが・・・これってツナ缶やちくわの種類かしら?!
パンが冷めたら、気にならず美味しく食べれました。





by makipan-t | 2017-01-30 18:10 | パン | Comments(0)

茹で玉子入りポテトコーンパン

c0229312_1542619.jpg


自家栽培のジャガイモを使った総菜パン。

c0229312_15434291.jpg


蒸したジャガイモに茹で玉子を荒くほぐし、コーン缶・溶けるシュレッドチーズを加えました。ジャガイモが熱々のうちに、マヨネーズ・鶏ガラスープの素・牛乳・塩コショウで味付けをすると、しっかり馴染みます。

c0229312_15471960.jpg


マヨネーズベースのジャガイモは、色々な具と相性が良くて重宝します。

プラスする具は・・・

・定番のツナと玉ねぎ
・明太子の時はマヨネーズ多めに
・ジェノベーゼソースとベーコン
・粗びきウインナーとドライトマト
・ミートソースに溶けるシュレッドチーズ
・焼肉でボリュームアップ
・炒めたひき肉と玉ねぎでコロッケ風





by makipan-t | 2017-01-07 16:00 | パン | Comments(0)

クリープ入りミルクハース

コーヒーに入れる「クリープ」を開封しましたが、使い切れないのでパンに入れてみました。スキムミルク的な感じです。

c0229312_179118.jpg


牛乳をたっぷり加えた、甘めの生地はスライスしてこのまま食べても美味しいし、サンドイッチにも向いてます。

c0229312_17102641.jpg


食パンを型に入れて焼くのは、発酵時間も焼成時間も長くて面倒な時にミルクハースを焼きます。焼き立てに美味しい有塩バターを付けて食べてる時は、心から幸せを感じます(笑)

c0229312_171245100.jpg


2個分
・強力粉  250g
・キビ砂糖  30g
・塩      4g
・クリープ  20g
・イースト   5g
・牛乳    90g
・水     90g
・バター   20g





by makipan-t | 2016-12-28 17:14 | パン | Comments(1)

パネトーネ

いよいよクリスマス目前ですね!!

クリスマスのパンと言うと「シュトーレン」「クグロフ」などがありますが、今回はイタリアのパン「パネトーネ」を焼きました。

c0229312_1552763.jpg


中種を前日から作り、ふかふかの焼き上がりにしました。

手前:天日干しピオーネレーズンのラム酒漬けと自家製オレンジピール
奥:甘栗とチョコチップ


c0229312_15553932.jpg


甘栗とチョコチップ

たっぷりとチョコを加えた、子供が好きな組み合わせです。

まだパンが温かいうちに食べたので、チョコが溶けててナイス。甘栗も美味しいけど、ナッツ類の方がアクセントになって良かったかも・・。


c0229312_1554747.jpg


天日干しピオーネレーズンのラム酒漬けと自家製オレンジピール

やっぱりパネトーネには、ドライフルーツが美味しい~。ドライフルーツの酸味と、砂糖・卵・バターたっぷりの生地が最高です。もっとたっぷりフルーツを加えれば良かったわ~。





by makipan-t | 2016-12-21 15:58 | パン | Comments(0)

キーマカレーと卵のクリスマスブレッド

クリスマスのイルミネーションが、美しく輝く季節になりました。

私が暮らす山梨県の勝沼では「ハーブ庭園 旅日記」のイルミネーションが有名で、無料で楽しめるので観光客から地元の方まで沢山の人が連日訪れていますよ。

c0229312_13424927.jpg


そこで、クリスマスをイメージしたパンを焼きました!!

c0229312_13385682.jpg


中には手作りのキーマカレーとゆで卵を巻いて成形し、チーズを乗せて焼きました。
1つ1つを小さく焼いても食べやすいですが、大きく焼いて切り分けて食べるパンの方が豪華に見えて、テーブル栄えします。

c0229312_13471428.jpg


この成形方法だと、具に何が入ってるか分かりますし、どこを食べてもパンと具が味わえるのが良い点です。
欠点は、具がボロボロ落ちやすい所・・・。お皿を持って食べて下さいね。



お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!




,
by makipan-t | 2016-12-08 13:50 | パン | Comments(0)

アマランサスとキャラメルナッツのパン

アマランサスとは、日本名「赤粟」と呼ばれ日本でも江戸時代ごろから東北で作られていたそうです。栄養価に優れ、アレルギー反応が少ない事やグルテンフリーなのも、最近注目集まっているポイント。

c0229312_15565971.jpg


捏ね上がったパン生地にアマランサスを加えるだけで、カルシウム・鉄分などの栄養がぐぐんっ~とアップ!!クセのある味は全くないし、プチプチした食感が楽しいです。

c0229312_1559210.jpg


香ばしくローストしたクルミにキャラメルをまとわせた"キャラメルナッツ”を巻き込みました。

このキャラメルナッツは作ってる時から、パクパクとつまみ食いがやめられない美味しさなんです~(笑)





by makipan-t | 2016-12-03 15:52 | パン | Comments(0)

パン教室のメニュー試作中です。

日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなり、庭の落ち葉の量が増して来ました。

c0229312_17314055.jpg


マキパン教室は予約開始が早いので、私も1月・パン教室の試作に追われています。

イベント出店が多くて、なかなか思い通りに試作が出来ませんが・・・11月末までには、1月のパン・日程・予約をお知らせ出来るように、頑張りたいと思います。(遅れてしまった時は、スミマセン)




by makipan-t | 2016-11-21 17:37 | パン | Comments(0)

キャラメルとクルミのスイーツブレッド

キャラメルとナッツの組み合わせが大好きです。

ねっとりと濃厚な甘さに、香ばしくローストしたナッツのカリッとした食感が最高!!

c0229312_15483537.jpg


しっかり焦がしたキャラメルに生クリームを加えて作ったソースと、先日収穫した笛吹市産のクルミ(←ブログの記事へ)を甘いパン生地に混ぜ込み、上にマショマロをトッピングして焼きました。

食べる時に手がベタベタになっちゃうので、フォークに刺して食べると良いですね。
食べ始めると止められない、中毒性のある(笑)スイーツブレッドです。





by makipan-t | 2016-10-09 14:47 | パン | Comments(0)