カテゴリ:自家菜園レシピ( 128 )

すりおろしコーンスープ

c0229312_1634720.jpg
↑トウモロコシの旬を過ぎて遅く植えた苗の実入りが悪くて、歯っ欠け状態です(笑)

c0229312_16361578.jpg
↑義父さんがテレビを見て覚えた作り方でコーンスープを作ってみました。コーンと牛乳に塩だけで味付けをし、甘いトウモロコシの味を堪能できるスープです。すりおろしたコーンで、どろっと食べる感じのボリュームある1皿に。

c0229312_16393736.jpg
作り方
①新鮮なトウモロコシはひげを丁寧に取り除き、すりおろす。

c0229312_1640587.jpg
↑②実が柔らかいので力を入れないでも綺麗にすりおろせます。

c0229312_16415766.jpg
↑③鍋に入れ牛乳・塩を入れ、温めながら火を通す。

c0229312_1643935.jpg
↑濃いのが苦手な方は、水やスープを加えて。コクを足すならバターを落としても良いけど、このままで十分美味しいですよ。
by makipan-t | 2015-09-08 16:33 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋なすとウインナーの煮物 秋なすとツナのめんつゆ海苔煮

ナスの皮が割れた様になって、皮の固い秋ナスが沢山収穫できます。見た目が綺麗ではないので、おすそ分けするのも躊躇されて、連日ナス料理がテーブルに並びます。

c0229312_164846100.jpg
↑秋ナスとウインナーの煮物

ごま油で炒めたナスとウインナーをめんつゆで煮て、仕上げに青のりとかつおぶしを散らしました。ゴマ油でしっかりとナスを炒めてから、ウインナーを加えて煮るとナスにコクが出て美味しい。

作り方
①秋ナスは皮が固ければ全部むいて、立てに切る。ウインナーは斜めスライス。
②フライパンにごま油を加え、ナスを炒める。香ばしい焼き色が付いたらウインナーを加える。
③めんつゆと水をひたひたになる様に加え、ナスが柔らかくなるまで約5~8分煮る。(ウインナーや青のりなど旨味が出るので、めんつゆは少な目で)
④仕上げに青のりとかつおぶしを振る。

c0229312_165134.jpg
↑秋なすとツナのめんつゆ海苔煮

同じくめんつゆのみの味気ですが、ツナの旨味で全く違う味わいになります。ツナ缶は油ごと加え、さらに海苔をプラスするので、磯の香りがふわっとします。

作り方
①秋ナスは皮が固ければ全部むいて、1cm幅の輪切りにする。
②鍋にめんつゆ、水、ツナ缶(油ごと)を加え、煮立ったらナスを加え、柔らかくなるまで約10分煮る。煮汁が多い時は、水分を飛ばすように煮る。
③焼き海苔をちぎりながら加え、馴染む様に少しだけ煮る。
by makipan-t | 2015-09-05 16:58 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋なすの味噌揚げ餃子

c0229312_1864921.jpg
↑秋になりナスの表面がひび割れた様になり、皮が固くなってきました。皮をむいて料理すれば問題ないのですが・・・。野菜作っていると、スーパーに並んでいる物が大変綺麗な事に関心します。(農家さんの苦労がそこにあるんでしょうね)

c0229312_18928100.jpg
↑ナスをたっぷりと入れた揚げ餃子は、味噌と大葉を加えたしっかり味なので、何も付けないで食べれます。ナスがお肉よりも沢山入ってますが、ナス感が全然しないで食べやすいですよ。

作り方(30個分)
ナス    250~300g(約3本)
豚ひき肉  200g
味噌     大さじ2
大葉     10枚
餃子の皮  30枚
揚げ油

c0229312_18135092.jpg
↑①ナスは皮をむいてみじん切りにする。

c0229312_18141536.jpg
↑②ナスをボールに入れ、塩小さじ1(分量外)を加え、軽くもみ、しばらく置いて水分を出す。
③ぎゅ~っと水分を絞る。灰汁の茶色い汁がたっぷり出ます。

c0229312_18153412.jpg
↑④ボールに材料を入れ混ぜる。(大葉はみじん切り)

c0229312_18162742.jpg
↑⑤餃子の皮の半分に、肉だねを半月上に乗せ、水を付けてしっかり閉じる。(油が少なくて揚げれるように、肉だねを薄目にするのがポイント)

c0229312_18191521.jpg
↑⑥フライパンに少々油を入れ、揚げ焼きにする。

c0229312_18194350.jpg
↑ナスのおかげでジューシィーに仕上がります。大葉はお好みで20枚入れても爽やかで美味しいですよ。ナス嫌いの子供もパクパク食べてくれる我が家の人気メニューです。
by makipan-t | 2015-09-02 18:21 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋ナスのペースト

パンに乗せて美味しいナスのペーストは、野菜とは思えないコクがあり大好きです。“NAVERまとめ”でも「貧乏人のキャビア」なすのペーストとして紹介されています。
c0229312_16104849.jpg
多くのレシピが「焼きナス」を作ってからオリーブオイルなどと合わせて行きますが、皮ごとのナスが真っ黒になるまでグリルで焼くのって正直時間がかかるし、焼き立ての熱々を我慢しながら皮をむくのが大変です。

そこで、簡単に出来るアレンジレシピで!!

作り方
ナス         2本
オリーブ油     大さじ1
白ワイン(あれば) 大さじ1
鶏がらスープ素 小さじ1~2
ニンニク      1ケ
粗挽き黒胡椒 塩

c0229312_16211777.jpg
↑①ナスは皮をピーラーなどで全部むき、1cm幅に切る。
②フライパンにニンニクのみじん切り、オリーブ油を入れナスを両面焼く。

c0229312_16233539.jpg
↑③白ワイン、鶏がらスープ素とひたひたの水を加え、ナスが柔らかくなるまで煮る。(フタはしないで水分を飛ばしながら煮る)
④ナスが柔らかくなったら、フォークの背で潰すか、フードプロセッサーにかけてペースト状にする。
⑤粗挽き黒胡椒・塩で味を調える。コクがもっと欲しい方はオリーブオイルも加える。


c0229312_16264650.jpg

by makipan-t | 2015-08-24 16:27 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

冷凍甲州小梅の黒糖梅酒

c0229312_17321648.jpg
↑5月末に沢山収穫した甲州小梅を冷凍し、これで梅酒を漬けました。一度冷凍→解凍する事で、細胞が分解しやすくなり、梅エキスが出るのが早くなります。梅酒が短時間で馴染む、早く飲みたい人にピッタリの裏ワザです(笑)

c0229312_17343771.jpg
↑梅   1キロ
黒糖  300g
ホワイトリカー 1・8リットル

これが目安分量。
でも、梅が沢山あったので梅増量で付けました。梅は凍ったままで黒糖と交互に容器に入れ、ホワイトリカーを注ぎます。自然に解凍するまでの半日ぐらいは容器の周りに沢山の結露が付くので、下にタオルを敷いて置いた方が良いですよ。すっかり室温に戻ったら、冷暗所で保管します。

c0229312_17374219.jpg
↑・・・・3ヵ月後・・・・

梅がしっかりシワシワになり、黒糖の甘さがまろやかな梅酒が出来ました。梅をたっぷり入れたので、酸味もしっかり効いていて、夏バテ防止にもなりそう。
by makipan-t | 2015-08-19 17:39 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

デラウエアージャム

c0229312_17453484.jpg
↑今年は悲しいほど、デラウエァーが不作です。
天候不順が要因と言われ、種が抜けないで混入してしまったり、綺麗な紫色ではなく薄い緑色の房になってしまう物も多く出てしまいました。ハリがないシワシワの房などをジャムにしました。

c0229312_1751841.jpg
↑プチッ、プチィ・・・・
って地味に皮を1粒1粒取り除いて行きます。デラウエァーは皮が固いので、皮を外した方が美味しいジャムが出来ると考えていますが、この作業が本当に飽きてきちゃいます(笑)

c0229312_17535333.jpg
↑食後にテレビを見ながら2時間半頑張り、お鍋いっぱいになりました。

c0229312_1755593.jpg
↑灰汁がぶくぶくと出て浮いて来るので、丁寧にすくい取ります。スッキリとしたデラウエアーの味を生かすジャムにする仕上げるために、灰汁取りはこまめに・・・。

c0229312_17571254.jpg
↑粒・粒をしっかりと感じるように、サッと短時間で煮上げました。
砂糖は北海道産のキビ砂糖を使い、葡萄の味を失わない様に低糖にしました。長期保存には向かないし、開封したら美味しいうちに食べ切れる様に、小さい瓶で。

c0229312_1803464.jpg
↑毎朝欠かさず食べてるプレーンヨーグルトに、たっぷりと。ジャム+ヨーグルトが中毒的に好きな食べ方で、3時のスイーツ代わりや夕飯後に物足りない時などにも、食べてしまいます。健康面からも、加える砂糖の量はほんの少しにしてます。
by makipan-t | 2015-08-14 18:02 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

完熟トマトの香味パン粉のせ

c0229312_15135171.jpg
↑プチトマト、ミディー、アイコなどのトマトの苗を植え、今を盛りとたっぷり収穫できます。写真は桃太郎。市場に出荷する物と違い、樹でまっかに完熟したから採るので、甘さと味の濃さが違います。

c0229312_15164791.jpg
↑パン粉をバターを溶かしたフライパンで香ばしく炒り、ガーリック、パセリ、バジル、ブラックペッパーに粉チーズを加えた“香味パン粉”を乗せると、いつものトマトスライスがグレードアップします。トマトの種の周りの旨味たっぷりのジュースをパン粉が吸って、美味しいの~。

c0229312_15184620.jpg
↑この“香味パン粉”は、もともとは料理のレシピ本で豚肉のソテーのトッピングとして紹介されていましたが、とっても美味しかったので、焼いたナスに溶けるチーズと“香味パン粉”を乗せたり、パスタのトッピングに愛用してます。

目安分量
バター    10g
パン粉    20~30g
ニンニク     1ケ(みじん切り)
ドライバジル  小さじ1
ドライパセリ  小さじ1
粉チーズ    小さじ1~3
黒胡椒・塩   

ハーブはオレガノ・ローズマリー・タイム・などお好みの物で。アーモンドなどのナッツを加えても、さらに香ばしくて美味しいし、バターの代わりにオリーブオイルでも。

c0229312_1528197.jpg
↑トマトは焼いてもジューシィーでとろける食感が美味しいですよ。トマトはフライパンで焼いても良いし、パン粉を乗せた後にレンジでチンしても!!
by makipan-t | 2015-08-12 15:12 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ミョウガと青しそたっぷり和風鶏そぼろ丼

イメージしたのは、和風ガパオライス!!
c0229312_17244521.jpg
↑たっぷりのミョウガと青しそをトッピングしサッパリとして、鶏ひき肉の味付けには味噌を加えました。夏場は、毎日収穫できるナスとピーマンもたっぷりと加えたので、鶏ひき肉は少量でOK.

c0229312_17275146.jpg
↑そうめんやうどんにかけても美味しいし、残ったら卵とじにする時も。子供が食べれるように辛味は加えなかったので、お好みで豆板醤・食べるラー油を混ぜても。

作り方
鶏ひき肉
ナス、ピーマン、玉ねぎ
ニンニク、ショウガ、
味噌、焼肉のタレ 

①ニンニク・生姜がみじん切りにし、ナス・ピーマン・玉ねぎは荒みじん切りにする。
②フライパンに少々油を入れ、ニンニク・ショウガを加え香りが経ったら鶏ひき肉を炒め、野菜も加えて炒める。
③味噌と焼肉のタレを同量加えて、軽く炒める。


c0229312_17361258.jpg
↑次々と出て来るミョウガ。 やや湿った日陰を好み、茎がうっそうと茂っています。我が家のミョウガは採れる場所には、藪蚊が沢山いるので香取線香&長袖・長ズボンにゴム手袋が必須アイテム。汗を流しながら収穫してます。

c0229312_1740751.jpg
↑薬味として食べる事が多くなかなか大量消費できないので、「こんな食べ方あったんだ!人気のミョウガレシピ」を私も参考にしてます。
by makipan-t | 2015-07-30 17:41 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

茹でナスの香味ポン酢かけ

c0229312_17563980.jpg
ナスとキュウリが毎日大量に収穫できて、どう消費すれば良いのか嬉しい悲鳴をあげています(笑) この茹でナスは旦那さんのお母さんから教えてもらった料理の1つ。冷蔵庫で冷やしておくと、暑い時もサッパリと食べれるます。

作り方
c0229312_1757588.jpg
↑①ナスの皮を縞々にむく。(そのままでも、全然OKです)
②鍋にお湯を沸かし、沸騰したら茄子を入れる。

c0229312_180159.jpg
↑③ナスが浮いてしまうので、落としフタを乗せ、蓋をして約5分中火で茹でる。

c0229312_181192.jpg
↑④お箸でナスをつかんで柔らかくなっていたらOK.そのまま茹で汁の中で冷ます。この茹で汁の中で冷ます事が、唯一のポイント!!ふっくら・ジューシィーに仕上がります。

c0229312_1825118.jpg
↑⑤ひと肌に冷めたらタッパーなどにナスだけを入れて冷やす。(皮の色は抜けてしまいます)

c0229312_184635.jpg
↑タレ
ポン酢大さじ1にごま油小さじ1、ミョウガ・生姜・長ネギのみじん切りを加える。

写真奥は、オイスターマヨソース。
マヨネーズ、オイスターソース、豆板醤を混ぜれば完成。コクが欲しい時におススメです。

どちらのタレも冷しゃぶやそうめんにも合います。茹でナスは沢山作って、サラダに加えたり刻んで豆腐に乗せたりしてます。
by makipan-t | 2015-07-24 18:07 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

新生姜のジンジャーシロップ

c0229312_8465952.jpg

6~8月に店頭に出回る新生姜は、スジと苦みが少なく「甘酢漬け」「ガリ」を作る素材として知られています。そのまま味噌を付けて、ピリッと爽やかなで初夏の味を楽しむ事も。

c0229312_8485928.jpg
↑新生姜と砂糖だけで作るジンジャーシロップは濃厚な甘さと清々しい生姜の香りが美味しく、簡単に仕上がります。炭酸水で割ってお風呂上りに飲んだり、白玉だんごのシロップやかき氷など、暑い真夏を乗り切る大切なアイテムです。

作り方
新生姜
砂糖   生姜と同じ量

c0229312_8521587.jpg
↑①新生姜は土や汚れを洗い落す。凹んだ部分はスプーンでこする様にするといいですよ。

c0229312_8534425.jpg
↑②出来るだけ薄くスライスし(スライサーを使用しても)、鍋(ステンレスかホーロー)新生姜と同じ量の砂糖をまぶす。30分以上放置し、砂糖を新生姜の水分で溶かす。
③生姜ごと火にかけて、10分ぐらい煮る。
④ざるにあけ、シロップと生姜を分ける。

c0229312_8571597.jpg
↑残った生姜に砂糖を追加し、鍋で10分ほど煮て「新生姜の砂糖煮」に。そのまま食べても美味しいお茶請けになるし、刻んでジンジャーマフィン、パン生地に混ぜたり、カレーに加えてます。
醤油と鰹節・ゴマで煮て「佃煮」も美味しいですよ。




暑さを乗り切る夏グルメ!&おすすめ夏レシピ
by makipan-t | 2015-07-18 09:03 | 自家菜園レシピ | Comments(0)