カテゴリ:自家菜園レシピ( 116 )

完熟トマトの海苔ソース

7月に入ってからの長雨・低温にうんざりしていましたが、この数日の34度超えの最高気温にすっかりバテ気味に・・・(笑)。でも畑のトマトは夏の日差しを受けて、真っ赤に熟れて美味しそうです。

c0229312_17545313.jpg
↑木で完熟させたトマトはスライスして塩で食べるだけでご馳走ですが、本日は海苔のソースをかけてみました。食べる直前までトマト・海苔ソースは冷蔵庫で冷やしておくと、さらに美味しいですよ。

c0229312_17571534.jpg
↑焼き海苔2枚は適当な大きさにちぎって、めんつゆと混ぜる。レンジで30秒加熱して海苔を馴染ませる。ゴマ油・柚子胡椒をお好みで混ぜる。


c0229312_186551.jpg
↑種なし巨峰もこの暑さで一気に房が緑色から紫に変化し始めました。この時期は、色が日々変化し、1房の中に複雑な美しい色が存在してます。



暑さを乗り切る夏グルメ!&おすすめ夏レシピ
by makipan-t | 2015-07-13 18:00 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ピーマンの小鉢 3種類

c0229312_17234315.jpg
↑ナス、トマト、キュウリ、いんげん・・・・夏野菜が沢山収穫できる季節になりました。ピーマンも艶々の緑が美味しそう!!
(でも、うちの子供はあの苦みや青臭さがやっぱり苦手です)

c0229312_17253519.jpg
↑マヨネーズとめんつゆの炒め物

フライパンで炒める時の油をマヨネーズにして、ちくわと一緒に炒め、めんつゆで味付けした1品。マヨネーズで炒めると、コクが出て美味しい。

c0229312_17273136.jpg
↑ゆでピーマンの梅みそ和え

手で大雑把にちぎったピーマンを軽く塩ゆでし、梅肉とお味噌と混ぜれば完成。レンジでピーマンを加熱すれば、さらに時間短縮できるし、ピーマンの清々しい味を楽しみなら、生のままでも!!


c0229312_17311419.jpg
↑昆布佃煮ピーマン

ゴマ油でピーマンを炒め、昆布佃煮を加え、醤油をちょろっと垂らして香ばしさを出します。昆布佃煮は好みの味で。



3品とも簡単に作れるので、分量は適当で(笑)、味見をしながら調味料を加減してください。ご飯・お弁当やお酒にも!!
by makipan-t | 2015-06-29 17:36 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

かぶの簡単浅漬け 2種類

c0229312_17573569.jpg
↑かぶの白い根の部分は淡色野菜で、葉っぱが緑黄色野菜になります。葉っぱの方が栄養素は多いのですが、農薬を散布しないで栽培していたら、芋虫に葉を食べられてしまっていたので(笑)、根の部分だけ料理に使っています。

c0229312_1811832.jpg
↑かぶの和風ピクルス
お酢が入ってサッパリとした和風ピクルスは、めんつゆで味が決まるので簡単です。箸休めにぴったり。

(作り方)
薄切りにしたかぶをビニール袋に入れ、3倍濃縮めんつゆ+お酢を同量加え、もむ。袋の口を縛って、冷蔵庫で30分以上冷やせば完成。

c0229312_184476.jpg
↑かぶの昆布茶漬け
昆布茶を使えば旨味たっぷりの浅漬けも手間いらず!!味が足りない時は、仕上げに昆布茶を振りかたり、醤油をたらして。

(作り方)
薄切りにしたかぶをビニール袋に入れ、昆布茶を適量加え、もむ。袋の口を縛って、冷蔵庫で30分以上冷やせば完成。1日以上おいても美味しいですよ。


かぶ以外の野菜(きゅうり・大根・人参・セロリなど)でも美味しくできます。
by makipan-t | 2015-06-20 17:56 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

完熟甲州小梅のジャム

種なし巨峰・ピオーネの摘粒(粒抜き)作業が忙しい時期ですが、梅・ラズベリージャム・ジェノベーゼなどの保存食作りの時でもあるので、毎朝4時台には起床してます。天気が良い日は4時半で外も明るく、作業も出来てしまいますから・・・・(笑)

c0229312_8362287.jpg

まだ木に残っている完熟した甲州小梅の実で、ジャムを作り。しっかり完熟すると、杏の様なとっても甘い、芳醇な香りがします。完成したジャムは、フルーツタルトや焼き菓子の上に、杏ジャムの代わりに塗っても、遜色ない美味しさで、爽やかな酸味も気に入ってます。

c0229312_8335829.jpg
作り方
①完熟した梅は水で良く洗い、竹串でヘタを取る。さるに空けて乾かす。梅の重さを計り、砂糖を梅の80~100%用意する。

c0229312_8384410.jpg
↑②冷凍保存袋に入れて、1度冷凍する。
冷凍した梅を解凍してジャムを作る事で、細胞が崩れ水分や出やすくなるので短時間でジャムを煮る事が出来ます。梅酒や梅ジュースも冷凍梅だと、漬ける時間が短くなります。

c0229312_8414497.jpg
↑③ステンレスやホーローなど酸に強い鍋に冷凍梅を入れ、室温で解凍する。冷凍したまま煮るのも可能ですが、煮立つまで時間がかかるので、私は自然解凍してから加熱してます。

c0229312_844225.jpg
↑④解凍すると水分が出てるので、梅が軽く煮崩れるまで煮る。(煮立ってから5分ぐらい)

c0229312_845235.jpg
↑⑤荒い目のザルでこして種を取り除く。

c0229312_8455034.jpg
↑⑥再び煮る。梅の80~100%の重さの砂糖を数回に分けて加える。砂糖を味見をして好みの量にしてください。殺菌した瓶に熱々のジャムを入れて完成。



c0229312_848731.jpg
↑出来立ての梅ジャムをヨーグルトに。
ザルで種をこすのが、正直面倒ですが、滑らかなジャムの美味しさを味わっちゃうと、その手間の価値を実感し、毎回頑張れます。
by makipan-t | 2015-06-12 05:30 | 自家菜園レシピ | Comments(2)

自家製トライパセリ

c0229312_861610.jpg
パセリはビタミンA、B1、B2、Cが豊富で、さらにカロチン、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維の含有量も野菜の中でトップクラス!!フライや肉料理の付け合せのイメージから抜け出れませんが、とっても優秀な野菜だそうです。

我が家でもポットや種を買って栽培してます。次々に出て来るパセリが生き生きしている間に、ドライパセリにして保存し1年間楽しんでいます。

ドライパセリの作り方
c0229312_8145055.jpg
↑①栽培した物は、市販のパセリと異なり、茎が長くならないので、雨の跳ね返りで土が付くので、しっかり洗い水分を拭き取る。

②クッキングシート上に、キッチンペーパーを重ね、パセリを広げる。

c0229312_8175779.jpg
↑③電子レンジ600wで1分~1分30秒加熱。(ラップなし) 1度取り出し、庫内に付いた水分を拭き取り、パセリの過熱むらを無くす為に全体を混ぜる。

④様子を見ながら追加加熱する。パセリの量によって異なるので、写真のようにパリッパリッになるまで。本日の量では、追加時間は1分でした。

c0229312_821357.jpg
↑⑤指でもんで、パラッと粉になれば乾燥完了。

c0229312_8214451.jpg
↑⑥小さなビニール袋に入れ、握るように粉にする。

c0229312_822213.jpg
↑⑦一瞬で粉々になります!!残った茎は、気になるなら取り除く。

c0229312_8231181.jpg
↑⑧ビニール袋の口をしばり、冷凍バッグに入れ冷凍保存。使用する時に、小瓶に使う量だけ移しかえればグリーンが綺麗なまま1年以上保存できます。


c0229312_8253095.jpg
↑収穫した小カブとウインナーのガーリックソテーにたっぷりドライパセリを。オリーブ油で焼いた小カブが甘くて美味しい。ガーリック&ウインナーの最強組み合わせは、子供も大好きです。
by makipan-t | 2015-06-11 18:05 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

春菊のチヂミ

c0229312_19145513.jpg
↑チヂミは韓国料理の定番で、ウィキメディアによると「平たく伸ばして焼いたもの」という意味だそうです。

本日は自家栽培の春菊と人参で作りました。ジックリ焼いてサクサクに仕上げると、春菊の香りが引き立ち美味しく仕上がります。ニラやねぎなど香りが強い野菜で作るのがおすすめ。野菜だけでも、満足感の高い1品です。

c0229312_19201432.jpg
↑作り方
①春菊は良く洗い5cm位に切る。人参は太目の千切りにする。

c0229312_19211885.jpg
↑②天ぷら粉、卵、塩コショウ、水を加え、お好み焼き位の固さにまとめる。

c0229312_1922304.jpg
↑③フライパンにたっぷりのゴマ油を入れ、生地を薄く広げる。両面香ばしく焼く。

c0229312_19242132.jpg
↑④お酢、醤油、ラー油、七味を加えたタレに付けて!!
by makipan-t | 2015-06-09 19:27 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

完熟甲州小梅のビニール袋塩漬け

c0229312_19163551.jpg
↑木で黄色くなるまで完熟させた甲州小梅は、青梅の時よりも一回り大きくふっくら柔らかくなってます。完熟するとポタッと落ちてしまうので、木の下にネットを張ってキャッチします。

c0229312_19184937.jpg
↑甘いあんずの様な良い香りが広がります。まだ青さが残っている実は2~3日置いておくと、色が黄色に変化します。

c0229312_19211928.jpg
↑青梅はアクが強いので水に半日付けますが、完熟梅は洗うだけでOK.やさしく洗い、竹串でヘタを取り、水分をとります。ザルの上に布巾をのせ、梅を広げて乾燥。

c0229312_19242273.jpg
↑赤しそ梅干し・・・13%の塩

c0229312_1924578.jpg
↑はちみつ梅・・・9%の塩

厚手のビニール袋に入れ、全体にまぶします。

c0229312_19275832.jpg
↑梅の約2倍の重量の重し(ジャムで代用)を乗せ、冷暗所か冷蔵庫で水分が上がってくるまで漬けます。時々上下を交換して、塩を全体にいきわたらせます。上がってきた水分を「梅酢」と言い、酸っぱ塩っぱい調味料として料理に使えます。梅酢で梅が漬かるようになったら、重しを減らして、梅雨明け(7月上旬)まで待ちます。
by makipan-t | 2015-06-05 19:33 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ブルーベリーの初収穫!!

c0229312_18263599.jpg
↑我が家のブルーベリーの収穫もスタートしました。ブルーベリーは乾燥に弱いので、毎日の水やりは必須!最近は高温&乾燥の為、ブドウの農作業の合間、早朝と夕方の2回たっぷり水を与えていました。手間をかけた分、嬉しさも倍に感じる初収穫です。


c0229312_1833169.jpg
↑ジューンベリーみたいに鳥に食べられないように、ブルーベリーにはネットを張りました。先手必勝です~(笑)

c0229312_18355172.jpg
↑摘みたてのブルーベリーをハチミツと、ヨーグルトに。

ブルーベリーは病気や虫に強いので農薬なしで栽培出来ます。皮ごと食べれ、果物の中で食物繊維の含有量はトップクラス。ハチミツには腸内の善玉菌を増やす環境を整える効果があるので、ヨーグルトと一緒に食べると、便秘など腸内を元気にするのに効きますよ~。
by makipan-t | 2015-06-02 18:46 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

自家製甲州小梅入り そうめんつゆ

5月の平均最高気温が過去最高だった今年。

c0229312_18131928.jpg

↑昨年作った自家製甲州小梅の梅干し(←ブログの記事へ)が、まろやかに熟成し、夏バテ防止に出番が多くなって来ました。毎日のお弁当に2~3粒入れたり、サラダに使用したり・・・すっぱさや塩分が疲れた体に染み渡ります。


c0229312_18113452.jpg
↑勝沼の最高気温が34.1度と真夏の様な気温に、そうめんがご馳走です。

最近のブームはネットで見た梅ごまそうめんつゆ(←クックパッドへ)。
そうめんつゆにゴマ油、梅干し、生姜のすりおろし、細ネギ、海苔、すりゴマをたっぷり加えると・・・ううんっ~麺が進みます!!
by makipan-t | 2015-06-01 20:07 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ジューンベリーの収穫

c0229312_17544571.jpg
↑今年は最高気温が7月並みの日が続き、ブドウの花が一斉に咲いてしまい房切りに追われています。写真は巨峰。花が咲き終わったと同時に小さな粒が生るので、「ジベ」を行いました。「ジベ」とは薬品・ジベレリン溶液に漬けて、種を抜き房を大きくさせる処理の事です。

c0229312_17523086.jpg
↑ブドウ農作業に追われていたら、庭のジューンベリーの大半を鳥に食べられてました~(笑) 

c0229312_1802362.jpg
↑本日の収穫は、こんな感じ。本当はもっと赤紫になるまで待った方が、甘くて美味しいのですが・・・鳥が先に食べてしまうので(笑) 少しなので冷凍保存し、ある程度溜まったらジャムにしたいと思います。ここから木に残ってる量も少なそうなので、ラズベリーやブルーベリーと一緒に、ミックスベリージャムにする予定。それはそれで、美味しそうなので楽しみ~。
by makipan-t | 2015-05-31 18:10 | 自家菜園レシピ | Comments(0)