カテゴリ:自家菜園レシピ( 133 )

ぶどう畑の中の天空カボチャ

勝沼が産地の1つになっている、名物野菜「天空かぼちゃ」→facebookへ。

今年は、我が家も天空かぼちゃを栽培しました。

甲斐路の棚の空いてる部分に夏前に苗を植えました。
c0229312_1620462.jpg
↑天空かぼちゃ、って?

ぶどう棚を利用して、空中に実を付けさせる栽培方法で作られたかぼちゃの事。

どの品種のかぼちゃの苗でも、空中で作れば「天空かぼちゃ」って名乗って良いそうです。
(・・・ちょっと自信ない情報です・・・・)

c0229312_1623310.jpg
↑天空かぼちゃの特徴

・空中になってる事で、日光がたっぷりと当たり、甘いかぼちゃになる。
・実が土に触れてないので、綺麗なかぼちゃになる。
・土から離れて栽培しているので、風通りが良く病気になりにくい。

c0229312_16312345.jpg
↑1・5キロある大玉かぼちゃ。白皮栗南京です。
収穫後1~2か月間は冷暗所で追熟させ、でんぷんを糖に変化させます。
(採り立てのかぼちゃは水っぽくて、甘くないですよ~。)

しっかりとヘタが乾燥して、皮にオレンジ色がうっすらと出て来たら食べ頃。

c0229312_1635171.jpg
↑オレンジが濃くて、種周囲のワタが乾いた感じになってるのがサイン。

c0229312_1638426.jpg
↑焼きかぼちゃの煮物

ホクホクのかぼちゃを存分に味わえる煮物。

サラダ油で焼きてから煮るので、コクもありホクホク感がアップします。

作り方
①かぼちゃは種を取り食べやすい大きさに切る。
②フライパンに油を入れ、かぼちゃを両面焼く。
③めんつゆと水を加え、柔らかくなるまで煮る。

c0229312_16401662.jpg
↑鶏のパリパリ焼き、かぼちゃのロースト

塩をパラリッと振っただけで、かぼちゃの旨味が十分引き出せるロースト。
じっくり弱火で火を通すと、甘さがアップ。

作り方
①冷たいフライパンに鶏モモ肉を皮目を下にして入れる。
②種を取り、適当な厚さにスライスしたかぼちゃを肉の隙間に並べる。
③肉にクッキングシートをかぶせ、水の入った小鍋やヤカンを重りに乗せ、弱火で焼く。
④皮がパリパリに焼け、肉の周囲が白っぽく変わったら、肉とかぼちゃを裏返し重しを乗せ焼く。
食べる時に岩塩&粗挽き黒胡椒を。


鶏から出る脂の旨味で、焼き上げます。
フタをしちゃうとパリパリに焼けないし、重しをしないと肉が膨らんで香ばしくなりません。


食欲の秋・・・
最近ヤバイです(笑)
by makipan-t | 2015-09-29 16:16 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

自家栽培新生姜のジンジャーシロップ&おかか佃煮

新生姜で作るジンジャーシロップは爽やかな香りと辛さが美味しくて、毎年作って冷蔵庫にストックしてます。

炭酸水で割って飲んだり、白玉団子に垂らしたり(今年は明日9月27日が十五夜ですね)、子供は牛乳に混ぜるのが好きです。

透明なシロップになりましたが、レモン汁・クエン酸などを加えると薄いピンク色のシロップになります。

c0229312_7505442.jpg

作り方
・新生姜
・砂糖(キビ砂糖、グラニュー糖、黒糖など)

c0229312_7444210.jpg
↑①新生姜は土汚れを綺麗に落とし、皮ごと薄くスライスする。
②鍋に砂糖と生姜を入れ、全体に良く混ぜ、砂糖が溶けるまで半日ぐらい置く。
③弱火にかけ、2~3分沸騰させ、粗熱が取れたら、ザルでこす。この時上からぎゅ~っと押してエキスを絞り取る。


c0229312_7515547.jpg
↑ジンジャーシロップを作った後に残った生姜で、佃煮を作りましょう。
これが、とっても美味しい~!
佃煮が食べたくて、シロップを作る時もあるほど(笑)

作り方
・新生姜(シロップを作る前の重さ)  100g
・醤油           大さじ1
・かつお節        5g

①シロップを絞り取った後の新生姜を鍋に戻し、醤油・かつお節を加え、2~3分煮る。

そのまま食べても、お弁当やお茶漬けに加えるのもおススメです。
by makipan-t | 2015-09-26 07:42 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

自家製 新生姜のガリ(甘酢漬け)

c0229312_17305196.jpg
ミョウガの様な葉っぱを持つ生姜を収穫しました。

by makipan-t | 2015-09-25 17:41 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

初収穫サツマイモのワサビマヨ そばサラダ

「サツマイモは上の葉っぱが枯れたら収穫の目安」
って言うので、枯れたツルから初収穫してみました。

しかしサツマイモはカボチャ同様に、しばらく追熟させた方がでんぷんが糖に変わって美味しいと言います。
でも、採れ立てを食べたい~(笑)

なので、さっそく1本蒸してみました!!ワクワク。
・・・が、やはり甘味やホクホク感がなく、サツマイモらしい味がせずサッパリとしてました。焼きいもの様なねっとりとした甘いサツマイモが好きなので、少し残念。


c0229312_724075.jpg
あっさりとした味を生かして、ご飯のおかずやお酒のつまみになる1皿を作ってみました。

サツマイモのワサビマヨ和え

作り方
①サツマイモは太目の千切りにし、熱湯に入れ固めにゆでる。
②同量のめんつゆ(3倍濃縮タイプ)とマヨネーズ、すりゴマ・わさびをボールに混ぜ、熱々のサツマイモをあえる。
③常温に冷めたら、お皿に盛って。

c0229312_7305188.jpg
↑旦那さんはワサビ好きなので、たっぷりと加えてみました。

依然訪れたたてしな自由農園(←ブログの記事へ)で購入した「きざみわさび」は香り・サクサクした生ワサビの食感がとっても美味しいし、たっぷり加えても辛すぎなくて美味しい。


c0229312_7335619.jpg
↑そばサラダ

たてしな自由農園で買ったお蕎麦の乾麺を茹でて、残った麺でサラダ仕立てにリメイク!!

めんつゆ+ゴマ油のドレッシングに、きゅうり・かまぼこ・黒ゴマ・揚げ玉と一緒にあえ、ネギを散らせば完成。食べる直前まで冷蔵庫で冷たくしておくと美味しいですよ。
by makipan-t | 2015-09-19 07:37 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

マネキュアフィンガー入り サラダ



c0229312_16201861.jpg
↑我が家「土屋ぶどう園」マネキュアフィンガーが糖度も上がり美しい紫色になりました。

細長い指の様な形をした粒の先端が、濃い紫色になる品種。
その姿がマネキュアをした指先に似ている事から、その名が付きました。

なかなか市場には出ないブドウですが、勝沼ではすっかりおなじみの子です。スッキリとした甘さと清々しい酸味、薄い皮がポリポリとそのまま食べれます。

c0229312_1629982.jpg
↑マネキュアフィンガーサラダ

カットして種を取り出したマネキュアフィンガーをミックスリーフ&ハムで頂くサラダ。サッパリとした味のブドウなのでトマト感覚でサラダに入れても美味しいですよ。

c0229312_1631185.jpg
↑本日は、キューピー「すりおろしオニオン」ドレッシングを。

ブドウの中では果肉が固めなので、野菜と一緒にパクパク食べれます。秋だけ楽しめるサラダ。



秋を先取り!&「小さい秋」、見つけた!
by makipan-t | 2015-09-14 16:36 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

すりおろしコーンスープ

c0229312_1634720.jpg
↑トウモロコシの旬を過ぎて遅く植えた苗の実入りが悪くて、歯っ欠け状態です(笑)

c0229312_16361578.jpg
↑義父さんがテレビを見て覚えた作り方でコーンスープを作ってみました。コーンと牛乳に塩だけで味付けをし、甘いトウモロコシの味を堪能できるスープです。すりおろしたコーンで、どろっと食べる感じのボリュームある1皿に。

c0229312_16393736.jpg
作り方
①新鮮なトウモロコシはひげを丁寧に取り除き、すりおろす。

c0229312_1640587.jpg
↑②実が柔らかいので力を入れないでも綺麗にすりおろせます。

c0229312_16415766.jpg
↑③鍋に入れ牛乳・塩を入れ、温めながら火を通す。

c0229312_1643935.jpg
↑濃いのが苦手な方は、水やスープを加えて。コクを足すならバターを落としても良いけど、このままで十分美味しいですよ。
by makipan-t | 2015-09-08 16:33 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋なすとウインナーの煮物 秋なすとツナのめんつゆ海苔煮

ナスの皮が割れた様になって、皮の固い秋ナスが沢山収穫できます。見た目が綺麗ではないので、おすそ分けするのも躊躇されて、連日ナス料理がテーブルに並びます。

c0229312_164846100.jpg
↑秋ナスとウインナーの煮物

ごま油で炒めたナスとウインナーをめんつゆで煮て、仕上げに青のりとかつおぶしを散らしました。ゴマ油でしっかりとナスを炒めてから、ウインナーを加えて煮るとナスにコクが出て美味しい。

作り方
①秋ナスは皮が固ければ全部むいて、立てに切る。ウインナーは斜めスライス。
②フライパンにごま油を加え、ナスを炒める。香ばしい焼き色が付いたらウインナーを加える。
③めんつゆと水をひたひたになる様に加え、ナスが柔らかくなるまで約5~8分煮る。(ウインナーや青のりなど旨味が出るので、めんつゆは少な目で)
④仕上げに青のりとかつおぶしを振る。

c0229312_165134.jpg
↑秋なすとツナのめんつゆ海苔煮

同じくめんつゆのみの味気ですが、ツナの旨味で全く違う味わいになります。ツナ缶は油ごと加え、さらに海苔をプラスするので、磯の香りがふわっとします。

作り方
①秋ナスは皮が固ければ全部むいて、1cm幅の輪切りにする。
②鍋にめんつゆ、水、ツナ缶(油ごと)を加え、煮立ったらナスを加え、柔らかくなるまで約10分煮る。煮汁が多い時は、水分を飛ばすように煮る。
③焼き海苔をちぎりながら加え、馴染む様に少しだけ煮る。
by makipan-t | 2015-09-05 16:58 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋なすの味噌揚げ餃子

c0229312_1864921.jpg
↑秋になりナスの表面がひび割れた様になり、皮が固くなってきました。皮をむいて料理すれば問題ないのですが・・・。野菜作っていると、スーパーに並んでいる物が大変綺麗な事に関心します。(農家さんの苦労がそこにあるんでしょうね)

c0229312_18928100.jpg
↑ナスをたっぷりと入れた揚げ餃子は、味噌と大葉を加えたしっかり味なので、何も付けないで食べれます。ナスがお肉よりも沢山入ってますが、ナス感が全然しないで食べやすいですよ。

作り方(30個分)
ナス    250~300g(約3本)
豚ひき肉  200g
味噌     大さじ2
大葉     10枚
餃子の皮  30枚
揚げ油

c0229312_18135092.jpg
↑①ナスは皮をむいてみじん切りにする。

c0229312_18141536.jpg
↑②ナスをボールに入れ、塩小さじ1(分量外)を加え、軽くもみ、しばらく置いて水分を出す。
③ぎゅ~っと水分を絞る。灰汁の茶色い汁がたっぷり出ます。

c0229312_18153412.jpg
↑④ボールに材料を入れ混ぜる。(大葉はみじん切り)

c0229312_18162742.jpg
↑⑤餃子の皮の半分に、肉だねを半月上に乗せ、水を付けてしっかり閉じる。(油が少なくて揚げれるように、肉だねを薄目にするのがポイント)

c0229312_18191521.jpg
↑⑥フライパンに少々油を入れ、揚げ焼きにする。

c0229312_18194350.jpg
↑ナスのおかげでジューシィーに仕上がります。大葉はお好みで20枚入れても爽やかで美味しいですよ。ナス嫌いの子供もパクパク食べてくれる我が家の人気メニューです。
by makipan-t | 2015-09-02 18:21 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

秋ナスのペースト

パンに乗せて美味しいナスのペーストは、野菜とは思えないコクがあり大好きです。“NAVERまとめ”でも「貧乏人のキャビア」なすのペーストとして紹介されています。
c0229312_16104849.jpg
多くのレシピが「焼きナス」を作ってからオリーブオイルなどと合わせて行きますが、皮ごとのナスが真っ黒になるまでグリルで焼くのって正直時間がかかるし、焼き立ての熱々を我慢しながら皮をむくのが大変です。

そこで、簡単に出来るアレンジレシピで!!

作り方
ナス         2本
オリーブ油     大さじ1
白ワイン(あれば) 大さじ1
鶏がらスープ素 小さじ1~2
ニンニク      1ケ
粗挽き黒胡椒 塩

c0229312_16211777.jpg
↑①ナスは皮をピーラーなどで全部むき、1cm幅に切る。
②フライパンにニンニクのみじん切り、オリーブ油を入れナスを両面焼く。

c0229312_16233539.jpg
↑③白ワイン、鶏がらスープ素とひたひたの水を加え、ナスが柔らかくなるまで煮る。(フタはしないで水分を飛ばしながら煮る)
④ナスが柔らかくなったら、フォークの背で潰すか、フードプロセッサーにかけてペースト状にする。
⑤粗挽き黒胡椒・塩で味を調える。コクがもっと欲しい方はオリーブオイルも加える。


c0229312_16264650.jpg

by makipan-t | 2015-08-24 16:27 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

冷凍甲州小梅の黒糖梅酒

c0229312_17321648.jpg
↑5月末に沢山収穫した甲州小梅を冷凍し、これで梅酒を漬けました。一度冷凍→解凍する事で、細胞が分解しやすくなり、梅エキスが出るのが早くなります。梅酒が短時間で馴染む、早く飲みたい人にピッタリの裏ワザです(笑)

c0229312_17343771.jpg
↑梅   1キロ
黒糖  300g
ホワイトリカー 1・8リットル

これが目安分量。
でも、梅が沢山あったので梅増量で付けました。梅は凍ったままで黒糖と交互に容器に入れ、ホワイトリカーを注ぎます。自然に解凍するまでの半日ぐらいは容器の周りに沢山の結露が付くので、下にタオルを敷いて置いた方が良いですよ。すっかり室温に戻ったら、冷暗所で保管します。

c0229312_17374219.jpg
↑・・・・3ヵ月後・・・・

梅がしっかりシワシワになり、黒糖の甘さがまろやかな梅酒が出来ました。梅をたっぷり入れたので、酸味もしっかり効いていて、夏バテ防止にもなりそう。
by makipan-t | 2015-08-19 17:39 | 自家菜園レシピ | Comments(0)