カテゴリ:自家菜園レシピ( 132 )

豊作!!キュウリレシピ

今年の夏の山梨は酷暑&少雨で、夏野菜も高騰しているようです。
水分を沢山必要とするナスの生育は良くないのですが、きゅうりはとっても元気です。
c0229312_4421981.jpg
サラダだけでは、とっても消費出来ないので、塩もみして炒めて「きゅうりのきんぴら」や、めんつゆでじっくり煮込んでから冷やして頂く「きゅうりのクタクタ煮」なども作りました。


c0229312_4441374.jpg
お漬け物なら「きゅうりのきゅーちゃん漬け」が保存も効くし、お弁当に入れたり、刻んでタルタルソースにピクルス代わりに使えて便利。
醤油・お酢・みりん・砂糖・生姜をベースに液を作りますが、めんつゆや昆布も入れる人もいたり・・・自由でいいみたい。私も作ってる途中で味見をして、「うんっ~もう少し甘い方が良いから、砂糖を加えよう!」って感じで適当に作ってます。

でも、クックパッドで人気のレシピを参考にしてください。「自家製きゅうりのきゅーちゃん


c0229312_4494287.jpg
「きゅうりのスープ」はテーブルに何回も並んだメニュー。
玉ねぎと一緒にバターでじっくり炒めるのがポイント。丁寧にミキサーにかけると、飲みやすい。


c0229312_4521382.jpg
「きゅうりのパンケーキ」は子供から、大ブーイングでした(笑)
すった物を加えましたが、きゅうりの青っ臭い味がして、食べにくい・・。カリカリのチーズを表面に付けましたが、やっぱりダメでした!!
by makipan-t | 2013-08-02 04:49 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

甲州小梅の土用干し

5月に塩漬けにしておいた、甲州小梅(→その時の記事へ)が良い感じに出来て来たので、
土用干ししました。お天気が良い日が続く時を見計らって、干すのがポイントです。
c0229312_13191472.jpg

ふっくら・ツヤツヤに使った甲州小梅。このままでも食べれますが、皮が固く、塩分が強く感じます。

土用干しする事で、皮が軟らかく、味もまろやかになるそうです。
c0229312_1321523.jpg

表面がシワシワで触っても、さらっとするまで干した梅。少し表面に塩分を感じる位まで2日干しました。小さいサイズの梅なので、上下も交換しないでそのまま干しました。赤シソも一緒に干して、パリパリになったらミキサーで粉砕して、「ゆかり」ふりかけにする予定です。
c0229312_1327359.jpg

(写真上) アウトドアーコーナーで販売している網に入れてブドウ棚に吊るして干しました。
c0229312_13272583.jpg
(写真上)とっておいた梅酢(塩漬けにした時に出て来た液)の中に入れて、保存。

c0229312_1332965.jpg
おにぎりに梅干し・・・
自分で作った梅干しは美味しく感じる~。
1日3粒の梅は、夏バテを予防するそうなので、梅干し食べて、今年の夏を乗り切りたいです。
by makipan-t | 2013-07-17 13:30 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・⑧ソース風ラタトゥユ

ズッキーニや夏野菜のメニューの定番。ラタトゥユ・・・・
この料理名のカタカナ表記がお店やレシピ本によって少しずつ違うけど・・・
どれが正式なのか、いまいち分からない私(笑)
c0229312_7531370.jpg
今回は野菜を細かく刻んでソース風に仕上げました。
生クリームを入れて弱火でふわっ・とろっと仕上げたスクランブルエッグに乗せてみました。
パンに乗せて食べると最高です。

c0229312_7585776.jpg
お野菜は家にあるものでOK。まだまだ沢山収穫出来るズッキーニとトマト・ニンニクは外せない存在。今回は家で採れたプチトマトで作りました。トマトの量が足りなかったので、トマトケチャップをプラスしてみました。ちょい甘めに仕上がりました。


c0229312_82756.jpgc0229312_812052.jpg
難しい事は何もない作り方です(笑)今回は野菜を5㎜程度に刻み、オリーブオイルでじっくり炒める事がポイントです。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れておけば、3~4日保存できます。

c0229312_854184.jpg
ハンバーグに乗せてソース代わりに・・・
ショートパスタと合えても美味しいですよ。


=お詫び=
パソコン操作が得意ではない私は、何か設定を変えてしまった様で・・・過去のブログの記事がグチャグチャに表示させて、読みにくくなっています。
少しずつ訂正していますが、時間がかかると思います。
ご了承ください。

by makipan-t | 2013-06-23 08:08 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・⑦ハムマヨ蒸しパン

夏野菜として定番になったズッキーニ。きゅうりと同じでカリウムを多く含んでいるので、塩分を排出する力が強く、ビタミンCもあり疲労回復や風邪予防効果も期待できます。畑でお疲れ気味の今、沢山食べると良い野菜の1つなんですね~。

c0229312_5264132.jpg
蒸しパン生地に入れる油分をマヨネーズで作るので、お惣菜パン的な感じになる蒸しパン。
お鍋で気楽に蒸せる少な目の量なので、小さ目のが4個作れるレシピ。
子供には、コーンやさつまいもを入れるのが人気ですが、ズッキーニでも美味しく出来ます。生のまま加えると皮のコリッとした食感がアクセントになります。加熱してから混ぜるとさらに食べやすくなります。

c0229312_5294256.jpg
①ズッキーニ30g、ハム1枚を5mm角に切る

c0229312_5295372.jpg
②卵1/2コ、マヨネーズ大さじ1、牛乳大さじ2、塩コショウを混ぜる。

c0229312_530619.jpg
③薄力粉50g、ベーキングパウダー小さじ2/3を合わせて振い入れる。

c0229312_5302026.jpg
④お鍋にお湯を型の1/3の高さまで沸騰させ弱めの中火で10~12分蒸す

c0229312_5302811.jpg
マヨネーズ効果でしっとりとした生地で、冷めても美味しいです。

蒸す時に弱めの火加減だと写真の様に「つるんっ」とした感じになり、強火で一気に蒸すと表面が割れて元気な表情になります。竹串でちゃんと火が入ってるか、確認してくださいね。
by makipan-t | 2013-06-22 05:30 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・⑥ズッキーニのムース

「ムース」と言っても甘いデザートではありません(笑)

お肉料理の付け合せになるような、洋風の卵焼きや茶わん蒸しって感じです。
c0229312_17593921.jpg
生クリームとコンソメの味で、ズッキーニに限らずどんな野菜でも作れます。温かい状態で食べるのが美味しい料理です。

c0229312_181591.jpg
①玉ねぎとズッキーニはスライス。プリン型の底にオーブンペーパーを敷き周囲にバターを塗っておく。、 
c0229312_1821545.jpg
②バターで野菜をゆっくり炒めて、生クリームと牛乳で軽く煮詰める。塩コショウ、コンソメ粉末で味を整える
c0229312_1821824.jpg
③粗熱が取れたらミキサーで滑らかにして卵を加える。  
c0229312_182344.jpg
④湯せんで加熱して、固まったらナイフを入れて型から取りだす。

c0229312_1801747.jpg

イチバン親切なフランス料理の教科書―豊富な手順写真で失敗ナシ!

川上 文代 / 新星出版社

この本に作り方が丁寧に載ってます。今私がハマっている本です~
畑が忙しく、外食やイベントに行けないので料理・お菓子作りがストレス発散です!!
あっ・・・飲む事も(笑)これが1番のストレス発散かも・・・・
by makipan-t | 2013-06-17 18:09 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・⑤ふたねやの生パスタ

c0229312_5553081.jpg
まだまだズッキニー祭り開催中です(笑)

先日お邪魔した「ふたねや製麺所」さんのフェットチーネは、モチモチ・シコシコとした食感と滑らかなのどごしで、家で作っても専門店のパスタみたいに美味しく出来ます。麺自体に味があるので、シンプルな味付けが良いと思います。

茹で時間が2~3分なのも、家庭で作るには嬉しいポイント。2食入りで350円です。
ふたねや製麺所』→HPへ。

c0229312_5591733.jpg
オリーブオイルとバターでガーリック・玉ねぎ・ベーコンそしてズッキーニを炒めて塩コショウで味付け。茹で汁も加えて麺をからませ、出来立てを頂きます。
とにかく麺が美味しい!!そして、たっぷりのズッキーニの歯ごたえも良い感じです。
by makipan-t | 2013-06-16 06:01 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・④ズッキーニのスープ

c0229312_18565577.jpg
家庭で野菜を栽培していると、新鮮で安全な旬の野菜がたっぷりと食べられて、体もお財布も嬉しい。
ただし、同時期に同じ野菜が収穫できてしまうので、調理方法・味付けを変えて飽きない様に気を付けています。

新鮮なズッキーニは切った断面から、しばらくすると水滴が溢れ出て来て、元気一杯って感じがしますね。


c0229312_18512722.jpg
本日は「ズッキーニのスープ」
煮込み時間が短くても柔らかくなるズッキーニは、畑仕事が忙しいこの時期でも気軽にスープが作れます。ズッキーニ祭りの料理の中でも、家族の1番人気!!

c0229312_1901185.jpg
①ズッキーニ1本、玉ねぎ1/2個は薄切りにして バター10g、オリーブ油大さじ1で炒める。
c0229312_1902070.jpg
②塩・コショウをする。飾り用を取り分ける。
c0229312_190286.jpg
③水1カップ、コンソメキューブ1個を入れ10分煮る
c0229312_1904121.jpg
③ハンドミキサー等で撹拌し牛乳1カップを加えて、上に飾りを乗せる。
by makipan-t | 2013-06-10 19:00 | 自家菜園レシピ | Comments(2)

ズッキーニ祭り・・・③甲州小梅のおかかマヨ和え

ズッキーニは生でも食べれます。
薄切りにして塩もみすれば、見た目はきゅうりそのもの。食感は柔らかくナスっぽい感じ。
c0229312_5513497.jpg
昨年漬けた甲州小梅のカリカリとした梅干しを使った和え物を作りました。ズッキーニは淡白な野菜なのでゴマ和え・酢のもなど和風にもすんなりとなじみます。

c0229312_5534851.jpg
①甲州小梅の種を取る。まな板に並べ包丁の背で ぎゅ~と上から押す。
c0229312_5535018.jpg
②実がパカッと割れているので種を取り細かく刻む。
c0229312_5541152.jpg
③梅8~10個分、マヨ大さじ2、かつおぶし小1パック(2g)、お好みでだし醤油を加えて混ぜる
c0229312_5541833.jpg
③ズッキーニ小2本は薄くスライスして塩もみして水分をしっかり搾り、合える。

c0229312_5543624.jpg
梅の味でさっぱりと食べれます。
by makipan-t | 2013-06-09 06:00 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

ズッキーニ祭り・・・①ズッキーニの肉巻

c0229312_15424479.jpg
一見「きゅうり」に見えるけど、ズッキーニは「「かぼちゃ」の仲間なのは、最近では有名な話ですね。原産国はアメリカからメキシコで、16世紀にはヨーロッパで栽培はスタートしたそうです。
イタリアンのトマト煮込みやパスタ、フリッターなどの料理が一般的ですが、ナスに似た食感と淡白な味の野菜なので、どんな調理方でも美味しくなる大好きな野菜です。道の駅なのでも山梨産の物が手に入るのも嬉しい。

我が家は数年前からお父さんが畑で作ってくれているので、新鮮なズッキーニが沢山食べる事ができます。
c0229312_15503353.jpg
↑ズッキーニの花の蕾。早朝にだけ、黄色い花が開花します。雌しべと雄しべを合わせて受粉させてあげると大きなズッキーニに成長します。雌花と雄花のタイミングが合わないと、小さなズッキーニが途中でポロッと落ちてしまうので、数本の苗が必要です。
c0229312_15514437.jpg

↑美味しそうに成長するとカラスが食べに来てしまうので、ネットが必要です。

c0229312_15552092.jpg
つやつやのズッキーニが収穫できました!!
黄色やシマがあるもの、かぼちゃみたいに丸い形になるものなど、種類が沢山あります。

c0229312_1558020.jpg
ズッキーニの豚バラ巻
①ズッキーニは長さを半分に切り、縦に四等分(太い物は6~8等分する)して、
 全体に薄力粉をまぶす。(粉をまぶすと肉が巻きやすいし、たれもよくからむ)
②豚バラスライスをズッキーニに巻いて、油を敷いたフライパンでフタして焼く。
 向きを変えて全面焼く。(パキッとしたズッキーニが好みならフタなしで焼いてくださいね)
③焼肉のたれをからめて完成

冷めても美味しいからお弁当にも、ビール(最近暑くなって来たので、旦那さんがワインからビール派になってしまいました)にも合う焼肉味!!簡単なんだけど、人に出しても恥ずかしくない1皿です。
by makipan-t | 2013-06-07 15:56 | 自家菜園レシピ | Comments(0)

甲州小梅の梅干し作り

c0229312_17334665.jpg
山梨県の名産の甲州小梅の梅干しは例年、“カリカリ”としたタイプに漬けるので青梅の段階で収獲していましたが、今年は完熟した梅で作る“やわらか”タイプに漬ける事にしました。

c0229312_17362199.jpg
青梅で収穫する時から2週間以上木にならせて、黄色く色が変わって木から自然に落ちた物で作ります。木から落ちた時に傷が付かない様に、特製ネットをお父さんがセットしてくれました。

木で完熟させた甲州小梅は青梅の時よりも1回り大きくなって、甘い良い香りがします。(黄色くなっていない時は、室温で置いて色が変わるのを待ちます)

綺麗に水で洗って、ヘタが付いている場合は竹串で取り除きます。たっぷりの水に半日入れてアクを抜きます。

ザルに上げて、十分乾燥させます(干し用ネットがあれは早く乾きます)





c0229312_17431443.jpg
厚手のビニール袋を二重にして梅2㌔・天然あら塩200g・ホワイトリカー(焼酎)大さじ2を全体にまぶします。口をしっかりしばって、重石を乗せます。重石はペットボトルや二重にした袋に水を入れて代用OKです。梅の完熟具合や、重石の加減によって違いますが、約1日で全体に梅酢が染み渡ります。袋を1日に1~2回向きを変えて、全体に梅酢が行き渡る様にします。

c0229312_17515366.jpg
赤シソ(葉っぱのみ)200gを水洗いして、よく乾かしておきます。天然あら塩20gと一緒にボールに入れてよく揉んで、しっかり絞ってアクを捨てる。このシソを梅の表面に乗せる。シソを入れるとカビが出にくくなります。

c0229312_17544826.jpg
ビニールの口をしっかりしばって、冷暗所に保管。私は野菜室に入れておきます。最低でも3ヶ月は置いて、味を馴染ませます。(梅雨明けしたら土用干しをする予定です)
完成が楽しみだ~~。
by makipan-t | 2013-06-06 17:47 | 自家菜園レシピ | Comments(0)