カテゴリ:勝沼地区・ワインツーリズム( 128 )

鳥居焼き 護摩木積み


c0229312_15014192.jpg

10月の第一土曜日に行われる「ぶどう祭り」で行われる、盆の送り火"鳥居焼き”。
古くから柏尾山の中腹に鳥居が設けられ、地元・勝沼中学の生徒が松明を持って山を登り点火します。

c0229312_15010865.jpg

本日9月24(日)の早朝7時半から、鳥居焼きの「護摩木」を積む行事が行われました。

スキーのジャンプ台みたいな急斜面に、勝沼中学の3年生と勝沼地区長さん・ボランティアが集まります。

c0229312_14592699.jpg

"バケツリレー”の要領で、重い薪の束を上に上げて行きます。

急斜面に足を踏ん張り、何百もの薪束を運ぶのは重労働です。
私なんて、鳥居焼きの場所まで山を登るだけで、息が上がってしまいました・・・(運動不足を実感しちゃう)

c0229312_14593641.jpg

台に2束ずつ置いて行きます。
薪を上に上げるだけで、1時間以上かかります。(腕が痛い・・・)

c0229312_14594802.jpg

護摩木を組み合わせて行きます。
薪の太さが違うので、上手に組み合わせないと崩れてしまうので、慎重に!!

c0229312_15000080.jpg

無病息災・増益・先祖供養の願いを込めて、薪を積みます。
このような勝沼の伝統を地元中学生に伝えて行く行事は、素晴らしいと思います。

c0229312_15005750.jpg

完成した薪には、ビニールシートを本番まで被せて起きます。(雨除けです)
本番では灯油を中心に染み込ませ、中学生が順番に点火します。

c0229312_14591739.jpg

甲府盆地が一望できる柏尾山での作用は約2時間で終了しました。
集合写真を撮り(今時はドローンで上空からも撮影するんです)、解散!!

ぶどう祭りが楽しみです。











by makipan-t | 2017-09-24 15:21 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

ワインツーリズムやまなし2017 秋 勝沼ミーティング


c0229312_16063277.jpg
10回目の開催となる記念の年を迎えた、ワインツーリズムやまなし。
勝沼エリアの会場やボランティアスタッフなどの第1回目となるミーティングを、つぐら舎で行いました。

11月11(土) 甲州市 山梨市
11月12(日) 甲府市 笛吹市 甲斐市

参加費 5400円 (2日間共通チケット)

c0229312_16064341.jpg

過去最大となる63社のワイナリーが参加予定!!
この日しか飲む事の出来ないスペシャルワインや、ガイドツアーを企画しているワイナリーさんも多くあり楽しみです。

回数を重ねる度に改善点や問題箇所が見つかり、なかなか上手に運ばない事もありますが、勝沼の素敵なワイン・風景・人・自然に出会えたら嬉しいです。私たちは、勝沼会場(かつぬま朝市が行われる場所)の総合インフォメーションを、昨年に引き続きお手伝いさせて頂きます。

ワインツーリズムやまなし←HPが順次更新されると思います。
申し込み開始はは10月2日予定。

ワインツーリズムやまなし←facebookへ







by makipan-t | 2017-09-21 16:23 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

ワイン用 甲州ぶどうの収穫

c0229312_13390400.jpg
台風18号の雨が降り出す前に、ワイン用甲州ぶどうを収穫しました。

甲州ワインらしい爽やかな酸味のあるワインを作るために、生食用よりも随分と早い収穫になります。

c0229312_13392258.jpg
1房1房、傷んだ粒を丁寧に取り除きながらコンテナに収めていきます。

c0229312_13391278.jpg
1つのコンテナに10キロつず入れて行きます。

勝沼のワイナリーでは現在最盛期を迎え、醸造に追われています。ベリーAの赤ワインを仕込み終わり、ここから甲州ワインを色々なタイプで絞り始めます。青さが残る甲州で作る「きいろ香」から、完熟した房で作る「遅摘み」の10月中旬まで、ワイナリーさんの休めない日々が続きます。

c0229312_13385535.jpg
本日は軽トラック2台分の甲州を、雨が落ちる前に切り終えました!!(予定数を無事、切れました~~良かった!!)

c0229312_13393117.jpg
これが美味しいワインとなって、自分たちの手元に帰って来るのが本当に楽しみです。

今年の甲州ワインはどんな仕上がりになるのでしょうか。
この楽しみがあるので、いつもの作業よりも張り切って働けます(笑)









by makipan-t | 2017-09-16 13:51 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

ワールドコップサッカー 2017.8.13 勝沼中央グラウンド


c0229312_08201724.jpg
8月6(日)に開催されたかつぬま朝市
8月の炎天下の河原は、朝から気温がグングン上がり、蝉しぐれが降り注ぎます。

かつぬま朝市で今週末に行われるイベントのチラシを頂きました。
c0229312_08202570.jpg

ワールドコップサッカーワールドコップサッカー(←HPへ)

山梨県内在住者を中心にしたアマチュアの日本代表と外国籍代表による国際サッカー大会です。「市民的ワールドカップ」の大会です!!

c0229312_08203200.jpg
豪華なゲストや音楽ライブ、多国籍料理ブースなど夏祭り気分で楽しめるイベントです。

ワールドコップサッカーfacebook
8月13(日)
8:00~17:00
甲州市勝沼中央公園グラウンド
大型駐車場あり









by makipan-t | 2017-08-07 08:18 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

祝150回 かつぬま朝市

c0229312_8422874.jpg


2017年7月2日の開催で150回目を迎えたかつぬま朝市!!

15年、個人の方が運営するのは苦労も多かったと思いますが、県内外から多くのお客さんが足を運ぶ大規模な朝市になりました。

c0229312_8443650.jpg


今月も早朝の出店者さんの受付を手伝わせてもらいましたが、出店者さんからパンやジュース・お菓子の差し入れを頂きました。沢山の人々に愛されてるかつぬま朝市なんですね。

c0229312_8461386.jpg


そして、今月からスタートが8時からになりました!!

以前は9時開始だったのですが、年々お客さんの来場が早くなっているに対応しました。

かつぬま朝市 8:00~12:00

c0229312_8553937.jpg


8時過ぎには、多くの人が買い物を楽しんでました。
だんだんと暑くなる季節なので、早朝が気持ち良いですね。

c0229312_8455839.jpg


もう1つお知らせです。

人気だった大泉葡萄酒の朝市ワインの販売が中止となりました。

c0229312_8511694.jpg


ワインを求めて6時前からお客さんが来てましたが、お知らせのチラシを見て残念そうにしてました。↑上の写真は6:30頃に撮影した、ワイン目当の方々。6月にワインを購入された方には、大泉葡萄酒さんが手渡しでお知らせのチラシを配布したそうです。

c0229312_857093.jpg


さらに、朝市会場から徒歩5分程度の場所にあるカフェつぐら舎では、切り絵展を本日と翌7月3(月)に開催しています。

c0229312_859311.jpg


切り絵界では有名な方だそうですので、勝沼にお越しの時は是非寄ってみては。





by makipan-t | 2017-07-02 09:00 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

シャインマスカットのジベ&袋かけ

2017年の梅雨は、記録的な空梅雨となってます。
山梨県では、5月25・26日以降、まとまった降雨が無く、畑が乾燥してしまい、連日スプリンクラーで水をまいて凌いでます。雨が降らないと、農作業がお休みにならないので(土・日曜日も関係なく早朝から仕事です)、趣味の食べ歩きに全然行けません~~リフレッシュ出来ない~~(涙)

c0229312_16585537.jpg


本日は、摘粒が終わったシャインマスカットにジベレリン処理をしてます。訳して「ジベ」です。ジベをすると、種なしになり、粒が大きくなります。

c0229312_170758.jpg


赤く着色した液を「らくらくカップ」と農家さんが呼んでる噴霧器で、1房1房ジベしていきます。房が赤くなるので、ジベした房とまだしてない房との見分けがつきます。

c0229312_1723687.jpg


赤い着色は無害で、乾くと写真↑の様に、色が分からなくなります。

c0229312_1733726.jpg


美しいシャインマスカットに仕上がる為、病気予防の為にぶどう専用の袋に入れます。
収穫する時まで、この袋に入れて置くことで綺麗なぶどうになります。

c0229312_176160.jpg


最高気温が30度を越え、真夏みたいな入道雲が来ました。

額に汗が流れる感覚の中、ひたすら袋をかけていきます。




by makipan-t | 2017-06-17 20:53 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

葡萄工房 ワイングラス館 (勝沼)

c0229312_17151453.jpg


勝沼の人気スポットの1つ、「葡萄工房 ワイングラス館

c0229312_17182329.jpg


目を引く外観で、思わず立ち寄りたくなるショップです。

今週から収穫がスタートする、甲州市塩山の「さくらんぼ狩り」とセットでバスツアーの観光客さんも多く来るそうです。

c0229312_17165798.jpg


店名の通り、ワイングラスを中心にワイン関連グッズが豊富にそろってます。

c0229312_17214920.jpg


ワイングラスを専用機械で削り絵を描いたり、アクリル絵の具での絵付け体験や、天然石のアクセサリー作りも行いっています。

2階には葡萄ミュージアムも。

c0229312_17242356.jpg


キラキラが沢山の店内に、女性ならずとも気持ちがワクワクします。

c0229312_17253412.jpg


グラスの品揃えは、山梨県内で圧倒的に多い!!

ワイングラスはもちろん、ビアグラス、日本酒冷酒グラスなど・・・見てるだけで楽しい時間です。

c0229312_17281911.jpg


特に、ぶどうモチーフのグラスが充実してます。

手描きの優しいデザインが素敵なグラス。

c0229312_17292771.jpg


県外発送もしてくれるので、東京の友人の結婚祝いや誕生プレゼントに、何回も利用させてもらってます。

c0229312_1730445.jpg


我が家でも3種類を愛用しているRIEDEL リーデルもワインのブドウ品種ごとのグラスが揃ってます。


c0229312_173381.jpg


葡萄工房 ワイングラス館→facebookへ
〒409-1304 山梨県甲州市勝沼町休息1709
9:30~17:30 
土日祝日 9:30~18:00
年中無休
0553-20-4681
大型駐車場あり




by makipan-t | 2017-06-10 17:35 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

デラウエアの花 満開

c0229312_18341878.jpg


デラウエアの花が満開になりました。

c0229312_18344573.jpg


「花」のイメージからすると、大変地味で目立たない開花です(笑)

c0229312_18352439.jpg


畑中に広がる甘い香り。

ここから巨峰、ピオーネ、シャインマスカット、甲州・・・って順調に開花します。

c0229312_1836431.jpg


・・・ちなみに、上の写真がデラウエアの蕾の状態です。




by makipan-t | 2017-05-25 18:33 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

ワインツーリズムやまなし2017春 勝沼原点復帰

c0229312_165323100.jpg


10年を迎えるワインツーリズムやまなし

「ブドウ畑が新緑で美しい時期に、ワインツーリズムを開催して欲しい」との要望を受け、勝沼エリアのみで5月20(土)に行いました。

c0229312_1656714.jpg


今回は小規模で行われたので、勝沼の総合インフォメーションは「祝青空公園」に設置されました。私の友人もボランティアスタッフで参加してましたので、畑の農作業の合間に自転車で遊びに行きました。

c0229312_1658156.jpg


勝沼の最高気温が31度を超える真夏日となり、キラキラ輝く太陽の下、ワインを楽しむお客さんが立ち寄ってました。

c0229312_16591718.jpg


甲府にある「みそ工房の郷

コクのある大豆を使用した、手造り惣菜・おつまみ等を販売してました。

c0229312_1715070.jpg


勝沼の人気カフェ ミカヅキ

手作りのシロップの冷たいドリンクなどが並びます。

c0229312_1742154.jpg


ミカヅキの焼き菓子。

c0229312_1745613.jpg


大人っぽい組み合わせが特徴的です。

c0229312_1752222.jpg


勝沼の自家天然酵母パンのパンテーブル
のワインに合うパンも販売してました。


c0229312_1771069.jpg


ワインツーリズムの日だけ市内を走るバス。
この巡回バスに乗ってお目当てのワイナリーをめぐります。参加者さんは各自、事前に学習して参加されます。



11月には山梨県全域で2日間にわたり「ワインツーリズムやまなし2017秋」が開催される予定です。今、農家さんが頑張って栽培しているブドウで造られる新酒ワインが味わえるイベントです。私も、毎回楽しみにしている日です。







by makipan-t | 2017-05-21 17:09 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)

勝沼中学2年生によるデラウエアのジベ処理体験学習

c0229312_17373144.jpg


5月19日の山梨日日新聞に掲載されていた、勝沼中学2年生による農業体験の記事。

勝沼で約50年続く伝統的な学校行事で、地元のブドウ作りに理解と興味を持ってもらうために、毎年5月に行われます。

c0229312_17401669.jpg


学生は農家さんに教わりながら、デラウエアの種を抜くための「ジベレリン処理」を体験します。農家さんにとっても、手間と時間のかかるジベレリン処理を学生さんに手伝ってもらえて助かります。

c0229312_174444100.jpg


デラウエアの花が咲く前の蕾の房に処理します。処理の適期を見極めるのが難しいので、地元の農協指導員さんが講習会を開き、目安の日程を教えてくれます。

c0229312_17411421.jpg


我が家の娘も、今年祖父母の畑でジベを行いました。

c0229312_17422076.jpg


1房1房、種を抜くための溶液に浸けて行きます。

c0229312_17425438.jpg


ジベした事が分かる様にピンク色に着色していますが、この色は雨によって自然に落ちてしまいますし、無害の物を使っています。

c0229312_17441699.jpg


手や顔・洋服にピンク色の溶液が落ちて、着色してしまうので、手袋や手ぬぐいでカバーしながら我が家では行います。お風呂に入れば色は落ちますが、気になるので・・・。


晴天の中、作業が進みます。





by makipan-t | 2017-05-20 17:36 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)