カテゴリ:クイックブレット( 64 )

ゼッポリーネ

c0229312_1710313.jpg


ピザ生地に岩海苔などの海藻を加えて、揚げたイタリア・ナポリの郷土料理。

モチモチの生地に、塩味の海藻がおつまみやおやつにピッタリ。

c0229312_1711488.jpg


生岩海苔の代わりに、海苔をちぎって加えました。

ふんわり香る海苔が美味しい~。

c0229312_17124490.jpg


青のり・桜エビ・ゴマのゼッポリーネ。

ゼッポリーネはイースト発酵させますが、生地を作るのも簡単だし、発酵時間も短時間で気軽に作れるのが魅力的です。

材料 約25個分
薄力粉  100g
強力粉  100g
イースト   5g
塩    小さじ1/2強
砂糖   小さじ1
ぬるま湯 180g

揚げ油用オリーブオイル

①ボールに材料を全て入れ、スプーンなどで数分間しっかり混ぜる。
②材料に好みの具を加える。
 今回は、この段階で半分にして2種類にしました。
③ラップをし28~30度で約30分発酵させる。
 室温が低い時は、ぬるま湯に入れる。

c0229312_17174227.jpg


④ティースプーンに油を付けながら、1口ぐらいに掬い取り揚げる。
 揚げ油はオリーブオイルがおススメ。フライパンに1cm位入れ、中火で両面揚げる。
c0229312_17201229.jpg


⑤揚げ立てに塩を好みで振って頂く。

c0229312_17214452.jpg


揚げ立てが美味しいので、冷めてしまったらトースターで温めて。

具の量は、海苔なら2枚、青のり・桜エビ・ゴマを各大さじ1を加えました。
コーンやチーズ、ウインナーでも美味しいですよ。





by makipan-t | 2017-05-17 17:24 | クイックブレット | Comments(0)

スナックプレッツエル

c0229312_15232079.jpg


ドイツが発祥のパン「プレッツェル」。
イースト発酵させた生地をアルカリ液に浸けてから焼き上げる事で、独特の色・風味・食感が生まれます。

スナックタイプのプレッツェルはクラッカーみたいに、ビールやワインのおつまみに、子供のおやつに愛されてます。

c0229312_1528150.jpg


ベーキングパウダーを使い、卵を塗って香ばしく焼き上げたプレッツェルは、塩味が効いてて「ポリッ」とした食感がクセになります。

食べ始めると、やめられない怖い食べ物です(笑)

c0229312_1530396.jpg


ゴマ煎餅みたいな、味わいが美味しい「黒ゴマプレッツェル」

成形してる時にゴマがボロボロ落ちてしまう程、たっぷり生地にゴマを加えるのが美味しさのポイント。

c0229312_1531357.jpg


粗びき黒コショウプレッツェル

1口噛んだだけで、コショウの香りが立ち上る様に、挽き立てをたっぷり加えます。

c0229312_15332071.jpg


作り方(約40個分)
A 薄力粉 80g
強力粉 20g
ベーキングパウダー小さじ1/2
塩   小さじ1/4
砂糖  小さじ1
バター 15g
牛乳  50g

① Aのをボールに入れ混ぜる。
②冷たいバターをつぶすように、粉に混ぜる。
③冷たい牛乳を加え、全体が滑らかになるまで捏ねる
④ラップに包み、冷蔵庫で約30分休ませる。
⑤包丁で40等分して、細いひも状に伸ばす。
c0229312_15375161.jpg


⑥オーブンシートをひいた鉄板の上で、プレッツェル型に成形する。
 両端を1~2回ねじり、輪に乗せる様にする。
c0229312_1539123.jpg


⑦卵を刷毛で塗り、200~210度のオーブンで12~15分焼き、網にとって冷ます。


生地に粉チーズ、ドライトマトのみじん切、ベーコンのみじん切を加えても。
甘いプレッツェルにするなら、シナモンシュガーをまぶしたり、レーズンやオレンジピールのみじん切を足しても美味しいですよ。




by makipan-t | 2017-05-14 18:22 | クイックブレット | Comments(0)

ウインナーと枝豆のケーキサレ

c0229312_15433349.jpg


久し振りにケークサレを焼きました!!

一時、巷で大流行してましたが、最近はすっかり名前を聞かなくなってしましましたね・・・。食べ物のブームの流れの速さに付いて行けません(笑)

c0229312_15461783.jpg


生地の半分を型に流し入れた後に、残りの生地にフレークカレーを加え、2層にしてみました。上には粉チーズを振って焼いてあります。

ホットケーキでベーコンと玉ねぎの簡単ケークサレ

このレシピを参考にしました。
私はマヨネーズの代わりにオリーブオイルにし、具は炒めないで玉ねぎのみじん切1/4個、ウインナー5本、冷凍枝豆30gを生地にくわえました。




by makipan-t | 2017-04-24 15:38 | クイックブレット | Comments(0)

ヨーグルトのカンパーニュ風ブレッド

c0229312_1647022.jpg


イースト発酵させずにベーキングパウダーで短時間に完成するヨーグルト入りのパン。

たっぷりレーズンとクルミを入れて、大きく焼き上げました。

c0229312_16483861.jpg


甘さ控えめなので、朝食に。

クリームチーズを乗せて、ワインのつまみにすることもあります。

c0229312_16493820.jpg


作り方 2個分

①ボールに薄力粉250g、ベーキングパウダー大さじ1、砂糖(キビ砂糖)大さじ1、塩1つまみを入れ指先でグルグル混ぜて、ふんわり均一の状態にする。
②冷たいバター50gを、指でつぶすようにすり混ぜる。サラサラの感じにする。
③プレーンヨーグルト90~100g、卵1個を加え、ゴムベラでサックリ混ぜる。
 ヨーグルトは生地の様子を見て、加減する。粉っぽさが無くなり、1つにまとまる様にする。
④レーズン50g、から焼きしたクルミ30gを加える。
⑥2等分して、楕円形にまとめる。中心にナイフで切れ目を入れ、180度のオーブンで35~40分焼く。




by makipan-t | 2017-04-19 16:46 | クイックブレット | Comments(0)

ふんわりコーンブレッド

c0229312_1623358.jpg


トウモロコシの粉「コーンミール」を加えた、発酵なしのパン「コーンブレッド」はアメリカ生まれの素朴なパンです。

c0229312_1624858.jpg


鉄板に流して焼いたり、パウンドケーキ型に入れて焼き上げ、スライスして食べます。そのまま食べても美味しいですが、チリコンカンなどの煮込み料理と一緒に食べるもの。翌日などパサパサする時は、チーズやケチャップを乗せてトーストするものおススメです。

c0229312_164775.jpg


優しい甘さで、薄力粉が多い配合なのでふんわりしてますよ。

材料18cm角のスクエア型

①キビ砂糖 ・蜂蜜各20g、卵1個、サラダ油40cc、塩1つまみ、牛乳100ccをボールにいれ泡立て器で混ぜる。
②薄力粉100g、コーンミール50g、ベーキングパウダー小さじ1を合わせて振るい入れ、泡立て器で混ぜる。
③オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し入れ、180度で20~25分焼く。


c0229312_1610720.jpg


ラップに包んで冷凍保存も出来ます。
自然解凍かレンジ解凍で。





by makipan-t | 2017-04-12 16:00 | クイックブレット | Comments(0)

バナナキャラメルマフィン

完熟したバナナでマフィンを作りました。

ちょっと焦がしました~(笑)

c0229312_1629853.jpg


フライパンに砂糖を入れキャラメルを作り、バナナを加えて炒めた「キャラメルバナナ」を加えました。ラム酒もプラスした大人っぽいマフィンに仕上げました。

c0229312_1628341.jpg


ベーキングパウダーを少な目の配合で、膨らみは悪いですが、その分しっとりしてます。

c0229312_16345371.jpg


油脂は少な目で、バター&サラダ油(菜種油)を半量ずつにしましたが、キャラメルバナナの効果で物足りない感じはしません。


作り方(約6個分)
①テフロン加工のフライパンに上白糖大さじと水小さじ1/2を入れ、強火にかけキャラメルを作る。
②バナナ1本を1cm幅ぐらいに切り、フライパンに加え全体を軽く混ぜ、馴染んだら火を止める。
③ボールに卵1個、砂糖35gを加え混ぜる。バター20gはレンジで溶かし、サラダ油大さじ2も加え混ぜる。
④薄力粉100gとベーキングパウダー小さじ1/2を合わせて振るい入れる。
⑤全体をゴムベラで混ぜ、粉っぽさが残ってる時に、牛乳大さじ2~3を加える。
⑥180度に予熱したオーブンで約25分焼く。



c0229312_16434755.jpg






by makipan-t | 2017-02-07 16:44 | クイックブレット | Comments(0)

お豆腐スコーン 簡単ピクルス

c0229312_1549039.jpg

夏休みが始まりましたが、ここ数日の山梨県・勝沼は最高気温が30度前後で過ごしやすく助かっています。涼しかったので、朝食に〝お豆腐スコーン”を焼きました。オーブントースターで焼ける様に、小さ目サイズです。

子供の「ハラ減った~」と「何か食べた~い」の連呼にも、パパッと作る事が出来ますよ。お豆腐の水分で生地をまとめ、表面サクサク・中ふわっ・もちっなスコーンです。

c0229312_15535324.jpg

ピクルスは、ラッキョウ酢に庭のハーブなどを適当に加えた、簡単レシピです。
今回は、タイム、ローズマリー、ローリエ、黒コショウ、赤唐辛子をプラス。これだけなのに、〝野菜の甘酢漬け”が〝ピクルス”に変化しちゃいますよ。

プチトマト、オクラ、ズッキーニ、枝豆など、旬の野菜が美味しく頂けるし、ハムと合わせてサンドイッチの具やお酒にもピッタリです。


c0229312_15592178.jpg

お豆腐スコーン 作り方

材料(小さいサイズ10個分)
薄力粉   120g
キビ砂糖   15g
ベーキングパウダー 5g
バター(マーガリン) 25g
絹ごし豆腐  95~100g

c0229312_161778.jpg

↑①ボールに薄力粉、キビ砂糖、ベーキングパウダーを計り入れ、泡立て器などで混ぜ、全体を均一でダマのない状態にする。
ホットケーキミックスで、ここまでの材料と工程を代用出来ます。

c0229312_1624843.jpg

↑②冷たいバター(マーガリン)を加え、指先ですり混ぜて、粉チーズ状のサラサラにする。

c0229312_1632147.jpg

↑③水切りしていない絹ごし豆腐を加え、ゴムベラで豆腐を崩しながら、サックリと混ぜ合わせる。豆腐の水分によって量が変わりますので、調整して下さい。

c0229312_1673518.jpg

↑④まだ粉っけが底に少し残ってる状態で混ぜるのを止め(混ぜ過ぎると固くなってしまいます)、手で握る様にまとめる。
好みでチョコやレーズンを加えても。

c0229312_1691030.jpg

↑⑤鉄板に並べ、オーブントースターで約15~18分焼く。途中焦げそうなら、アルミフォイルをかぶせる。




夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!








by makipan-t | 2016-07-23 16:11 | クイックブレット | Comments(0)

旬のコーンマフィン

c0229312_20292337.jpg

↑旬を迎え、甘くてみずみずしいトウモロコシ。
地元山梨県の「ゴールドラッシュ」はその名の通り、綺麗な黄金色の実が食欲をそそる、道の駅などで人気の品種です。生のままでも、果物の様に甘いトウモロコシなんですよ。

c0229312_2034103.jpg

↑そんな甘いゴールドラッシュの実をたっぷり加えた「コーンマフィン」を焼きました。

コーングリッツを生地に混ぜてあるので、〝プチプチ”と楽しい食感も味わえます。

c0229312_20365495.jpg

↑トウモロコシの味と香りを堪能出来るように、バターではなく、アッサリとした菜種油で作りました。塩を気持ち強めにするのが好きです。
焼き立てが美味しいので、冷めたしまったらトースターで温めて。


配合  マフィン型6個

薄力粉     100g
コーングリッツ 30g
砂糖      10g
塩       1~2つまみ
ベーキングパウダー 6g
卵       1個
菜種油     45g
牛乳      50g
トウモロコシ  1本

c0229312_20431183.jpg

↑①トウモロコシはレンジや蒸し器で加熱し、包丁で身をこそげ取る。
②ボールに薄力粉・コーングリッツ・砂糖・塩・ベーキングパウダーを入れ、泡立て器でグルグルと混ぜ、材料を均一の状態にする。
③卵・菜種・油を加え、ゴムベラで全体を混ぜる。
④トウモロコシも加える。
⑤グラシン紙やアルミ型を入れたマフィン型に生地を分け入れる。
⑥180~200度に予熱したオーブンで約25分焼成する。竹串を刺せてどろっとした生地が付かないか確認する。

c0229312_20474827.jpg

↑焼き立てをガバッと割り、有塩バターやクリームチーズを付けながら食べると・・・白ワインを飲み過ぎてしまいます(笑)
食べ切れない分は1つ1つラップに包んでから冷凍保存バッグに入れ、冷凍保存して。食べる時は自然解凍の後に、オーブントースターやレンジで温めて。



夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!








.
by makipan-t | 2016-07-05 20:52 | クイックブレット | Comments(0)

おから入りクイックブレッド

c0229312_1758508.jpg

↑おからと全粒粉を加えた薄力粉で作るクイックブレッドは、ベーキングパウダーで膨らませるので短時間で作れます。子供様にチョコチップを加えましたが、ラムレーズン&クルミ、ウインナー&チーズ、黒ゴマと蒸したサツマイモなど具はお好みの物で。



c0229312_17593877.jpg

↑生おからをフライパンでじっくり弱火で炒め、パラッパラッにしてから冷凍すると味の劣化が少ないと友人から教えてもらい、時間がある時はしてます。最初の生おからの重さの半分くらいまで炒めると、おからの臭みも消え、煮物やハンバーグに加えても美味しいです。(面倒くさい時は、生おからそのままで冷凍しちゃってますが・・・)

今回は炒めた冷凍おからを解凍して作りました。生おからを使用した時は、加える牛乳の量を減らして。

c0229312_185057.jpg

材料
炒めたおから  50g
薄力粉     50g
全粒粉     20g
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖      小さじ1~3
塩       1つまみ
サラダ油    大さじ1
牛乳      大さじ1~2
チョコチップ


c0229312_187427.jpg

↑①塩までの粉類の材料をボールに計り入れ、全体が均一になる様に混ぜる。

c0229312_1884358.jpg

↑②サラダ油を加え、粉チーズ状に切る様に混ぜる。

c0229312_1892176.jpg

↑③牛乳を少しつづ加え、全体がやっとまとまる状態(混ぜ過ぎると固くなるので注意)でチョコチップを加える。

c0229312_18103265.jpg

↑④1つにまとめ、ナイフで火通りを良くする為に深くナイフを入れる。210~220度のオーブンで約25分焼成する。


c0229312_18114070.jpg









.
by makipan-t | 2016-06-02 18:12 | クイックブレット | Comments(0)

たまご蒸しパン

蒸しパンは私にとって「母の味」の1つです。

朝食に出来立て熱々のレーズン蒸しパンをほうばったり、中学校の部活の時に沢山持たせてくれて友達に配ったり・・・楽しくて美味しい思い出に母手作りの〝蒸しパン”があります。

c0229312_1750878.jpg

↑朝食にも良い優しい甘さの「たまご蒸しパン」は、マーラーカオみたいな味で大好きです。

c0229312_1752067.jpg

大きく蒸した方がふわふわに仕上がるのですが、短時間で出来る様にプリンカップで小さく作るのが我が家の定番です。

材料(小さ目プリンカップ6~7個)
たまご   2個
キビ砂糖、サラダ油、牛乳  各大さじ2
練乳(はちみつ) 大さじ1
塩   1つまみ
薄力粉    100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

c0229312_17535271.jpg

↑①ボールに卵を入れ、砂糖を加えて泡立て器で混ぜる。

c0229312_17544597.jpg

↑②サラダ油、牛乳、練乳、塩を加え混ぜる。

c0229312_17551464.jpg

↑③薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、泡立て器で混ぜる。

c0229312_17554342.jpg

↑④プリンカップにアルミや紙型を入れ、生地を分け入れる。

c0229312_1756232.jpg

↑⑤中火~強火で約12分蒸す。
蒸し器が無い時は、フライパンに2~3cmの熱湯を入れ蓋をして、湯煎しても出来ます。


c0229312_17573897.jpg

↑蒸したてはふかふか~。さらに練乳を付けながら食べても美味しいですよ。

冷めて生地が落ち着いた、モチモチした感じも大好きです。
by makipan-t | 2016-05-28 17:47 | クイックブレット | Comments(0)