カテゴリ:クイックブレット( 68 )

パンケーキ キャラメルソース&ホイップクリーム

c0229312_13321735.jpg
薄力粉と強力粉をブレンドしたパンケーキは、ふっくら・ふかふか。

甘さ控えめで、あっさりした生地なので、キャラメルソースやホイップクリームを吸い込んで、とっても美味しい~~。アイス&フルーツも添えられたら、カフェみたいでもっと美味しかっただろうなっ・・・。


c0229312_13404486.jpg
市販のミックス粉も便利なのでよく使いますが、粉から合わせると好みに仕上げる事が出来ます。

今回は生地にマヨネーズを加え、ふわふわ&しっとりにしました。マヨネーズを加えても酸味とかは全く残らないので安心して下さいね。市販のホットケーキミックスにマヨネーズを加えても、ふわふわ感がアップしますよ。

作り方 (5~6cm 約12枚)
A: 卵   1個
  砂糖  50g
  塩   1つまみ
  マヨネーズ 15g
  バニラオイル

B: 薄力粉  60g
  強力粉  60g
ベーキングパウダー 5g

牛乳    85g

①ボールのAを入れ、泡立て器で混ぜる。
②牛乳も加え混ぜる。
③Bを振るい合わせ、ダマが無くなるまで混ぜる。
④フライパンにサラダ油を少々入れ、フタをしながら中火で両面焼く。
⑤生クリーム100ccに砂糖大さじ1とバニラエッセンスを加え、ゆるく泡立てる。市販のキャラメルソースと一緒にパンケーキの上に乗せる。










by makipan-t | 2017-07-10 13:50 | クイックブレット | Comments(0)

ポテトおやき

c0229312_17352687.jpg


信州名物のおやき。

野沢菜やナス味噌炒めなどの惣菜系や、あんこを包んだのが定番です。


c0229312_17383581.jpg

今回はポテトを加え、洋風なおやきをフライパンで焼きました。
表面には、青のりを付けてみました。


蒸したジャガイモには、粉チーズとマヨネーズを加え、粗挽きウインナー&コショウを。

出来立て熱々を食べると、最高~!!

c0229312_1740272.jpg


半量は、ミックスチーズを混ぜた「ポテトチーズ」

c0229312_17404061.jpg


ケチャップを付けながら食べても、美味しかったです。

おやきの皮 (8個分)
薄力粉   150g
強力粉   100g
ベーキングパウダー 小さじ2
塩     2つまみ
水     150cc

ボールに材料を入れ、滑らかになるまで捏ねる。8等分して丸め、麺棒で伸ばして具を包む。フライパンに油をひき、フタをして中火で焼く。反対側も同様に焼く。





by makipan-t | 2017-06-07 17:41 | クイックブレット | Comments(0)

お豆腐ドーナッツ

c0229312_17205282.jpg


ホットケーキミックスと絹ごし豆腐のみで作れる「お豆腐ドーナッツ」は、我が家で何回も作った定番のおやつ。

c0229312_172307.jpg

ホットケーキミックスの甘さのみなので、朝食のパンが足りない時などにも揚げます。

c0229312_17231668.jpg


揚げたてのサクサクした表面と、ふんわり軽い感じが大好きです。時間が経つと、お豆腐効果でしっとり・モチモチする感じです。

材料 (リング5個+ミニサイズ)
ホットケーキミックス  200g
絹ごし豆腐       150g

c0229312_17253188.jpg

①ボールにホットケーキミックスと豆腐を入れ、ゴムベラなどで混ぜる。
 豆腐は水切りしないで、パックから出したままで使います。

c0229312_17265499.jpg

②打ち粉(薄力粉)を振りながら、手で押さえて1cmの厚さに広げる。
 柔らかいので、打ち粉はたっぷりして下さい。
 ドーナッツ型で抜く。無ければ、コップ+ペットボトルのキャップで代用。

c0229312_17283949.jpg

③フライパンに2cm位油を入れ、両面香ばしく揚げる。


c0229312_17292720.jpg


型で抜いて残り生地は、小さく丸めて揚げると綺麗ですが・・・面倒なので、適当な形のまま揚げました。

c0229312_1731228.jpg


甘いのがお好きな方は、上白糖やシナモンシュガー、レモンアイシングをかけても。






by makipan-t | 2017-06-01 17:19 | クイックブレット | Comments(0)

チーズのグジェール

c0229312_1832343.jpg


フランス・ブルゴーニュ地方の伝統てなスナック。
チーズがたっぷりでワインに合う事間違いなし!!

c0229312_1863491.jpg


シュー皮にたっぷりチーズが入った、発酵無しのクイックブレッドなどで、生地も30分もあれば作ってオーブンの中へ。

粗挽き黒コショウ入りと2種類作りました。

c0229312_1891764.jpg


材料 約24個分
バター・オリーブ油 各35g
牛乳・水      各70g
塩         小さじ1/3
薄力粉       80g
玉子        3個
ミックスチーズ   80g
粗挽き黒コショウ

c0229312_1895242.jpg

①バター・オリーブ油・水・牛乳・塩を小鍋に入れ、強い火にかけ沸騰させる。

c0229312_18103971.jpg

②薄力粉を一気に加え、ヘラで混ぜる。
 鍋そこに膜が出来るまで、練る。

c0229312_18112620.jpg

③火を止め、玉子を1個づつ加え、その都度しっかり混ぜる。

c0229312_1812440.jpg

④チーズも加える。

c0229312_18122230.jpg

⑤鉄板に大さじ1位つづ、スプーンで落とす。
 生地の半量になったら、好みで粗挽き黒コショウを加える。

c0229312_18135776.jpg

⑥200度に予熱したオーブンで15分、さらに180度で10分焼く。
 途中オーブンを開けるとしぼむので、絶対に開けない!!

生地を作って、まだ温かいうちにオーブンに入れると綺麗に膨らみますよ。
温かい方が美味しいので、冷めたらトーストして。




by makipan-t | 2017-05-29 18:15 | クイックブレット | Comments(0)

ゼッポリーネ

c0229312_1710313.jpg


ピザ生地に岩海苔などの海藻を加えて、揚げたイタリア・ナポリの郷土料理。

モチモチの生地に、塩味の海藻がおつまみやおやつにピッタリ。

c0229312_1711488.jpg


生岩海苔の代わりに、海苔をちぎって加えました。

ふんわり香る海苔が美味しい~。

c0229312_17124490.jpg


青のり・桜エビ・ゴマのゼッポリーネ。

ゼッポリーネはイースト発酵させますが、生地を作るのも簡単だし、発酵時間も短時間で気軽に作れるのが魅力的です。

材料 約25個分
薄力粉  100g
強力粉  100g
イースト   5g
塩    小さじ1/2強
砂糖   小さじ1
ぬるま湯 180g

揚げ油用オリーブオイル

①ボールに材料を全て入れ、スプーンなどで数分間しっかり混ぜる。
②材料に好みの具を加える。
 今回は、この段階で半分にして2種類にしました。
③ラップをし28~30度で約30分発酵させる。
 室温が低い時は、ぬるま湯に入れる。

c0229312_17174227.jpg


④ティースプーンに油を付けながら、1口ぐらいに掬い取り揚げる。
 揚げ油はオリーブオイルがおススメ。フライパンに1cm位入れ、中火で両面揚げる。
c0229312_17201229.jpg


⑤揚げ立てに塩を好みで振って頂く。

c0229312_17214452.jpg


揚げ立てが美味しいので、冷めてしまったらトースターで温めて。

具の量は、海苔なら2枚、青のり・桜エビ・ゴマを各大さじ1を加えました。
コーンやチーズ、ウインナーでも美味しいですよ。





by makipan-t | 2017-05-17 17:24 | クイックブレット | Comments(0)

スナックプレッツエル

c0229312_15232079.jpg


ドイツが発祥のパン「プレッツェル」。
イースト発酵させた生地をアルカリ液に浸けてから焼き上げる事で、独特の色・風味・食感が生まれます。

スナックタイプのプレッツェルはクラッカーみたいに、ビールやワインのおつまみに、子供のおやつに愛されてます。

c0229312_1528150.jpg


ベーキングパウダーを使い、卵を塗って香ばしく焼き上げたプレッツェルは、塩味が効いてて「ポリッ」とした食感がクセになります。

食べ始めると、やめられない怖い食べ物です(笑)

c0229312_1530396.jpg


ゴマ煎餅みたいな、味わいが美味しい「黒ゴマプレッツェル」

成形してる時にゴマがボロボロ落ちてしまう程、たっぷり生地にゴマを加えるのが美味しさのポイント。

c0229312_1531357.jpg


粗びき黒コショウプレッツェル

1口噛んだだけで、コショウの香りが立ち上る様に、挽き立てをたっぷり加えます。

c0229312_15332071.jpg


作り方(約40個分)
A 薄力粉 80g
強力粉 20g
ベーキングパウダー小さじ1/2
塩   小さじ1/4
砂糖  小さじ1
バター 15g
牛乳  50g

① Aのをボールに入れ混ぜる。
②冷たいバターをつぶすように、粉に混ぜる。
③冷たい牛乳を加え、全体が滑らかになるまで捏ねる
④ラップに包み、冷蔵庫で約30分休ませる。
⑤包丁で40等分して、細いひも状に伸ばす。
c0229312_15375161.jpg


⑥オーブンシートをひいた鉄板の上で、プレッツェル型に成形する。
 両端を1~2回ねじり、輪に乗せる様にする。
c0229312_1539123.jpg


⑦卵を刷毛で塗り、200~210度のオーブンで12~15分焼き、網にとって冷ます。


生地に粉チーズ、ドライトマトのみじん切、ベーコンのみじん切を加えても。
甘いプレッツェルにするなら、シナモンシュガーをまぶしたり、レーズンやオレンジピールのみじん切を足しても美味しいですよ。




by makipan-t | 2017-05-14 18:22 | クイックブレット | Comments(0)

ウインナーと枝豆のケーキサレ

c0229312_15433349.jpg


久し振りにケークサレを焼きました!!

一時、巷で大流行してましたが、最近はすっかり名前を聞かなくなってしましましたね・・・。食べ物のブームの流れの速さに付いて行けません(笑)

c0229312_15461783.jpg


生地の半分を型に流し入れた後に、残りの生地にフレークカレーを加え、2層にしてみました。上には粉チーズを振って焼いてあります。

ホットケーキでベーコンと玉ねぎの簡単ケークサレ

このレシピを参考にしました。
私はマヨネーズの代わりにオリーブオイルにし、具は炒めないで玉ねぎのみじん切1/4個、ウインナー5本、冷凍枝豆30gを生地にくわえました。




by makipan-t | 2017-04-24 15:38 | クイックブレット | Comments(0)

ヨーグルトのカンパーニュ風ブレッド

c0229312_1647022.jpg


イースト発酵させずにベーキングパウダーで短時間に完成するヨーグルト入りのパン。

たっぷりレーズンとクルミを入れて、大きく焼き上げました。

c0229312_16483861.jpg


甘さ控えめなので、朝食に。

クリームチーズを乗せて、ワインのつまみにすることもあります。

c0229312_16493820.jpg


作り方 2個分

①ボールに薄力粉250g、ベーキングパウダー大さじ1、砂糖(キビ砂糖)大さじ1、塩1つまみを入れ指先でグルグル混ぜて、ふんわり均一の状態にする。
②冷たいバター50gを、指でつぶすようにすり混ぜる。サラサラの感じにする。
③プレーンヨーグルト90~100g、卵1個を加え、ゴムベラでサックリ混ぜる。
 ヨーグルトは生地の様子を見て、加減する。粉っぽさが無くなり、1つにまとまる様にする。
④レーズン50g、から焼きしたクルミ30gを加える。
⑥2等分して、楕円形にまとめる。中心にナイフで切れ目を入れ、180度のオーブンで35~40分焼く。




by makipan-t | 2017-04-19 16:46 | クイックブレット | Comments(0)

ふんわりコーンブレッド

c0229312_1623358.jpg


トウモロコシの粉「コーンミール」を加えた、発酵なしのパン「コーンブレッド」はアメリカ生まれの素朴なパンです。

c0229312_1624858.jpg


鉄板に流して焼いたり、パウンドケーキ型に入れて焼き上げ、スライスして食べます。そのまま食べても美味しいですが、チリコンカンなどの煮込み料理と一緒に食べるもの。翌日などパサパサする時は、チーズやケチャップを乗せてトーストするものおススメです。

c0229312_164775.jpg


優しい甘さで、薄力粉が多い配合なのでふんわりしてますよ。

材料18cm角のスクエア型

①キビ砂糖 ・蜂蜜各20g、卵1個、サラダ油40cc、塩1つまみ、牛乳100ccをボールにいれ泡立て器で混ぜる。
②薄力粉100g、コーンミール50g、ベーキングパウダー小さじ1を合わせて振るい入れ、泡立て器で混ぜる。
③オーブンペーパーを敷いた型に生地を流し入れ、180度で20~25分焼く。


c0229312_1610720.jpg


ラップに包んで冷凍保存も出来ます。
自然解凍かレンジ解凍で。





by makipan-t | 2017-04-12 16:00 | クイックブレット | Comments(0)

バナナキャラメルマフィン

完熟したバナナでマフィンを作りました。

ちょっと焦がしました~(笑)

c0229312_1629853.jpg


フライパンに砂糖を入れキャラメルを作り、バナナを加えて炒めた「キャラメルバナナ」を加えました。ラム酒もプラスした大人っぽいマフィンに仕上げました。

c0229312_1628341.jpg


ベーキングパウダーを少な目の配合で、膨らみは悪いですが、その分しっとりしてます。

c0229312_16345371.jpg


油脂は少な目で、バター&サラダ油(菜種油)を半量ずつにしましたが、キャラメルバナナの効果で物足りない感じはしません。


作り方(約6個分)
①テフロン加工のフライパンに上白糖大さじと水小さじ1/2を入れ、強火にかけキャラメルを作る。
②バナナ1本を1cm幅ぐらいに切り、フライパンに加え全体を軽く混ぜ、馴染んだら火を止める。
③ボールに卵1個、砂糖35gを加え混ぜる。バター20gはレンジで溶かし、サラダ油大さじ2も加え混ぜる。
④薄力粉100gとベーキングパウダー小さじ1/2を合わせて振るい入れる。
⑤全体をゴムベラで混ぜ、粉っぽさが残ってる時に、牛乳大さじ2~3を加える。
⑥180度に予熱したオーブンで約25分焼く。



c0229312_16434755.jpg






by makipan-t | 2017-02-07 16:44 | クイックブレット | Comments(0)