<< トースターで焼くチョコマフィン 黒糖かりんとう風ドーナッツ >>

鳥居焼き 護摩木積み


c0229312_15014192.jpg

10月の第一土曜日に行われる「ぶどう祭り」で行われる、盆の送り火"鳥居焼き”。
古くから柏尾山の中腹に鳥居が設けられ、地元・勝沼中学の生徒が松明を持って山を登り点火します。

c0229312_15010865.jpg

本日9月24(日)の早朝7時半から、鳥居焼きの「護摩木」を積む行事が行われました。

スキーのジャンプ台みたいな急斜面に、勝沼中学の3年生と勝沼地区長さん・ボランティアが集まります。

c0229312_14592699.jpg

"バケツリレー”の要領で、重い薪の束を上に上げて行きます。

急斜面に足を踏ん張り、何百もの薪束を運ぶのは重労働です。
私なんて、鳥居焼きの場所まで山を登るだけで、息が上がってしまいました・・・(運動不足を実感しちゃう)

c0229312_14593641.jpg

台に2束ずつ置いて行きます。
薪を上に上げるだけで、1時間以上かかります。(腕が痛い・・・)

c0229312_14594802.jpg

護摩木を組み合わせて行きます。
薪の太さが違うので、上手に組み合わせないと崩れてしまうので、慎重に!!

c0229312_15000080.jpg

無病息災・増益・先祖供養の願いを込めて、薪を積みます。
このような勝沼の伝統を地元中学生に伝えて行く行事は、素晴らしいと思います。

c0229312_15005750.jpg

完成した薪には、ビニールシートを本番まで被せて起きます。(雨除けです)
本番では灯油を中心に染み込ませ、中学生が順番に点火します。

c0229312_14591739.jpg

甲府盆地が一望できる柏尾山での作用は約2時間で終了しました。
集合写真を撮り(今時はドローンで上空からも撮影するんです)、解散!!

ぶどう祭りが楽しみです。











by makipan-t | 2017-09-24 15:21 | 勝沼地区・ワインツーリズム | Comments(0)
<< トースターで焼くチョコマフィン 黒糖かりんとう風ドーナッツ >>