<< 5月かつぬま朝市 朝の受付手伝い ほうとう処 慶千庵 (勝沼町勝沼) >>

甲斐路の新芽の天ぷら

c0229312_9164133.jpg


連日の晴天でブドウも順調に生育してます。

甲斐路の新芽の緑が、美しい時期になりました。

c0229312_9174325.jpg


ブドウは沢山新芽を発芽させるので、不要な物を落とし必要な芽に栄養を集中させるようにします。

天ぷらとして味わうなら、新葉が2~3枚出た小さ目サイズの方が柔らかくて好きです。大きな芽は枝の部分が固くなってしまいますが、食感がありこの方が美味しい、って言う人もいます。

c0229312_923162.jpg


畑を10分も回れば、十分な量が集まります。

鮮度がすぐに落ちて、黒くなってしまうので、取り立てを天ぷらにします。ぶどう農家でしか味わえない、春の味です。

c0229312_9265142.jpg


薄く衣をつけて、サッと揚げます。

c0229312_9271595.jpg


直ぐに揚がりますが、私は少し長めに揚げてサクサクした感じが好み。

c0229312_9302779.jpg


揚げたてを塩を振って、頂きます。

c0229312_931041.jpg


ふわっ~と広がる香りと酸味、後から苦味もあり、山菜や木の新芽の天ぷらのような味わいです。ぶどうの蕾の部分がモチモチして、葉はサクサクです。品種により味が少し異なります。

今の時期だけ楽しめる、旬の味です。




by makipan-t | 2017-05-07 15:16 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< 5月かつぬま朝市 朝の受付手伝い ほうとう処 慶千庵 (勝沼町勝沼) >>