<< 『大豆で作った飲むヨーグルト』... つぐら市番外編〜ツグラノワ〜 >>

自然栽培のソルダムジャム 

c0229312_14144447.jpg

無農薬の自然栽培で作られたソルダムをジャムにしたら、真っ赤な綺麗な色に仕上がりました。

夏休み中の娘が焼いてくれたパンケーキで朝食です。

c0229312_14165040.jpg

ソルダムは、皮が濃い赤紫色で中が黄色のすもも。皮を付けたまま、ザク切りにして煮ると美しい赤い色になります。




c0229312_14184348.jpgc0229312_1418521.jpg

山梨県笛吹市で栽培しているソルダムは、農薬を散布していないので、虫が付いてしまう実も多いですが、皮ごとジャムにするので、安心して使えます。収穫に夢中になってしまい、樹にたわわに生ってる写真を撮り忘れてしまいました・・・。

c0229312_14222199.jpg

ソルダムの周囲に付いてる白い粉は「果粉」と呼ばれる糖分です。果物が完熟してくると付き、新鮮な証拠です。巨峰などのブドウの周りに付いてる白い粉も、この「果粉」で農薬ではありません。

大粒で肉厚なソルダムが沢山収穫できました。甘酸っぱいすももは、山梨を代表する夏の果物の1つです。

c0229312_1433188.jpg

ソルダム(正味)  1キロ
砂糖        700~800g

砂糖を70~80%入れるとしっかりとした甘さがあり、保存性も高くなります。

酸味を生かし軽くてあっさりとしたジャムが好みなら、砂糖は30~40%でも十分です。ジャムを開封後は冷蔵庫に入れ、美味しいうちに食べ切って下さい。

かき氷のシロップ代わりにしたり、豚ソテーのソースにも。

 

夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!






by makipan-t | 2016-07-25 14:34 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< 『大豆で作った飲むヨーグルト』... つぐら市番外編〜ツグラノワ〜 >>