<< ワイン卵 ハイチック (甲斐市) 天然酵母のお家パン屋さんチュウ... >>

西嶋和紙漉き 小学校親子レクレーション

6年生の娘の卒業記念品として、親子で西嶋和紙漉き体験を学校で行いました。

c0229312_17422364.jpg
↑身延町で戦国時代から続く伝統的な西嶋和紙の工房・十山製紙の笠井さんがご指導してくださいました。
十山製紙は、武田信玄に献上し御所印も頂戴した由緒ある製紙所です。

c0229312_17503996.jpg
↑原材料はコウゾ。
桑の様な植物を乾燥した茎を、苛性ソーダーを加えて柔らかく煮て物。

本来は三椏と言う植物で作るのが、西嶋和紙の特徴です。

c0229312_175828.jpg
↑最初の工程は、コウゾの繊維を開きながらゴミを丁寧に取り除く事。
美しい仕上がりの和紙にする為に、大切な作業です。

c0229312_17594515.jpg
↑次に棒で細かく叩く。
滑らかな表面にする為に、繊維が細かくほぐれるまで叩きます。

この叩くのが、大変~~!!!

クラス全員の親子でやってると、耳がおかしくなりそうな程うるさいし、長時間で手も痛い・・・。
(子供も頑張ってるから、親もしっかりやりますよ(笑)

c0229312_1832821.jpg
↑オクラの根のどろどろ成分を水に溶かした液体に、叩いた繊維をほぐして溶かします。

しっかり叩いてあると、ふわっ~とあっと言う間に溶けます。

c0229312_1853889.jpg
↑木枠に均等に入れて漉きますが・・・講師の方のサポートがないと難しい!!

素早くしないと凸凹になっちゃうし、木枠が意外と重い。

c0229312_1892179.jpg
↑機械で軽く水分を抜いて、重ねます。

c0229312_18101144.jpg
↑天然素材100%の和紙なので、色は真っ白になりませんが、大変丈夫で1000年先までもつそうです。(スゴイ~!!)

この後は工場で圧力をかけて脱水し、熱した鉄板に2分間張り付けて乾燥させます。

完成した和紙には、絵手紙風の絵と書道を書き入れて卒業記念品にします。

楽しみ~。
by makipan-t | 2015-10-16 18:16 | ワークショップ・教室参加 | Comments(0)
<< ワイン卵 ハイチック (甲斐市) 天然酵母のお家パン屋さんチュウ... >>