<< 11月マキパン教室予定 27年度マキパン教室 11月から再開 >>

文銭最中 (文銭堂 東京都新橋)

今が最もブドウの種類が多い時期で、黒くて大粒で甘い「ピオーネ」、皮ごと食べれ種なし「シャインマスカット」、山梨を代表する白ワインの品種「甲州」など、十数種類が収穫できます。

ぶどうを買いに来るお客様も多く、先日お客様から頂いた最中がとっても美味しかったので紹介します。

c0229312_168320.jpg
↑美しい和紙に包まれた和菓子は東京都・新橋に本店を構える 御菓子司文銭堂の物です。

c0229312_16121176.jpg
↑小さ目サイズのかわいらしい最中 文銭最中

c0229312_16131897.jpg
↑HPより・・・・
「寛永の昔、京都方廣寺の大仏様から通貨(文銭)が造られ人々から大仏様の化身として無病息災のお守り、又財布の種銭として大切にされました。この寛永の故事により文銭の銘を戴きました。」

その名の通りの文銭の形をした最中。

c0229312_16151816.jpg
↑中には、とろける滑らかな餡がぎっしり入っています。
この餡がとっても特長的で、水あめの様にねっとりとして、きめ細かいこし餡の中にふっくらとした小豆が混ぜっています。こんな餡は初めて食べました。大変水分の多い餡ですが、最中の皮がシナシナしていなくて、パリッとしているのも魅力的です。

和菓子が大好きな義父・母さんも大絶賛してました!!

小豆 1個120円 8個960円

ネットショッピング→文銭堂本店

御菓子司文銭堂
・本店 東京都港区新橋3-6-41
    03-3591-4441
・三田支店
・日本橋高島屋百貨店
・新宿高島屋百貨店
・日吉東急百貨店
by makipan-t | 2015-09-23 16:26 | 取り寄せ グルメ | Comments(0)
<< 11月マキパン教室予定 27年度マキパン教室 11月から再開 >>