<< パン工房鳥居平 トリイヴィラ ... ピーマンの小鉢 3種類 >>

さんまのかば焼き缶と豆腐の春巻き

常備している「さんまのかば焼き缶」。とろろ芋とたっぷり刻み海苔&ワサビで丼ぶりにしたり、長ネギと一緒に玉子とじにして粉山椒で香りを添えて食べる事が多いのですが、今回は春巻きにしてみました。
c0229312_17595852.jpg
↑木綿豆腐はしっかりと水切りをして置くのがポイント。大葉の爽やかな香りと、さんまのかば焼きの味で何も付けないで食べて美味しいです。

作り方
さんまかば焼き缶   2個
木綿豆腐        大1丁(約350~400g)
大葉           10枚
春巻きの皮       10枚
揚げ油

c0229312_1861076.jpg
↑①木綿豆腐は1cmの棒状に切り、クッキングペーパーに挟んで水切りをする。
②適当にほぐした、さんまのかば焼き缶、豆腐、大葉を写真のように並べる。缶詰めの汁は加えない。

c0229312_1874464.jpg
↑③巻き終わりを、小麦粉+水でつくった糊で止める。

c0229312_189439.jpg
↑④フライパンに多めの油を入れ、揚げ焼きにする。そのままで食べれる材料なので、皮が香ばしい色になればOK.

c0229312_1895154.jpg
さんまのかば焼き缶の他に、焼き鳥缶、サバの味噌煮缶などでも美味しくできますよ。
by makipan-t | 2015-06-30 18:11 | 料理 | Comments(1)
Commented at 2015-07-01 15:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< パン工房鳥居平 トリイヴィラ ... ピーマンの小鉢 3種類 >>