<< 完熟甲州小梅のジャム つぐら舎 (勝沼町) >>

自家製トライパセリ

c0229312_861610.jpg
パセリはビタミンA、B1、B2、Cが豊富で、さらにカロチン、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維の含有量も野菜の中でトップクラス!!フライや肉料理の付け合せのイメージから抜け出れませんが、とっても優秀な野菜だそうです。

我が家でもポットや種を買って栽培してます。次々に出て来るパセリが生き生きしている間に、ドライパセリにして保存し1年間楽しんでいます。

ドライパセリの作り方
c0229312_8145055.jpg
↑①栽培した物は、市販のパセリと異なり、茎が長くならないので、雨の跳ね返りで土が付くので、しっかり洗い水分を拭き取る。

②クッキングシート上に、キッチンペーパーを重ね、パセリを広げる。

c0229312_8175779.jpg
↑③電子レンジ600wで1分~1分30秒加熱。(ラップなし) 1度取り出し、庫内に付いた水分を拭き取り、パセリの過熱むらを無くす為に全体を混ぜる。

④様子を見ながら追加加熱する。パセリの量によって異なるので、写真のようにパリッパリッになるまで。本日の量では、追加時間は1分でした。

c0229312_821357.jpg
↑⑤指でもんで、パラッと粉になれば乾燥完了。

c0229312_8214451.jpg
↑⑥小さなビニール袋に入れ、握るように粉にする。

c0229312_822213.jpg
↑⑦一瞬で粉々になります!!残った茎は、気になるなら取り除く。

c0229312_8231181.jpg
↑⑧ビニール袋の口をしばり、冷凍バッグに入れ冷凍保存。使用する時に、小瓶に使う量だけ移しかえればグリーンが綺麗なまま1年以上保存できます。


c0229312_8253095.jpg
↑収穫した小カブとウインナーのガーリックソテーにたっぷりドライパセリを。オリーブ油で焼いた小カブが甘くて美味しい。ガーリック&ウインナーの最強組み合わせは、子供も大好きです。
by makipan-t | 2015-06-11 18:05 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< 完熟甲州小梅のジャム つぐら舎 (勝沼町) >>