<< 甲州小梅のサワードリンク 6 (ロク) 甲府市西高橋 >>

春菊のジェノベーゼ

c0229312_1722833.jpg
↑冬のお鍋料理の定番の春菊ですが、今の時期でも路地栽培できます。ただし気温が高いので、すぐに花(本当に菊のような可憐な花なんですよ~)が咲いてしまい、固く苦くなってしまいます。

そこで、毎年バジルで作るジェノベーゼを、春菊で作り保存する事にしました。

c0229312_17251833.jpg
↑ジェノベーゼに使用するニンニクも自家栽培です。収穫後に日陰で乾燥させてます。


c0229312_17261374.jpg

春菊     65g
チーズ    65g
ニンニク   1ケ
オリーブ油 大さじ2
塩      2~3つまみ

①春菊はできれば葉先を使用。良く洗って水分を切る。
②材料を全部入れて、フードプロセッサーやミキサーで撹拌する。

c0229312_17285911.jpg
↑④味見をして、塩を整える。今回チーズは手頃なミックスチーズにしましたが、使うチーズによって塩分が違うので、必ず味見してください。

c0229312_1730919.jpg
↑⑤保存する時は、ジップ付き冷凍バッグに入れ、ピッタリと空気を抜き、冷凍庫へ。薄く冷凍すれば、使いたい分だけパキッと割れます。冷凍保存すると、酸化で色が変色する事も少ないし、香りも残りますよ。

c0229312_1732084.jpg
↑食パンの耳に塗って、お酒のおつまみに・・・。ううんっ、美味しい!

春菊ジェノベーゼはバジルよりもクセが少なくて食べやすく、マイルドに仕上がりました。松の実やクルミなどのナッツを加えないでも作れるようにチーズ多めの配合にしてみました。パスタソースにしたい時は、オリーブ油を多くしてくださいね。
by makipan-t | 2015-05-29 17:37 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< 甲州小梅のサワードリンク 6 (ロク) 甲府市西高橋 >>