<< 枝豆入り白身魚のふわふわ揚げ 「スイーツ会」・・・初秋編 >>

Soylution 親子で大豆を育てよう!収穫祭

6月15日に行われた「Soylution 親子で大豆を育てよう!」(←種まきのブログ記事へ)から2か月が経過し、8月30日に枝豆の収穫体験が行われました。枝豆は大豆が完熟して茶色になる前に収穫する物。大豆と同じようにタンパク質などが豊富です。
c0229312_1365263.jpg
↑バスで畑に到着すると、参加親子から「わっ~スゴイ!!」と歓声が上がりました。濃い緑色が畑一面に生い茂り、枝豆も子供の腰位の高さまで成長しています。

c0229312_138151.jpg
↑主催者の大塚製薬さん、いちやまマートさん、畑を管理して下さっていた四季菜さんから収穫の仕方等の説明をうけます。

c0229312_13114488.jpgc0229312_1311348.jpg
↑今年はサヤの数も多く、豆がふっくら大きく成長して大豊作!!
この企画は大塚製薬さんや各地のスーパーと協賛して全国で行われていますが、西日本は大雨・長雨の影響で生育が悪く、ほとんど収穫出来なかったそうです・・・。本当にかわいそうです。
c0229312_1316730.jpg
↑最初に枝豆の木を根っこから引き抜きます。が、しっかりと根が張っているので力のいる大変な作業。小2年の息子はフルパワーで引き抜いています(笑)
c0229312_13205031.jpg
↑根っこを切り、枝豆だけをハサミで切り分けています。1家族で十数㌔と大量なので、暑い日差しの下、根気が必要な作業。農家さんの苦労が少しだけですが、子供にも伝わったようです。

c0229312_13255773.jpg
↑収穫当日と、翌日中に茹でる分はサヤだけにします。新鮮なうちに茹でる事で、味はもちろん栄養素も高いまま食べる事が出来ます。

c0229312_13292671.jpg
↑直ぐに食べない分は、根っこと葉っぱを切り落とし、枝に付けた状態で持ち帰ります。この方が鮮度が失われ難いそうですよ。いい事知りました。

c0229312_13321850.jpg
↑約1時間半 頑張って作業して畑は空っぽになりました。
大変綺麗な枝豆だったので、虫が付かない管理や雑草の手入れ行き届いている事を感じました。我が家でも野菜を育てているので、ここまでにするのは大変だったと思います。収穫という一番楽しい部分をさせてもらい、ありがたいです・・・・。
c0229312_13335219.jpg
↑そして、収穫したての枝豆の塩ゆでを頂きます。豆がしっかりと固く、味が濃くて美味しい~~!!パクパクと沢山食べてしまいます。

c0229312_13345810.jpg
↑お昼ご飯は、いちやまマートさん特製の「枝豆たっぷり弁当」をみなさんで頂きました。
c0229312_13364927.jpgc0229312_13365995.jpg
枝豆入りコロッケ、枝豆とお豆腐のふわふわ揚げ、枝豆と玉ネギのかき揚げなどが入っていて、枝豆料理の参考にしたいです。ごちそうさまです。

ちなみに枝豆は大豆と異なり緑葉食野菜になり、ビタミンB1がとっても豊富で疲労回復に役立ちます。鉄分も多い野菜で、鉄分を豊富に含む野菜の代表・小松菜よりも含有量が多いそうなので、夏バテ気味のこの時期に食べると、体調が整い元気に秋を迎えられそうです。

山梨での体験ツアーの様子はこちらでも紹介されています→「大豆日記
by makipan-t | 2014-08-31 13:02 | ワークショップ・教室参加 | Comments(0)
<< 枝豆入り白身魚のふわふわ揚げ 「スイーツ会」・・・初秋編 >>