<< 第7回 はぴすまーけっと 3月... フライパンでカリカリ香ばしい 餅ピザ >>

レストラン風 3月お料理講習会

c0229312_19112458.jpg
今月は西村副料理長が教えて下さります。もともと西村副料理長はイタリアンのシェフなので、オリーブオイル・トマト・パスタを使った伝統的なお料理を、今風にして教えてくれました。
c0229312_1915222.jpg
レクチャー形式で、レシピを見ながらゆっくりメモを書きながら行って行きます。シェフとの距離が近いので、小さな質問も気軽に出来るのが魅力です。出来立てのお料理をテーブルに移動してコース形式で頂きます。

c0229312_19171789.jpg
1・トスカーナ風お豆のスープ
白いんげん豆とトマトを煮込み、食感が分かる位にミキサーにかけた濃厚なスープ。クリーム系が入ってないのに、お豆でクリーミーになってます。パンを付けて食べるのが、シェフのおススメ。
c0229312_19194432.jpg
2・鶏ムネ肉と冬野菜のボッリート トンナートソース。
イタリア語で「ボッリート=ボイルした料理」「トンナート=ツナ」と言う意味。海に接していないピエモンテ州の伝統料理は、ツナ缶を使用した物が多いそうです。しっとりとした鶏ハムの様な前菜です。
c0229312_19231236.jpg
3・スモークベーコンのカルボナーラ
イタリアンのコースではパスタはメインの前に出て来るのが、正式だそうです。なので1人前35gと少な目ですが、濃厚なカルボナーラなので大満足です。クリームを入れていないのに、トロッとクリーミー!!これが家庭で出来たら感動しちゃいます。(練習あるのみですね・・)
c0229312_19272979.jpg
4・真鱈とジャガイモのリボルネーゼ
トスカーナ州のリボルノ町の名物料理。短時間なのに、コクがあるトマトソースは絶品です。添えられたサラダは、レストラン風で無農薬で自家栽培しているハーブで、ヨーロッパの種から作っているそうです。この美味しい野菜のサラダを食べる為にレストランに来る方もいるそうです。満腹なのに、美味しいパンもサーブして下さり、ついつい食べ過ぎです(笑)
c0229312_19313191.jpg
5・苺のムース
レストランで作って下さったデザートは、春らしい苺のムース。沢山のフルーツとバニラアイスが贅沢です。これにコーヒーもセットになり参加費は3500円。


レストラン風 お料理講習会→HPへ。3月6日・7日に若干の空きがある様です。興味がある方は早めに問い合わせてみて。HPの予約サイトや電話0553-44-3325

レストラン 風
甲州市勝沼町下岩崎2171
0553-44-3325
定休日 水曜日
平日ランチ 11:30~14:30 
土日祝ランチ 11:00~13:00 13:30~15:00 (2部制)
ディナー 17:00~21:00
駐車場 大型パスも止めれる程十分な広さがあります。


by makipan-t | 2014-03-04 19:33 | ワークショップ・教室参加 | Comments(0)
<< 第7回 はぴすまーけっと 3月... フライパンでカリカリ香ばしい 餅ピザ >>