<< 明けましておめでとうございます。 今年最後のパン教室・・・ >>

お餅つき

c0229312_3193650.jpgc0229312_3195178.jpg
毎年我が家は、母屋で数件分のお餅を石臼でつきます。鏡餅はもちろん、切り餅は小分けにして冷凍して1年楽しみます。 もち米を蒸すのは、ブドウの選定した枝。とっても火力が強く、この蒸し加減で、お餅のコシが決まるそうで、蒸し過ぎてしまうとベチャ~として美味しくないそうです。そのさじ加減はまた私には分からないので、お母さんが味見してチェックします。

c0229312_3234018.jpgc0229312_3235713.jpg
小1の息子も挑戦しましたが、臼が重くて持ち上がりません~(笑)
「温かい~!!」って、粘土の様な気分で、鏡餅作りです。

c0229312_325954.jpg
洋服を餅とり粉で真っ白にしながら、長い麺棒でのし餅作りです。
私の実家は東京郊外の新興住宅地なので、お餅スーパーやお米屋さんで買って来るものでした。ですから、今でも年末のお餅つきは私自身がワクワクするし、子供がこれを当たり前と思ってるのは、とても贅沢な事で、お父さん・お母さんに感謝です。

c0229312_3381064.jpg
この日のお昼は「つけこ」です。
お母さんが煮てくれた粒あんと、きなこ、砂糖醤油の磯部巻・・・。つき立てのフカフカのお餅って、最高です。
by makipan-t | 2013-12-31 03:37 | 料理 | Comments(0)
<< 明けましておめでとうございます。 今年最後のパン教室・・・ >>