<< kanon(笛吹市一宮) 養老酒造吟醸甘酒ラスク >>

巨峰の新芽の天ぷら

c0229312_5381795.jpg
巨峰の新芽が勢いよく発芽しています。新芽は1か所から、2~3個目が出て来るところもあるので、1個だけ残し余分な芽は取ってしまいます。(こうしないと栄養が分散しちゃうから・・)
c0229312_5404099.jpg
「芽かき」をした余分な芽は、まだ柔らかく天ぷらで食べる事ができます。
毎年食べる、春を感じる食材の1つとして、我が家ではすっかり定番です。中心のピンクに見える部分は蕾。いずれココが巨峰へと成長していきます。芽を採ってから直ぐに揚げないと、変色し鮮度が落ちてしまうので、農家さんが食べれるご馳走です。
c0229312_5431863.jpg
揚げると抹茶色に変化し、蕾の部分がもちっとして酸っぱい・・・。
酸っぱい味や香りはぶどうの品種によって少し異なります。でも、春1番に食べれる巨峰を天ぷらにする事が多いかな・・。本日は「はくばく 初釜うどん」と一緒に頂きます。
by makipan-t | 2013-04-22 05:47 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< kanon(笛吹市一宮) 養老酒造吟醸甘酒ラスク >>