<< ルビアン不二(甲府市国母) フットパス&つぐら舎特製ランチ... >>

ルバイヤート甲州 1993 (丸藤葡萄酒)

c0229312_1191932.jpg
優雅な貴腐ワインを連想させる厚みのある甘さ。なのに、サラッとした飲み口で残らない。10年以上経過しているのに、全く酸化していないで、ブドウの味わいもちゃんと残っています。抜栓して時間が経つと、爽やかな酸味もプラスさせて、新酒のようにフレッシュな感じすらします。(このワインの持っている力って、スゴイな・・・)
「甘口の甲州ワイン」って言われましたが、甘ったるい感じがしないので、天ぷらや煮物とも良く合いました。(甘口の甲州ワインには、煮物など砂糖を使った料理に合うそうですよ)
c0229312_11131475.jpg
山ウドの新芽の天ぷらは開いた部分はカリッと揚がっているので、子供にも食べやすく、スナック感覚で食べてました。新芽がまだ開いていない部分は、香りと苦みがあり大人向き。
春のご馳走です・・・。
by makipan-t | 2013-04-10 11:17 | ワイン | Comments(0)
<< ルビアン不二(甲府市国母) フットパス&つぐら舎特製ランチ... >>