<< フットパス&つぐら舎特製ランチ... 柚子とエゴマ Wチョコビスコッティー >>

フットパス&つぐら特製ランチボックス (その1)

「フットパス」と言うよりは「お花見を兼ねて、お散歩」的な今回の企画。勝沼・藤井~フジッコワイナリー~釈迦堂をゆっくり歩きました。
c0229312_9453895.jpgc0229312_9454839.jpg
(写真左)スタートは「雨宮観光ぶどう園」 地元藤井地域の事は良く知っている方で、今回の道案内をしてくれます。
(写真右)現在は朽ちてしまった「ブロック」と言われる醸造所。地元の農家さんが、自分たちの晩酌用に持ち寄ったぶどうで仕込むためのワイナリーで、数件の農家さんで費用を分担して作られました。今有名になったワイナリーの中でも、以前は「ブロック」でワインを絞っていて、権利を買い取った所も多くあります。
樽の中にはワインが残っていて、長年の歳月によりお酢になってしまっているようで、辺りは酸っぱい臭いが漂っています。(ちょっとしたお化け屋敷です~笑)
c0229312_9592011.jpg
わざと遠回りをして花や畑をゆっくり楽しみながら、フジッコワイナリーへ。
工場の半分でゼリーやナタデココを作っているそうなので、部屋の中に甘い香りが漂っていました。










c0229312_106120.jpg

醸造責任者の鷹野ひろ子さんが工場を案内して下さりました。

もともと、雨宮観光ぶどう園の雨宮さんと友人と言う事なので、今回は特別コースで楽しい話を織り込んで、ワイン作りへの情熱を話して下さりました。
2人の男の子の母親でもありながら、勝沼醸造やボルドーでも勉強して来ただけあって、ワインへのこだわりや表現方法が幅広くて魅了されてしまいました。

(写真上)鷹野さんが責任者に就任した2011年から、樽発酵に力を入れ始めたそうです。フランスのこだわりのメーカーを選んで輸入しているそうです。


c0229312_1062337.jpg


(写真上)明日シャルドネが樽発酵を終えて瓶詰めされるそうです。2012年はぶどうの当たり年だったので、6月以降のリリースが楽しみです。


c0229312_1017535.jpgc0229312_10202583.jpg

甲府盆地の素晴らしい風景を一望できるテイスチィングルーム。常時10種類以上のワインが無料で試飲出来るほか、この工場で作っているゼリーも試食出来るので子供連れでも・・。
(写真右)鷹野さんが就任して初めてリリースしたと言う『プレミアムワインシリーズ カベルネソーヴィニヨン』は、明野にある自社畑「芽ヶ岳圃場」にて100%収穫した物だそうです。

フジッコワイナリー
〒409-1313山梨県甲州市勝沼町下岩崎2770-1
0553-44-3181
9:00~17:00
無休(年末年始はお休み)

・・・・(その2に続く)・・・・
by makipan-t | 2013-04-09 10:18 | ワークショップ・教室参加 | Comments(0)
<< フットパス&つぐら舎特製ランチ... 柚子とエゴマ Wチョコビスコッティー >>