<< 三省堂(甲州市塩山) 動物パン >>

ワイン会

「料理もお酒も、人と一緒に楽しむから美味しく感じる」と最近、強く想う・・・。
1人でじっくり向き合うお酒もいいけど、なんかテンションが下がって来る。人と共有する時間や空間全てが、“美味しい・楽しい”を作ると、改めて分かった、今回のワイン会。
c0229312_7581652.jpg
前菜をイメージしたサラダは、「スモークサーモンとブルサンチーズのベビーリーフ クルミのせ」 味付けはシンプルにオリーブ油と岩塩+粗挽き黒コショウ。味がしっかりした素材なので、ドレッシングは不要です。

c0229312_814522.jpg
最初のワインは、甲府サドヤ 「カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ・スパークリング 2011」(2100円)
勝沼の新田商店さんのご推薦の1本。爽やかな香りと、ベリー系の甘い軽やかな香りが飲みやすい。どんな料理でも合いそうな、とってもバランスの良いスパークリング。カベルネ・ソーヴィニヨンのスパークリングは、初めてでしたが、とっても美味しい。



c0229312_88824.jpg

スープは「白菜と玉ねぎのオニオングラタンスープ チーズベーグルのせ」
この日は、雨に雪が混ざる とっても寒い日だったので、体が温まる様にオニオングラタンスープにしました。冬らしく白菜をプラス。マキパンなので、ベーグルを乗せて・・・。
スープをじわっ~と吸い込んだベーグルは、寒い日のご馳走です。

c0229312_8114019.jpg
勝沼醸造「アルガブランカ イセハラ 2012」
“イサハラには、イセハラにしか存在しない甲州種の香りがする”と、甲州ワインの中でも壮大な存在感のあるワイン。2012のヴィンテージは特別に香り高いと評判でしたが、抜栓した時・グラスに注いてから・時間がたってから、と変化する香りに驚きました。
最初はグレープフルーツのような柑橘系の爽やかな香り。次にパッションフルーツに例えられる華やかな甘い香り。さらに、マンゴーの様な熱帯地方の濃厚な果実の味わい。最後には、バナナのねっとりとした甘い香りに変化してました。こんな甲州ワインが作れる事、甲州ワインの可能性の広さに感動するワインでした。


c0229312_8194769.jpg

「きこのキッシュ」
生地に小麦胚芽とオリーブオイルもプラスして、香ばしく仕上げてみました。
濃い味なので、粗挽きコショウをたっぷりプラスすると、いい感じになりました。

c0229312_827361.jpg
「ル・クロシェ・サン・ジュリアン 2009」
フランスのA・Cサン・ジュリアンのワインは軽めの赤で、香りも豊かで本当に美味しい。海外のワインって難しい感じがしますが、輸入者が有名な会社ほど味が保障されているそうです。
来て下さったワイン通の方から教わりました。ちなみにこのワインは、キッコーマンが輸入していました。
c0229312_8222317.jpg
「豚肉のワイン煮込み」
豚はバラと肩ロースの2種類を、たっぷりのワインで煮込こみます。ゆっくり3日ぐらいかけて、
途中脂を取り除いて、しつこくなり過ぎない様に気を付けて・・・。

c0229312_8353633.jpgc0229312_835418.jpg
デザートは「プリン」 直径21cmの方で大きく焼いたプリンは、旦那さんの好物。クリームと苺を添えて・・・。


家族ぐるみで、お付き合いさせて頂いて、本当に楽しい時間をありがとうございます。
by makipan-t | 2013-02-20 08:23 | ワイン | Comments(0)
<< 三省堂(甲州市塩山) 動物パン >>