<< マキパン パン教室のご案内 大盛況 ぶどう祭り >>

クルミの収穫&クルミパン

c0229312_552659.jpg大きなクルミの木が、笛吹市一宮町の親戚の桃畑の中にあり、昨年に引き続き収穫に出かけました。が、道の良く分からない山の中なので、旦那さんのお父さんの軽トラックで行きます。

c0229312_5575668.jpg
クルミの食べる部分は、杏で言う所の「杏仁」。
つまり、種の中にある核の部分。木になっている状態では、当然果肉が付いてます。
カリンみたいな香りのする実で、熟していない時はかなり固くて、頭に落ちた時には超痛いです!!
c0229312_61640.jpgc0229312_611671.jpg
実が熟すとパカッと割れて、見慣れたクルミが自然に落ちます。

c0229312_625387.jpgc0229312_631193.jpg
未熟で果肉が取れない物は、コンテナに入れて放置。10日ぐらい経つと割れ目が入ったり、果肉が腐るので取っていきます。果汁が手に付くと、いくら洗っても全然に落ちないから、ビニール手袋は必須。
c0229312_662662.jpgc0229312_663975.jpg
クルミは綺麗に水洗いして、天日乾燥させます。乾燥が弱いと、ふにゃふにゃしていて美味しくない状態。沢山、採れたので1年分は十分ありそう・・・嬉しいなっ。

c0229312_695565.jpg
11月から再開予定のマキパン・パン教室に向けて「クルミチーズパン」の試作。
クルミは使う分だけ、その度にトンカチで殻を叩いて取り出すので、とっても香ばしくって美味しい。でも、収穫から考えると大変な手間がかかるので、市販のクルミが高い理由が納得・・・。
by makipan-t | 2012-10-10 06:12 | パン | Comments(0)
<< マキパン パン教室のご案内 大盛況 ぶどう祭り >>