<< FIFTIES DINER(昭... パパの誕生日のチョコ・ミルクレープ >>

梅酢作り

c0229312_641965.jpg
甲州小梅は小粒の梅で、梅干しにした時にもカリッ・パリッとした歯ごたえが気持ちよく残ります。
幕の内弁当とかのご飯に1個乗っている感じの梅です。あの1個が尊いですよね~(笑)

我が家の5月の畑仕事の一つに、梅もぎがあります。昔は沢山作って出荷もしていたそうですが、ハシゴに乗って高い所での作業で大変なので、近年は自宅様に楽しむ程度した作っていないそうです。と言っても2人で半日以上かかる仕事です。採れた梅は、葉っぱやゴミを取り除きて、計量します。
c0229312_6132226.jpg
今年は春先が低温で、梅の開花時期が寒く、花も遅かったせいか小粒&不作でした。
それでも自宅様には十分です。洗って、1日水に漬けてから、ザルにあけて梅を乾かしておきます。ここから、塩漬けにして梅干しも作ります。
c0229312_6165785.jpg
梅酢は毎年必ず作る、夏バテ予防に大変効果がある飲み物です。水や牛乳で薄めて、子供も愛飲してます。サッパリして、お酢のツーンってした飲みにくさは無いので、ジュース代わりに飲んでます。

作りやすい分量
梅(南高梅とかでもOK)   1~2㌔(沢山入れれば濃厚に・・・)
砂糖(氷砂糖がベスト)    1㌔
お酢               2リットル(何の種類でも)

瓶に入れて1年以上寝かせるのが、飲みやすくなるポイントです。写真の2年物だと、色が琥珀っぽくなりマイルドです。砂糖は氷砂糖だと綺麗な透明になりますが、我が家では、ゴクゴクのんでるから上白糖を使ってます。子供にはハチミツをさらに加えても・・・。漬けた梅もお茶うけとして食べれるので、無駄がないですよ~。
by makipan-t | 2012-05-27 06:26 | 自家菜園レシピ | Comments(0)
<< FIFTIES DINER(昭... パパの誕生日のチョコ・ミルクレープ >>