<< KRMの夜の集まり・・ のびのびちびっこ広場 簡単パン教室 >>

ルミエール工場見学 勝沼ルートミーチィングのサークル

昨年の11月の「ワインツーリズム」に向けて行われていた「勝沼ルートミーチィング」。
通称「KRM」が、より勝沼を知り、自分たちが楽しむ為に月1回集まっての自主サークルとして、会を重ねています。参加者の性別・年齢・職業がバラバラなんだけど・・・みなさん素敵な気持ちの持ち主ばかりで、本当に楽しい会です。

c0229312_6133221.jpg
c0229312_6134424.jpg

13日の午後から行われたのは、「小山田工場長と行く、ルミエール工場見学」。
ルミエールでは、ブドウを栽培して、ワインの醸造まで同じ人が行うので、いいワインを作る為に土壌を改良するところから力を注いでいます。
c0229312_6162024.jpg
c0229312_6162973.jpg

雑草を除去しない、無駄な農薬を散布しない、肥料も過剰に与えない・・・
強い信念を持って、自然農法で栽培されていました。多くの虫や微生物が混在する畑では、ぶどうに病気が発生したとしても、自然淘汰されて大流行しないそうです。自然やぶどうを信じて、そのままの姿で栽培していく・・・。とっても素敵な考え方ですが、現在私も行っている生食用のぶどう栽培とは全然違う思想にビックリしました。「こうゆうブドウの作り方もあるのか・・・」って大変勉強になりました。

c0229312_623736.jpg
c0229312_6232311.jpg
愛着を持って作ったぶどうを酵母を追加しることなく、野生酵母で自然発酵してワインに仕上げて行くのは、ブレも大きく自信がないと出来ない事です。
写真は、ルミエールで有名な重要文化財の「石蔵」です。今でも、この石蔵にぶどうを入れてワインを作っているそうです。

c0229312_6263028.jpgc0229312_6264499.jpg1901年に作られた石蔵発酵槽で100年以上前と同じ製造工程でワインを作れているなんて、素敵ですよね~
花崗岩でできた地下発酵槽は現在はワインセラーとして使われています。まるで海外の古城を探検しているような、静かな空間の重みが伝わります。ここで熟成されて行くワインが美味しくないはずありません。

今回の見学ツアーは「KRM」のオリジナルでしたが、普段も相談すれば対応して下さるそうです。以前紹介したワイナリーレストラン「ゼコルバ」もお薦めですよ!!

ルミエール
山梨県笛吹市一宮町南野呂624
0553-47-0207
http://www.lumiere.jp
by makipan-t | 2012-03-14 06:26 | ワイン | Comments(0)
<< KRMの夜の集まり・・ のびのびちびっこ広場 簡単パン教室 >>