<< 母に贈るパン 12月4日(日)勝沼朝市 >>

甲州辛口 原茂ヴィンテージ

c0229312_344752.jpgc0229312_3442589.jpg















11月3日の新酒解禁日は、ワインの品質を守るために設けられた日です。
以前は新酒解禁日はなかったそうですが、新しい物好きの日本人は「新酒」と名が付くと売れ行きが上がるので、各ワイナリーはどんどん新酒の出荷を早めてしまったそうです。その結果、未熟なワンが沢山販売され、勝沼ワインのイメージダウンになったそうです。現在は新酒であっても一定の発酵をしっかりと行った品質の良いワインを販売するために、新酒解禁日がしっかりと各ワイナリーで守られています。

倉龍ワイナリーの2011年 「甲州辛口」の新酒はとってもフレッシュでさっぱりとした新酒らしいワイン。
右側の原茂ワインの「HARAMO VINTAGE」は2009年の甲州をフレンチオーク樽に11ヶ月熟成させた濃厚で複雑な香の混ざるワイン。
2本のワインも同じ甲州なのにグラスに注いだ時の色も全く違い、面白い!!
by makipan-t | 2011-11-27 04:15 | ワイン | Comments(0)
<< 母に贈るパン 12月4日(日)勝沼朝市 >>