<< ビストロ・ミル・プランタン(甲... シチューポットパン >>

クロワッサン

マキパン教室のクロワッサンのレシピを決める為に、試作を焼いてみました。
マキパン教室では、バターと粉の味をいかして、出来るだけ砂糖や油分を減らして食事としても食べれるクロワッサンを目指しました。甘くって濃い感じのクロワッサンなら、パン屋さんで買えますからね。子供にも安心して、沢山食べてもらえる感じ・・・。
c0229312_459176.jpg
写真クロワッサンは「OPERA」と言う北海道産の小麦粉で焼いた物。オペラはホロシリ小麦にホクシン小麦やはるゆたか、春よ恋をブレンドした粉で、味と香りが豊かです。焼きたてはバターの香りに小麦粉の香ばしさも出ていていい感じ。でも、内層がやや潰れてしまし、サックリした感じが長持ちしません。国産粉では、バターを支えるだけの強さが足りないかなっ・・・。

本来なら、フランスパンを焼くのに適したフランス粉でクロワッサンも作ります。味もバターを折り込んだ層も綺麗に出易いです。
c0229312_523272.jpg
で、数回焼いてみてイーグルに薄力粉を加えて中力粉にしてみました。コレはいい感じに焼けました!!(レンズが曇ったまま写真を撮ってしまい、分かりづらいですね・・)バターと粉の香りとサックリとした感じもちゃんと出ています。

卵も量も多くして、生地にコクを出しました。仕込み水を牛乳だけにすると、さらに味に奥行きがでますが、バターの折り込みが難しくなるので、今回はやめました。

で、迎えた教室の日。どの、クロワッサンもとっても上手に焼き上がり、一安心~。
(小心者の私は教室の時に失敗しないか、前の晩からドキドキなのです。当日の朝は、お腹が痛くなる時も・・)焼きたてを皆さんで試食し、持ち帰ったクロワッサンも家族の方に好評だった様で、ますます安心しました~。

c0229312_5431311.jpg
ちなみに、バターを折り込んでない生地だけで、ロールパンも焼けます。卵が多い配合なので柔らかく食べ易いパンになりますよ。
by makipan-t | 2011-01-14 05:44 | みんなでマキパン教室 | Comments(0)
<< ビストロ・ミル・プランタン(甲... シチューポットパン >>