<< ケーク・サレ ワイン会 >>

「お母さんのための料理教室」

オギノ・キッコーマン共同企画「お母さんのための料理教室」の参加の懸賞が当たり、甲府のぴゅあ総で“簡単・手作りおせち”に挑戦して来ました。
我が家でおせちは、旦那さんがおせちよりも普段の食事を好む為ほとんど準備しません。毎年、両方の実家でご馳走になっていて、おせちを作るなんて高校の家庭科実習以来です!!

c0229312_9392923.jpg
メイン講師の斉木美恵子先生は甲府クッキングスクールに所属して、武川町牧原の自宅で30年以上料理教室を主宰しているそうです。今回はキッコーマンの本つゆを使ったお煮しめ・豚の角煮・吉野鶏ときのこの清まし汁を皆で作り、師範台で栗きんとんと田作りの作り方の説明を受けました。オギノから提供さてた、有頭えびや豚バラ肉がとっても立派で材料を見ているだけで、美味しそうです(笑)

4~5人の班で調理を行って行きますが、皆さん主婦なので包丁使いや段取りはスムーズで、パキパキ作業が進みます。

お昼過ぎには、美味しそうなおせちが完成しました。おせちでも、普段の煮物や汁物と大差の無い作り方だったので、家庭でも気軽に作れそうです。
c0229312_1031454.jpg

先生の自宅から準備してきた食器に盛り付けると上の写真のように本格的なおせちで、とっても豪華&華やかですが、調理室の食器を使って盛り付けると下写真のごとく普段の食卓に・・・(笑)
c0229312_1043914.jpg
同じ料理とは思えない。盛り付けって大事なんだな~って実感です。

味は薄味で素材の良さを生かされていて、旨い!!市販の味の濃いおせちとは別物です。
里芋の六辺むきや、ねじり梅を習ったので今年は家庭でも、おせちに挑戦するぞっ!!
by makipan-t | 2010-12-15 10:17 | 料理 | Comments(0)
<< ケーク・サレ ワイン会 >>